パール金属(PEARL METAL) パール金属 スプラウト 鉄鋳物製 スキレット 13cm HB-807 – 一家に一台は欲しいもの

このメーカー、パール金属は、ご存知の方もおおいでしょうが、アウトドア・キャンプ用品のブランド「キャプテンスタッグ」を展開する会社。アウトドア用の調理グッズもキャプテンスタッグブランドで多々展開していますし、家庭用調理器具もパール金属としてもちろん扱っています。この商品は、この特性を持ったこの会社ならではのなかなかに良い商品だと思います。キャンプ用だとIH対応である必要がないのですが、IH対応・オール熱源となって、ご家庭での調理に最適化されています。有名ブランド(だけど、実はOEMだったりする)調理器具も愛着がわいていいですが、この商品も「あえてキャンプで外で調理する楽しさ」のように、「あえて自宅でもこれを選んで料理する楽しさ」があり、食事を「食べるためのもの」から「趣味・楽しみ・文化」に発展させてくれるような気がします。それを、安価に、比較的容易に。.

Ih対応だったのと安かったので購入しました。調理に関しては満足ですが、問題は後片付け。洗ったあと錆びないように空焚きするのですが、我が家のihは危険を察知して停止してしまいます・・・だましだましで水気を飛ばしていましたが、数回調理の末、見事にサビサビになりました。ガス火の家庭にはいいかもですね。.

鋳物の鉄のフライパンです真っ黒で16cmと小ぶりなのに900gもあります使うには、シーズニングして油をなじませて使うたびにメンテナンスをしないといけません最初にシーズニングといって洗ったあと火に掛けてしっかり熱を通して中の水分を飛ばしますそのあと、オリーブオイルなどをしみこませていきますが取っ手まで全部鉄ですので厚くなってますから注意が必要そのあと、しばらく使っていくうちは、テフロン加工になれた身では焦げ付きますそれを抜けていくと、油がなじんでくっつかなくなっていきますロッジとか、ニトリのですと取っ手部が短いのですがこれは取っ手部が結構長く12. 5cmもありますつい持ちたくなりますが、ミトンで持っても結構熱いので注意ですあとは、木蓋と鍋敷きが必需品ですフライパンの保温性は良くてもオーブンでないと熱は逃げていきますから焦げるだけになってしまいますので.

最近の軽いフライパンに慣れてしまっていると、こういった鋳物製のズッシリしたものが重く感じられますね。16cmとサイズ的には小さいので単身もしくは2人前の料理向けとなるでしょうか。最初にシーズニングをしなければなりません。一応簡単な取説はありますが、それだけでは足りないような気もして、ネットなどで調べたりしました。使用前の手入れ、使用後もですが、そういった作業が面倒な方には向かないですね(苦笑)中までジックリ火が通せるハンバーグやステーキなど肉料理、魚料理にピッタリです。オール熱源使用可能というのもよいですね.

良いです!大きさも形も非常に良いですカスエラを買うつもりでしたが深皿タイプの物がプライムに無かったのでこちらの商品を選択しました。造りはしっかりしていてthe鋳物って感じですwまだ、アヒージョでは使用していません。正月にでも(2018/12/28このレビューを書いています)使ってみて追記したいと思っています。2019/4/8 追記 何度かアヒージョ作っていますが、一人用なら満足です。ただ、二人前だとちょっときついですね。。。一人でさくっと作るには、便利アイテムだと思います。デザイン&価格が良いので人数分用意して提供するのも有りだと思います。.

焼き肉やウインナーなどいろいろ試してみましたが熱の通りが全然違いますね。芯まで熱々で美味しくて売り文句の通りです。重量はありますが油なじみが良くて自分はアルミ製フライパンより気に入りました。ただまあさすがに16cmですと野菜炒めや焼きそばなどは厳しいモノがあります。ハンバーグやウインナー卵焼きなど向けですね。あと自分はタオルを持ち手に巻いて使っているのですがそれなりに熱を感じるので耐熱ミトンを利用した方が良いと思います。.

話題のスキレット、使わせて頂ける機会をいただいたのでまずはシーズニングをしっかり行いました。しっかり洗い、火にかけ、油を慣らします。使用時は焦げ付きに気をつけ、お湯で洗い流す程度に留めることでこれらの工程はどんどん短縮されていきます。最終的に個々人の調理器具になっていく様がスキレットの魅力。持ちてを持つときはミトンが必須ですが、ステーキやガパオライス、ロコモコといったワンプレート料理を作るにはじっくり火を入れて中まで焼けるこれが最適です。16cmは本当に1人前サイズなのでズボラにこだわりたいといった一人暮らしの需要も使い方次第でしっかり満たせる、そんな調理器具です。.

鉄製なので、使用前後はそれに見合った手入れが必要。洗って拭いて、薄く煙が出るまで空焚き(この作業ihでは不可能)、満遍なく油をひき、新聞紙に包んで湿気をさけて保管。これを面倒だと感じる方は、テフロン加工のものや陶製を。直径16cm、柄まで29cm、家庭用オーブンにもそのまま入る。1~2人前の海老のアヒージョなんか出せば客受けは抜群。グラタン、ラザニア、ハンバーグ、焼きカレー、海老チリなどにも。鉄分が摂取できるのも魅力。ih単体では使えないこと、手入れの手間、サイズなど、万人向けとは言い難いが良品。.

利点と欠点

メリット

  • 値段の割に良い商品
  • 一人アヒージョ用に買ってみた。
  • ジャストサイズ

デメリット

鋳物のフライパンです。見た目は小さいのですが部材が厚いため非常に重く、16センチ程度というミニパンサイズにも関わらず1キロ近くあります。使う前には焼いて油をなじませる必要があります。これはスキレットに限らず鉄製フライパンに共通です。いわゆる打ち出しの鉄フライパンとの差は、鋳物であるため内側がざらざらしている点、材が非常に分厚い点がおもにあげられます。使ってみると、ざらざらしているため油なじみがよく鉄フライパンに比べてくっつきにくいです。また保温性も非常に高いのですが、これは裏を返せば温まるまでかなり時間がかかるということでもあります。大きさはかなり小さめです。通常サイズのハンバーグは入りますが鳥モモ肉がぎりぎり入るかどうかという感じで、幅があるステーキはちょっと難しいかなという感じです。ハンバーグがパッケージには書いてありますが付け合わせを載せたりすると相当狭いと思います。ですので、どちらかと言えばアヒージョや目玉焼きなどの軽食やおつまみ、もしくは少量の揚げ焼き、揚げ物に向いているサイズかなと思います。気をつける点としては柄も鋳物で一体化しているため、非常に熱くなります。鉄フライパンでも熱くなる部分ではありますがスキレットの場合柄も鋳物として一体化しているためどんどん熱が伝わりますし、なにより重たいため難渋します。炒め物とかは柄がどんどん熱くなるので注意が必要です。ミトン型のものは力が入りにくいので、プロがやるように乾いた布巾で挟み込むのがいいかなと思います。いずれにせよやけどには注意が必要です。大きさという点ではもう2まわりくらい大きいやつもほしくなるようなサイズですが、お勧めできる製品です。.

大きさも深さもちょうどいいです。薪ストーブに入れて鶏モモ肉のハーブ焼きとか作って喜んでます。.

一般的なフライパンなどよりも厚く、美味しく肉を焼くのにいい感じです。また雰囲気も美味しく焼ける感じがするところもいいですね。ihで使えるのもすごく便利でいいです。反面鉄鋳物製なので、手入れを怠るとサビが出るので、几帳面に扱う必要あり。あとファミリーではこのサイズでは一つだけでは使いみちが限られるように思います。1人暮らしならあると便利ですが、よほどこだわる人でなければ、必需品ではないようにも思ったので☆一つ減。.

使い勝手は、いいですが、もう少し、深さがあれば、よかったです.

砂型を失敗したのか焼き面の一部が結構へこんでました。やはり店頭で手に取って確認する方が良いですね。.

マイブームなパエリアやビーフシチュー、肉などのソテー用にも以前からスキレットを試したいと考えていました。届いた商品はズッシリと重く調理への期待感が高まります。一般的に使われるテフロンパンは買って直ぐ使える訳ですが鉄や鋳物のフライパンは必ず事前にならしておかないと焦げ付いたりしてあまり快適に使えませんテフロン加工が無かった昔は普通の鉄のフライパンでも必ず慣らしてから使い始めた事が思い出されますし今でも友人のシェフなどは必ず慣らしをしてから使っています。ラベル兼用の説明書にも書かれているので一読をお勧めします。約2週間ほどかけて慣らし(シーズニング)ました初めはスキレットを煙がたつほど熱して少し置いてから油を全体に敷き、その後キッチンペーパーで良く拭き取り冷めるまで放置洗ってしまうとせっかく染み込んだ油分が無駄になるのでそのままです。それを繰り返し今度は軽い調理目玉焼きなどを作ってこげつき具合を見ながら仕上がりを確認しました。このスキレットに限らず鉄のフライパンも同様ですが、直接焼く調理の時には必ず煙が立つほど一度熱してから調理しないと焦げ付きます。そして調理後、熱いうちに洗ってしまうのもあまり良くありませんし綺麗にしようと洗剤を沢山付けてゴシゴシやってしまうとせっかく染み込んだ油分が無くなってしまうから禁物です。ある程度スキレットが仕上がって来れば調理後冷めた後に洗ってから良く乾燥しその後煙が立つ位熱し少し冷めたら全体に油をなじませておけばさびなども緩和されます。今まで利用してきたステーキ皿などもこうして保存してきました。スキレットで調理した具合ですが熱く重い鋳物がとても良く調理への熱の伝わり方が逸品で単に熱く出来上がると云うものでは無く熱の思いがこもった様な仕上がり感が得られますしジュージュー音を聞きながらいただくシュチエーションもなかなか良い感じです単に焼くだけのテフロンパンとは一線を画す様な味わいが楽しめスキレットのまま食卓でいただくと熱々状態が持続するため最後まで美味しく頂く事が出来ましたし鋳物の大きなメリットではと思います。また手頃な大きさも丁度良く別な器具で事前に調理してから熱しておいたこのスキレットに移し食卓へ出しても楽しい雰囲気の器としても保温力も両方楽しめました。レトルト食品など市販食品も調理後このスキレットに移し替えて食卓で利用すると本格感が在りしかも熱さが持続するのでとても良かったと思います。クリスマスなどにもワイルドなイメージで冷めない器として楽しもうと考えています。.

調理した物をそのまま食卓に並べられます。小さくて重い鉄のフライパン、男性が好みそうな器具、使用後にお手入れしないと錆びてしまいますし使い方が限られます。.

鋳鉄だから軽くはないけど重くはないので軽いかは星一つ減。設問が悪いということで。使いやすい重さ、使いやすい大きさです。アヒージョ用に購入。.

小ぶりな見た目ですが重量感があり、ハンバーグ屋のプレートのように保温性も高いです。調理していると持ち手も意外に熱くなってくるので子供さんなどには注意が必要。鉄鋳物性なので使用後は油を塗らないと数日でサビが浮いてきますが、そこらへんは中華鍋と同じです。この製品で作られた料理からは中華鍋同様、自然に鉄分が補給できます。餃子鍋の蓋を別に買ってこれば調理の幅も広がります。.

特徴 パール金属 スプラウト 鉄鋳物製 スキレット 13cm HB-807

  • 製品サイズ:(約)全長23.5×幅15.5×高さ4cm、皿の縁の高さ3.7cm
  • 材質:鉄鋳物(焼付塗装)
  • 原産国:中国

メーカーより

鉄鋳物製スキレット。

素材への火のあたりが柔らかく、ムラなく火を通すことができる。

保温性が高く冷めにくい、使い勝手の良いフライパン。

全ての熱源(200V熱源にも対応)なので、どんな加熱器具にも使える。

選べる3サイズ13cm・16cm・20cm

別売で木製プレート有。

HB-999=スキレット13cm/16cmに使用可能。

HB-994=スキレット20cmに使用可能。

パール金属 スプラウト 鉄鋳物製 スキレット 13cm パール金属 スプラウト 鉄鋳物製 スキレット 16cm パール金属 スプラウト 鉄鋳物製 スキレット 20cm
鉄鋳物製 スキレット 13cm 鉄鋳物製 スキレット 16cm 鉄鋳物製 スキレット 20cm
サイズバリエーション 13cm 16cm 20cm
製品サイズ:(約) 全長23.5×幅15.5×高さ4cm、皿の縁の高さ3.7cm 全長29×幅17.5×高さ5cm、皿の縁の高さ3.6cm 全長35.5×幅21.5×高さ6cm、皿の縁の高さ3.8cm

こりゃまた渋いフライパンです。バイクで一人旅中の夕食に、こいつでソーセージや200~300gくらいのビーフが焼けます。鋳物製なのでなかなか冷めないし、使いどころによっては気持ちを豊かにしてくれるギアの一つだと思います。普段使いでも油でしっかり焼いた後、ニンニクで香りをつけ、ステーキなんかを焼くのに重宝します。もちろん一人用ですが。。扱いは一癖ありますが良い物だと思います。.

ソーセージのソテー、パスタソースなどを少量作るのにちょうどいい鋳物製の小型ソテーパン。1人分の量を作るのにぴったりで、軽く薄手のものはフレンチやイタリアンの厨房でもよく見かけますね。それをもっと厚手にした感じ。フタはありません。男の一人暮らしにはなかなかいー感じのサイズですが、ずっしり重く取手まで鉄製なので、取り回し自体はそんなに楽じゃありません。取手を片手で持って強火の上で小刻みに揺らすような使い方は不向き。コンロの上にずっと置いた状態でじっくり火を当てるのに向いています。一度に調理できる量は・・・試しにサイコロステーキ300gを投入してみましたが思いっきり溢れました。うまいこと焼き上げるには200gぐらいまでかな。あとはパスタ用のオイルソース(ペペロンチーノソース)もこれで作ってみましたが、こちらはなかなかいい感じ。ただパスタと和えるにはこれではダメなので、別のフライパンが必要な時点でひと手間増えます。けどちっこいソテーパンを使った小粋なイタリアン厨房の雰囲気はバッチリ味わえますね。火の上で細かく揺らすにはちょっと重いけど。というわけで、使い勝手は家庭環境がこれの大きさに合うか次第ですね。大人数の家庭にはあまり使い道がないと思いますが、単身や夫婦二人なら一つ常備しておくととっても重宝します!.

16cmと1〜2人用のスキレットです。料理によっては1人用ということになるでしょう。取扱説明書にはシーズニングについてかなりさらっと書いてありますが、とてもそんなものでは使い物になりません。私はクレンザーを含む洗剤洗浄を5回、その都度火にかけて乾燥させ、オリーブオイルを塗っては焼きを5回行いましたがまだ不足を感じています。とりあえず屑野菜(キャベツ)を炒めて鉄臭さは抜けているのであとは使用しながら慣らしていくつもりです。小型のスキレットですが小さなハンバーグなら2個は焼ける大きさです。ただし蓋は必須ですので適当なものを物色中です。いかにもなハンドルホルダーを使う方が多いようですが、私はbbq用の耐火手袋(jl future 耐熱グローブ 耐熱温度350℃ )を使っています。料理中だけでなく焼き直しなどの手入れの際にも両手で遠慮なく掴めるため非常に便利かつ安全です。他メーカーの品と比べて細かい点をどうこう言えるほどスキレットに詳しいわけではないのですが、価格が安く底部の平面性などの精度も問題ありませんので良い製品だと思う次第です。実用性はもちろん、佇まいが渋くて道具好きにはたまらない品物です。.

近所のホームセンターにスキレットを探しに行きましたが、アウトドアコーナーでキャプテンスタッグのスキレットが売り切れており、鍋コーナーをみるとこちらの商品が置かれていました。お値段なんと498円。キャプテンスタッグはパール金属のアウトドアブランド。ならばどっちを買ってっても同じじゃないかと、こちらを購入しました。(実際にはキャプテンスタッグのほうが5,6mm深いです)このスキレットと組になる蓋はパール金属では販売していません。問い合せをしたところアルミの使い捨て蓋(hb−3128)の使用を想定しているそうです。他社製品ながら、菊屋株式会社から発売されている[asin:b07dqfk5wk 菊屋 スキレットパン 16cm用 蓋 k-9192 jan4965736093411]が使用できます取説にも記載されている通り、シーズニングは必要です。私の場合は電気コンロで済ませました。簡単に手順を記載すると、洗剤で本品を洗う。火にかけつつ、塩分の入っていない植物油をスプーン1杯ほど入れる真っ黒な粘度の高い油を拭き取る。再度油を1杯入れ10分ほど加熱、拭き取る x3こうして慣らしたスキレットの初使用はベーコンエッグにしました。取っ手が持てないほどの温度になったら、火を止め、ベーコンと生卵を投入。これだけ。予熱でベーコンはカリカリになり、卵は半熟とろとろで、焼付きも無く仕上がりました。高温で熱すると取っ手が100均程度のミトンでは持てなくなりますので、耐熱作業用手袋やタオルをぐるぐる巻きにするなどの手段が必要です。ただし、濡れタオルを使用すると急激な温度変化で最悪の場合折れることが考えられますので使用しないほうが良いと思われます。あたたかくなるこれからは、本品持って出かけるのが楽しみです。.

シーズニングなどをして使用しています。特に鶏肉やソーセージに使用することでパリッとした食感になります。鍋式を敷けばそのままテーブルに出せるので便利です。.

直径16センチくらいだと食卓にも出しやすく重さも気にならずちょうど良かったです。一番初めにシーズニングをしましたが、気温が低いせいなのか20分ほど熱しても白い煙が出ませんでした。油を塗るとキッチンペーパーが黒くなるのでちょっとびっくりしましたが2~3回拭くと気にならなくなりました。野菜を炒めてみましたが焦げ付かず熱の回りも早いようで綺麗に炒められました。ただ、取っ手も熱くなるので注意が必要。炒め物のようにフライパンをゆする必要がある料理よりは、ステーキやハンバーグなどじっと焼くだけのものの方が適していると思いました。なかなか冷めないのでそのまま食卓に出すと熱々が長持ちしてとても良いですし、見た目にもオシャレに感じました。温めたスキレットの上にキッチンペーパーを敷いて揚げたての天ぷらを入れたら、こちらも冷めにくくて良かったです。取っ手の無いタイプも良いですが、持ち運びがしやすく用途も広がるので、単品で使用したい場合などに便利だと思いました。.

アウトドア、主にキャンプの際に使用しています。ホームセンターなどで売っている同型のスキレットよりやや重いが、その分ゴトクに置いた際の安定性や取り回し易さが上です。しっかりシーズニングをすればそこらのスキレットより断然良いものですよ。.

魚焼きグリルで以前からトースト、ハンバーグ、焼き芋と使っていたので、このスキレットも問題なく使えました。これまでのフライパンタイプの薄いグリルパンと比較して、保温力があり、熱の伝わり方が穏やかな事もあり、焼き芋に関しては素晴らしい仕上がりに。種子島産安納芋は、このスキレットで焼けばスイートポテト状態です。トーストに関しては予熱に時間がかかるので、朝など時間がないときはグリルパンで焼いた方がいいです。グリル調理はピザ釜並みの高温で焼き上げるのでコツは要りますが、うまくできたときは感動の味になるのでやめられません。スキレットならそのままテーブルに出せるので(当然高温対応の鍋敷きは必要)、料理がおいしそうに見えるのも利点です。.

届いた日に海老とソーセージと野菜のグリルを作りました。ハーブとニンニクをちょっと効かせて。そのままオーブンに入れることができるので、便利で簡単に料理できますね。使用後は油を塗って、仕舞うだけでいつまでも綺麗に使用できそう。.

まず手にとってズッシリとしたその重さにビックリ。鉄の鋳物製でフライパンの厚みも半端では無い。と、言うことは熱がジックリと通って冷めづらいということ。ステーキをさっと両面焼いて後は余熱で火を入れるなんて言う時に最適です。.

いかにも昔の懐かしい鉄製という感じで存在感があります。手入れは必要ですが、保温性があるので調理した目玉焼きをそのままテーブルでいただくのに最適です。.

蓋がセットではないのが残念。少し重い。何を作っても旨い。.

600円であの夢のスキレット生活ができます!!これで銃弾を防ぐことができ今の自分がいるので、弾丸の飛び交う世界に身を置いている人はお買い得だと思いました!.

ファミレスなどでハンバーグを頼むと鉄プレートにのってジュージューいいながら出てきますが、まさにそんなイメージです。小ぶりなフライパンながらずっしり重いです。これで作ると食欲がもの凄くそそられますし、保温性も高いのですぐに冷えないのもよいです。スキレットを初めて使用される方は注意が必要です。持ち手も鉄がむき出しなので持ち手に被せるミットか手袋を使用しないと熱くて持つことができません。また、通常のフライパンのように焦げ付き防止加工は施されていませんので手入れも面倒です。フライパンと同じように蓋も用意すると便利です。ファミレスのように人数分用意しようと思うと、手入れも収納も大変で面倒くさがりの方にはオススメできません。IHは非対応と勝手に思い込んでいましたが、IHにも対応していてよかったです。彼氏に手作り料理を披露したい方や、ホームパーティーに華を添えたい方にはとてもインパクトのある料理を簡単に出せるのでオススメです。.

ベスト パール金属 スプラウト 鉄鋳物製 スキレット 13cm HB-807 レビュー