パナソニック(Panasonic) パナソニック 5 – 中途半端なランクだった

前回に使用していた sanyoの炊飯器が 本体のお値段のわりに美味しかったので 再購入しようとしたんですが 撤退? で それを引き継いだ? panasonic購入してみました。が. 。標準焚きにしてみても やわらかい炊きあがり. 。 水分を減らしてみても. 。 毎日 お米の焚きあがり具合と戦っています。.

初めに感じたのは、ご飯がみずみずしいという事です。新米でもないのにもっちり炊き上がりました。雑穀米と合わせて炊いても、メニューで選べるので美味しくできます。.

使用した感想ですが、とにかくお米がたって美味しく炊きあがります。いつまで続くかが問題ですが?良い商品だと思います。.

今まで使っていた炊飯器が壊れたためpw108を購入しました。購入後気づいたことを100度スチーム機能はありません。水タンクもありません。メーカーのサイトで表示情報をご確認ください。.

お米は美味しく炊けますが、蓋のボタンを押してるのに 開かないときがあります。取扱説明書にも書いてありましたが、スムーズに開くように改良して欲しいです。.

最後まで象印js10やjt10と迷ってpw108の実機を見てきました。結論な値段がするのに蓋のダンパーが弱いのか、手を添えないと蓋が勢いよく開いてストッパーに当たった衝撃で本体前部が飛び上がるのは如何なものかと思いました。残念ながら、これで興醒めして落選しました。蓋の裏側に本品には無い蒸気スチーム用の切り欠きがあり、それにメクラ蓋がされていますが、上位機種と蓋のケースを共用している様なので、スチーム機構を蓋に内臓していて本品より蓋が重い上位機種のスプリングをそのまま流用しているのが原因ではないかと思いました。実際、スチームが付いた上位機種は本品より蓋が重い為、スプリングテンションと重量のバランスがとれていて勢いよく開きも飛び上がりもしませんでした。.

今までガス炊飯器を使用していましたが、壊れた事をきっかけにこちらを購入。皆で出来上がったご飯を食べて美味しいと声を揃えて言っていました。電気炊飯器も進化しているのですねありがとうございました。.

問題なく美味しいご飯が炊けます。しかし、象印の古いタイプの真空圧力は20分で炊けますが、こちらの高速は24〜34分と記載がありますが、多めに炊くので30分以上かかります。夜にしかけて、朝に炊き上がるタイマーで使用しています。美味しさにこだわる炊き方だと50分以上かかります。.

利点と欠点

メリット

  • 中途半端なランクだった
  • 安く買えた
  • 美味しく炊ける炊飯器のはずだったのに

デメリット

今まで使っていた三洋電機の炊飯器と同等以上の炊きあがりで、とても満足している。三洋電機を傘下に収めたパナソニックの炊飯器に三洋製のdnaが受け継がれていることが実感でき、この機種を選んで本当に良かった。.

操作がわかりやすく簡単で、美味しく炊けました。.

もち麦を少量白米に混ぜて炊いてます。設定はもちもち、炊きたてはおかずが美味しいと食べ過ぎ注意です。風邪を引いて熱が出て食欲がない時もおかゆが簡単に美味しく出来ました蓋は他社全般に言えるのですが閉めるときに力強く押し込まないと閉まりませんがパナソニックのこちらのモデルは軽く押すだけで閉まってくれます。パナソニックに決めたのは正しく蓋が決め手でした。品番107から108の違いは釜のアップデートとの事です。掃除もしやすくて大切に使っていきたいと思います。.

電気屋さんを何件か見たけど、アマゾンさんが一番安かった。商品自体は、こんな感じかなぁーとゆう感じ。びっくりするほどのものではなかったです。.

期待しすぎたのかもしれません。今まで使用していたものが古くなって米がこびりつくようになったので家族と相談して買いました。これ以上の上位機種は高すぎて。今まで使用していたものとスイッチ類は同じなのですぐ使用できました。ただ、蓋を開けるスイッチは、ちょっとチープになっていました。炊飯はいいのですが、保温がダメですね。炊き立てで直ぐに食べないとおいしくない。少しの保温でも、ちょっとお米の臭いが出る感じ。安い炊飯器で炊きたてを直ぐに食べるという方が賢いかもしれません。親孝行のつもりだったのですけれどもね。.

使った後のお手入れも簡単で、美味しくご飯が炊けるので満足です。.

海外で使用するにもかかわらず、サイト上での電圧等の製品情報情報不足で国内仕様の製品を注文してしまった。.

パナソニック大好きですコース選択ボタン操作に、ようやく慣れました.

今までずっとナショナルの時から使ってきたので今回もパナソニックの中で選びました。でも、前の方が美味しかったです。前回より少しランクが下だけど改良されてるから前より下がるとは考えてなかった。色々調べて調べて購入しましたが、このランクでは期待出来ない事が分かりました。.

特徴 パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力ih式 Wおどり炊き ホワイト Sr-Pw109-W

  • 本体サイズ(幅×奥行×高さ):26.6×33.8×23.3cm※ふた開時高さ:46.0cm
  • 消費電力:約1210W (炊飯時)
  • 付属品:しゃもじ,しゃもじホルダー,計量カップ
  • 「玄米高速コース」新搭載。 手軽においしく、健康ごはん。
  • 本体重量(kg):6.4

メーカーより

Wおどり炊き

Wおどり炊き

大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きの2つの炊き技で、それぞれ対流を変化させながら、お米を激しくおどらせる。これにより、一粒一粒にムラなく熱を均一にいき渡らせることができ、甘みともちもち感のあるふっくら美味しい銀シャリに炊き上がる。

大火力おどり炊き

2つのIHコイルの通電を高速で切り替えることで、内・外からの熱対流でお米をおどらせ、一粒一粒、均一に加熱する。

可変圧力おどり炊き

加圧して高温化。減圧時に激しく対流させて、お米を芯から加熱。

W(大火力+可変圧力)おどり炊きにより、しっかり加熱され、お米一粒一粒が大きくふくらむので口の中でお米の粒を感じることができる。

ダイヤモンド竈(かまど)釜

新しく釜底のくぼみの数を増やし、大きい泡をより多く発生させ、対流を活性化する。

全面発熱6段IH

パナソニック独自の開発により、ふたにもIHがついていることで、全面から包み込むように加熱する。

火力もきちんとコントロールして、おいしさを最大限に引き出す。

スチーム保温

保温開始から約6時間後と約12時間後にスチームを自動投入。

ごはんのパサつきを抑え、保温ごはんのイヤなニオイも追い出す。

「赤飯」「おこわ」コース

蒸した場合、下準備(浸水やざる上げ)を含め約13時間かかる赤飯の炊飯時間を、わずか46分に短縮。加熱パワーと時間の最適化を図り、スチーム温度をアップすることで、蒸し器で作ったようなもちもちした弾力のある赤飯・おこわが炊くことができる。

「麦ごはん」コース

テーマは、おいしい健康。従来の「玄米ごはん」コースに加えて、より速く炊ける「玄米高速」コースを新設定。高温浸水と加圧・減圧の相互作用により玄米の吸水を促進。また、もち麦や押し麦がおいしく炊ける専用コースもご用意。

VSX109/189 SPA109/189 PW109/189
カラー ブラック / ホワイト ブラック ホワイト
炊飯容量 0.5合~5.5合/1合~1升 0.5合~5.5合/1合~1升 0.5合~5.5合/1合~1升
内釜 ダイヤモンドプレミアムコート(5年保証) ダイヤモンドハードコート(3年保証) ダイヤモンドハードコート(3年保証)
鮮度センシング
炊き分け 食感自在炊き分け13メニュー 銘柄炊き分けコンシェルジュ50銘柄 銀シャリ炊き分け6メニュー 銀シャリ炊き分け5メニュー
炊飯メニュー数 15 13 13

嫁さんの選択で購入しました。炊き方も徐々にマスターしおいしいご飯を頂いています。ただ残念な点が有ります。それは,蓋を開ける時 openボタンを押しただけでは開かない点です。内部圧力が低い為か蓋の全面又は側面で持ち上げないとスムーズに開かない事です。使い方が悪いのかも知れませんけど・・・星1つマイナスさせて頂きました。.

ベスト パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力ih式 Wおどり炊き ホワイト Sr-Pw109-W レビュー