パナソニック(Panasonic) パナソニック 加湿機 気化式 ~19畳 ホワイト Fe-Kfl07-W – 加湿量はかなりある。

寝室に8畳用を購入してとても良かったので、12畳の息子の部屋用に注文しました気化式で、それほど場所をとらず、スマートなデザインでお手入れも楽なのでとても気に入っています私は音も気になりませんし、タイマーやお休みモード、お急ぎなど選べるボタンも多いので機能的にも良いと思います冬エアコンでの暖房使用時には、部屋が乾燥するので必須です.

フェイススチーマーやドライヤーのナノイー製品を所有していますが、効果がイマイチ感じられなかったのと、amazonの特価で新品が14800円だったのでナノイー無しの方を購入しました。気化式だけあって本体は大きいですし、湿度が安定するまでは音が大きくなったり小さくなったりでうるさいです。でも湿度の上昇はヒーターレスにしては早く感じました。お手入れはパーツが少なくフィルターも洗いやすいです。うちは硬度が低い(10~30くらい)エリアなので手入れは楽です。ただ、洗うまでに給水タンクをはずす→プレフィルターをはずす→フィルタートレーを引き出す→フィルターをトレーからはずすの手間が面倒です。本体は中国製でした。象印のスチーム式、ダイニチの気化式、サンヨーのヒーターレス気化式、ボルネードの気化式などを持ってますが格付けするなら、象印>ボルネード>ダイニチ>パナソニック>サンヨーです。象印は手入れがクエン酸を入れるだけで簡単、スチームが温かく部屋を冷やさない、ボルネードは使い捨てフィルターを替えるだけの簡単お手入れ、ダイニチはフィルタートレーが引き出しやすいのとフィルターが外しやすいというポイントが有ります。そうは言っても新品の加湿器は見た目が良いですね。.

冬に使いたいのに加湿すると寒くなるのは使いづらい、消費電力は良いのに残念!.

15畳の部屋で使用中ですが、湿度計が60%前後で安定しています。水容器の容量も4lと大きいので継ぎ足しの手間が省けます。但し、部屋干しするには向きません。洗濯物は乾かないでしょう。併し、暖房の効きは凄くよくなりました。.

札幌。マンションにて使用しています。18畳の部屋で真冬は24時間つけっぱなしです。長年使ってきた加湿機が動かなくなったので購入しました。フィルターの代わりにディスクが22枚付いていて洗うのが大変でした。本ピンは加湿能力が十分だと思います。唇の割れや朝目覚めたときの鼻の乾きがなくて助かります。自動運転では湿度60%を保とうとするのでファンの音がやや大きく、もう少し大きいのを買えばよかったかなと思うこともありますが、おおむね満足です。ただ、広口のタンクで洗いやすいのですが持ち手の中にまで水が入る構造になっていて、その部分だけとても洗いにくいのがおしいです。そこはふさがないと。.

手入れ楽。加湿器は性能だけでなく手入れの楽さとランニングコストが大事と思うのでこちらは満点です。.

加湿量はかなりあると思いますが、いかんせん、アスファルトやコンクリートに囲まれた市街地に隣接した住宅地では冬の空気の乾燥が強すぎ、一晩で4. 2lタンクが空になっても湿度がちょっとしか上がりません。それと・・・加湿された空気の吹き出し口は気化熱で温度が下がるので、室温20℃でも吹き出し口の温度は10~13℃位しかなく、その分暖房のエネルギーが必要になるのでは?メンテナンスも結構大変です。水を含んだフィルターは、約10日毎にクエン酸水で洗浄しないと汚れが酷くなります。そんな加湿器ですが、冬の乾燥した空気に静かに少しでも潤いを与える加湿器として頑張ってくれてます❗.

おまかせモードにて使用してますが何しろファンが回転する音がうるさいですよ。.

利点と欠点

メリット

  • 型落ちですが機能に問題なし
  • 加湿能力十分です
  • 加湿量は結構あると思います❗

デメリット

手入れがしやすい!!細かい部品がなくて、バシャバシャ洗える!冬場は加湿器付き空気清浄機じゃ充分な加湿ができないので、こちらと併用してます。.

型落ちで安くなってきていたので購入。スチーム式→超音波式→気化式と使ってきました。スチーム式は、とにかく加湿が早く、室温が下がることもなく快適に使えます。ただし、電気代とカルキ掃除の手間が大変でした。(特にうちの地域は水道水のカルキが多いみたいですぐにタンク底が鍾乳洞のようになってしまいます)次の超音波式は、次亜塩素酸水を添加して使えるタイプを選びました。次亜塩素酸水を散布されて室内が病院の待合室のようなクリーンな香りに包まれます。しかしながら、超音波式のデメリットである、「家具にカルキの粉末が付着」するようになり、またガスコンロの炎がオレンジ色になってしまう症状が起きるようになってしまいました。そして今回、ようやく気化式に到達。昔は気化式加湿器なんて加湿量も高が知れていると思っていましたが、最近の気化式はそうでもないと情報を得ており。バルミューダのreinの評判もいいので、気化式も選択肢に入れるべきと思い様々な機種を調べていました。最終的に、「1時間あたりの加湿量」「メンテナンス費用(フィルター代など)」を考慮した結果panasonicのこの商品に決めました。型落ちの古い機種ではありますが、後発の最新機種を見ても基本性能は全く変わっていないようです。.

18畳ほどのldkで使用しています。昨冬は乾燥しすぎが原因でクロスの継ぎ目が空いてしまったので40~50%を維持するべく購入しました。おまかせで風量が強い時はかなりうるさいですが、一度湿度を上げたらおやすみモードにして静かに使っています。大体朝晩1回ずつタンクの給水を行います。タンクの向きがどちらでもよいのはgoodです。お手入れランプはしばらく無視していたら強制的に運転停止になりました(ボタン長押しで解除できますが、ちゃんとお手入れしなさい、と言われてる気がするので個人的には◎です)お手入れについてフィルター類は結構ほこりが溜まります。が、簡単に外して掃除機で吸い取れるので週一回程度実施しています。中にあるトレーとタンクはお手入れランプがついて動かなくなったらやっています。1か月弱で1回くらいでしょうか。結構水垢みたいなのが出るんですね。中身のスポンジはかなり汚れます。最初はぬるま湯に漬け置きしてから押し洗いでしたが、なんとなく黄ばんだ感じが抜けないのでクエン酸でやるようにしました。きちんとお手入れすれば長く使えそうです.

ナノイーなんか要りません。フル運転時結構うるさいです。湿度が安定したら、かなり静かで良い。.

特徴 パナソニック 加湿機 気化式 ~19畳 ホワイト Fe-Kfl07-W

  • サイズ:本体外形寸法(幅×高さ×奥行mm)375×375×180mm
  • 本体重量:約4.7Kg
  • 12ヶ月

メーカーより

静かさにこだわりながら、しっかり加湿。

お急ぎモード(30分間のみ)

拡大表示

静かモード

拡大表示

省エネ運転

インテリアになじむデザイン

お急ぎモード(30分間のみ)(※1)

高速回転が可能なDCモーターを搭載。

ファンを高速回転させ、加湿スピードをアップ。

すばやくうるおい空間へ。

静かモード

ごく静かな運転音15dBで連続加湿ができる、パナソニックだけの「静かモード」。

眠りを妨げない静けさを提供。

※2015年9月1日時点

省エネ運転

消費電力の少ない気化式を採用。

効率良く電力をパワーに変換出来るDCモーターにより従来品に比べて消費電力を約38%(※2)カット。

インテリアになじむデザイン

過加湿や結露になりにくい気化式のため、壁に寄せて設置も可。

本質性能を保ちながら高いデザイン性を両立。

シーンに合わせて加湿できる。

おやすみモード

おまかせモード

のど・肌モード

おやすみモード

運転音と加湿量のバランスを考え、入眠時はごく静かに加湿(「静か」運転時15dB:150mL/h)。

おやすみ中は加湿量をアップ(「弱」運転時、22dB:330mL/h)。

心地よい睡眠環境へ。

おまかせモード

センサーで加湿具合をチェックして、快適な湿度になるよう自動運転。

のど・肌モード

乾燥が気になる季節は、ウイルスが活発に。

のどやお肌モードなら、やや高めの湿度約60~65%をめやすに自動運転。

ラクラク給水&カンタンお手入れ。

清潔加湿

長寿命加湿フィルター

すみずみまでお手入れできる設計

どっちでもタンク

清潔加湿

1: 運転中はイオン除菌ユニット搭載で加湿する水を除菌。

電気を使わず交換が不要。

2: 運転停止中にフィルター部に「ナノイー」を充満させて、清潔に。

長寿命加湿フィルター

10年間交換が不要な「フュージョン」素材の加湿フィルターを採用。

フィルターは水やぬるま湯で、押し洗いができ、洗った後はフィルター枠にはめてトレーに置くだけで、かんたんにセット可能。

すみずみまでお手入れできる設計

手首までスッポリ入る広口タンクのため奥まで洗うことが可能。

どっちでもタンク

左右どちら向きでも入れることのできるタンク形状により、給水も簡単にできる設計。

FE-KXL07 FE-KXL05 FE-KFL07 FE-KFL05 FE-KFL03
FE-KXL07 FE-KXL05 FE-KFL07 FE-KFL05 FE-KFL03
DCモーター搭載モデル
本体質量(タンク空時) 約5.2kg 約5.2kg 約4.7kg 約4.7kg 約3.1kg
適用床面積 プレハブ洋室19畳(32m2) プレハブ洋室14畳(23m2) プレハブ洋室19畳(32m2) プレハブ洋室14畳(23m2) プレハブ洋室8畳(14m2)
加湿能力 700mL/h 500mL/h 700mL/h 500mL/h 300mL/h
運転音 39dB(強・50/60Hz) 31dB(強・50/60Hz) 39dB(強・50/60Hz) 31dB(強・50/60Hz) 34dB(強・50/60Hz)
消費電力 13W(強・50/60Hz) 8W(強・50/60Hz) 11W(強・50/60Hz) 6W(強・50/60Hz) 11W(強・60Hz)
1か月の電気代(めやす) 約84円(強・60Hz) 約52円(強・60Hz) 約71円(強・60Hz) 約39円(強・60Hz) 約71円(強・60Hz)
ナノイー

注意事項

※1: FE-KXL05/FE-KFL05「お急ぎ」運転:30分と「強」運転:41分との比較。

FE-KXL07/FE-KFL07「お急ぎ」運転:29分と「強」運転:37分との比較で約21%短縮。

Panasonic社独自条件の計算による。

「お急ぎ」運転は約30分間運転後に、前の運転モードに戻ります。

※2: 2013年発売FE-KXJ05「強」運転:13Wと2015年発売FE-KXL05「強」運転:8Wとの比較。

2013年発売FE-KXJ07「強」運転:25Wと2015年発売FE-KXL07「強」運転:13Wとの比較では約48%削減。

ベスト パナソニック 加湿機 気化式 ~19畳 ホワイト Fe-Kfl07-W 買い取り