パナソニック(Panasonic) パナソニック 加湿機 気化式 – 安価な加湿器を使っていたが、これはとてもよい

加湿機能に期待しましたが、ほとんど部屋の湿度が上がる事はなく、体感的にも効果はかんじられませんでした。リビング使用だったせいもあるかもしれません。湿度をあげようと強運転で使用していましたが、音がうるさいだけでした。.

寝室用に購入。パワフルに加湿することもできますし、おやすみモードで常時静かに使うこともできます。おまかせモードにすれば、室内湿度で自動に加湿してくれる点もいい。あと、給水タンクの口が大きくて洗い易いのも大きいポイント。.

今まで使っていた怪しい超音波式のなんかと違って洗いたいところが全部外せてしっかり洗えることに感動した。加湿計がついていて現在の湿度を気にせずガンガンかけっぱなしにできるところに感動した。もうこのグレード以下の加湿器を使う気がしない…唯一不満といえばおそらくデザイン性をあげるためについていると思われる正面のクリアパネルと本体との隙間に部屋のホコリが吸い込まれて取れなくなることです…家庭にブロアーとかないんでどう掃除していいかわかりません。メンテをさぼるとフィルターがパリッパリになるので月1の手入れは真面目にやったほうが後々楽だと思う。.

超音波式を使っていましたが、床がびしょびしょになることと雑菌が気になったのでこちらへ買い替えました。床は全く濡れません。熱くもならないので小さなお子様やペットがいる家庭にもおすすめです。タンクも入口が大きいので水を入れるのも楽で、中まで洗うことができます。運転音は特に気にならず、きちんと加湿されます。大きさはやや大きめですが、壁付けすれば問題ありません。形も安定しているので、ぶつかって水をこぼすこともないです。悩みましたが、本当に買って良かったです。.

写真で見るより奥行きがあるように感じられ、存在感がありますが、威力は十分です。3リットルの給水器が1日で無くなるのには驚きます。.

0歳の子の為エアコン+加湿器で今年の冬を乗り越えようと購入させてもらいました。が、パナのロゴ近くに大きな傷があり返品、交換となりました。外箱、中の袋には破れ等の破損は無いので発送等では無く梱包作業での傷なのかなと思います。それくらい大きな傷です。範囲が広いので手直ししても目立ちそうだし高い買い物なので面倒ですが交換待ちです。とりあえず星1とさせていただきます。交換後使い始めて結構経ちましたが24時間換気のせいなのか40台キープ(各場所の湿度計)でそれ以上はあがりません。キッチン+リビング+和室の18畳程で、最初リビングに置いてたのを今は寝室にしてる和室に置いています。全くないよりマシかな?って感じ。起きた時の喉の渇きはマシになりました。スチームより電気代気にしなくていいし、超音波よりお手入れも楽。ズボラなのでお手入れ時期を教えてくれるのもありがたいw24時間つかってますが結露等もないですし、音も強だと気にはなりますが普段は静かですね。正面に湿度を表したランプが付いてて子供が気になるのか近寄って行きますがオンオフが出来るので助かってます。加湿力はスチームには敵わないけど電気代カビの心配がある人は気化式が良いと思います。追記掴まり立ちがブームの子供に倒されてしまいましたw怪我も無くホッとしましたが、前後に倒れやすいので小さいお子さんがいる方は対策が必要かも。倒れた後は水浸しになるので気をつけて下さい。.

いい所は、タンクの出し入れがしやすく、水が滴りにくい。悪い所、1年でフィルターがダメになりました。お手入れランプの前に臭いが気になったり、カルシウムと汚れの結晶がガリガリにこびりついて、クエン酸で漬け置きしても落ちません。中の濾過石や軽石のようなフィルターも、ボロボロに崩れたので捨てました。洗いやすくても、部品が細かくてブラシで洗うのが大変です。内部の水位センサーの発泡スチロールも外れず、ぬめりを洗えない為、衛生的にまずいと思いますが。それとおやすみモードでもファンの音がうるさかったので、役目を果たせていません。.

2年ほど使ってた加湿器(やすい超音波式)がカビたので購入。今回も安いやつを買おうかと思ったものの、周りがびしょびしょになったり、カビて「こいつのせいで今、俺は体調が悪いのでは」と疑心暗鬼になったりするのがもうイヤだったので、コレを購入。結果、とてもいいです。大きさはひと昔のタワー型pc程度で結構大きいです。自分で湿度を見て運転を調整してくれるのは、当たり前なんだろうけど拝みたくなります。運転は無音というわけにはいきませんが、静かなので気になりません。何よりもメンテナンスや掃除がしやすいのが一番素晴らしいです。何もかも自分で修理と掃除ができないと気が済まない性分の私には助かります。.

利点と欠点

メリット

  • 我が家の必須の加湿器になりました。
  • 威力は十分
  • 買い替えです

デメリット

購入して最初の冬。問題なく使いました。ただ、問題なのは2年目以降。加湿器本体から嫌な匂いが。フィルターだけではなく、本体そのものの中身を交換しなければ、匂いが消えません。臭い。ただただ臭い。中身を分解してきれいに洗っても、スポンジ部分の匂いが取れません。水を吸い上げるスポンジ部分を毎年丸とっかえするんですか?そもそもそんな構造になってるのでしょうか。うちの本体は臭くて今年は使ってません。.

【デザイン】和室、洋室でも合うと思います。【加湿能力】お任せで運転しても水位が下がるのが分かるほど加湿能力有ると実感しました。(運転してない時でもフィルターから自然に蒸発しています。)【使いやすさ】簡単です、自動(お任せモード)で手間なしです。説明書無くとも運転入り切ボタンを押すだけです。小さい子供さんがいる家庭ではチャイルドロックも有るので安心。【静音性】カラカラに乾いた状態では強運転で多少風切り音聞こえます(50hz:44db)湿度安定した40~50%では静か(50hz:15db)聞こえない位です。【サイズ】丁度良い、壁面にピッタリで違和感無しです。【総評】電気代も1時間あたりで 0. 4円は気化式ならではの省エネです。新型のため高額な商品です。型番は違いますが安価な同じメーカー製fe-kfl05-wも追加注文しました。.

・鼻炎が治った・肌の調子が良くなった・目が痒くなくなったといいことづくめでした。最初広めの部屋に置いていたため若干容量が少なく感じましたが8畳の部屋で使うようにしたら水の替えは1. 2日に1回で済むようになりました。移動させるため水が入ったタンクをセットしたまま持ち上げたら水がこぼれたので構造上難があるので1点マイナス。.

加熱式や気化式 超音波式など試してきましたが これが気に入って二世代目の購入です先代より保水タンクが増量されて便利です加湿フィルターは10年もつとのことですが 確かにメンテナンスフリーでもちました(先代の型は事務所で7年、以後自宅に持ち帰ってさらに3年目使用中。故障知らずです)白い結晶が内部につくのは他と同様ですが ナノイーはフィルターがカビませんでした普通 防カビ剤のようなものを水に混ぜて使用しないと フィルターがすぐにカビの温床となってしまうのに不思議です「カビに強い気化式」ともっと宣伝しても良いのに控えめですね外国製の気化式加湿器も2種類もっていますが フィルターは使い捨て感覚ですし 本体もフィルターも値が張ります事務所の女性達が化粧ののりが良くなると 顔にナノイー風を当てているのですがほんまかいな?.

気化式の加湿器が今年はほしくて、家電店で一目ぼれ、一番安く購入できるのが、アマゾンだったので購入しました。気化式なので、風は多少は出ますが、窓の結露も気にならなそうだしよさそうです。大きさも丁度良いので気に入っています。.

厚みが思ったよりもあったので置いたときの存在感は想像以上でしたwただすっきりしたデザインなのでそれほど違和感はないです。センサーは結構繊細です。 少し窓を開けただけでも湿度の低下を検知して全速運転になります。そして全速時は結構うるさいです。内部の掃除を1ヶ月毎にする必要があると取説にありますが、8時間運転を基準にしているので一日中運転していると2週間ほどで清掃する必要があります。(清掃ランプが付くと清掃するまで動かなくなります)ここが面倒と言えば面倒ですが、やはりこれくらいしないと清潔さを保てないのかもしれませんね。.

パナの加湿器は毎年モデルチェンジするのでレビューがすぐに埋もれてしまいます。数年前の機種ですが、ナノイー付き最大能力機(07モデル)なのと、フィルターの事なのでここに書きます。皆さんの例に漏れず、フィルターの手入れに苦労してきました。クエン酸、セキソ酸、マジックリン、ワイドハイター、キッチンハイター、色々使いましたが、週一の手入れでもだんだん茶色くなって、ゴワゴワと。加湿能力も落ちてきたみたいで、当初は一晩で空になっていたタンクも、残るようになってきました。臭いも鼻につくようになってきました。これはフィルターの買い替えかなと思っていましたが、最後に思いついた洗濯機で見事復活。少し色は残っていますが、一晩でタンクが空になるようになりました。臭いもなくなりました。さすがに衣類に混ぜて洗うのは抵抗があったので、カーテンと一緒に洗っています。.

気化式の加湿器は、目に見える水蒸気が出てこないので、加湿されているのか?と思いがちですが、ここはしっかりと加湿してくれています。水蒸気が出ませんので、壁面のクロスを水滴だらけにしてしまったりする心配いらずです。設置する場所を選ばない優れものです。.

超音波式の加湿器を使っていましたが、長時間使うと床が濡れるので新しい加湿器を探していました。最初は気化式ではなくハイブリッド式の加湿器を探していましたが、調べたところ手頃の値段でお手入れが簡単ということでこちらにしました。寝てる間ずっと付けっ放しでもおやすみモードだと音も全然気にならないし、朝起きても喉が痛くなくて快適です!買ってよかったです!.

特徴 パナソニック 加湿機 気化式(ナノイー搭載) ~19畳 ミスティホワイト Fe-Kxm07-W

  • 【ナノイー搭載】加湿+ナノイーでうるおい効果約2倍。フィルター清潔モードで運転停止時もキレイさ持続
  • 【お急ぎモード】気化式なのに素早く適湿
  • 【薄型ボディ&壁ピタ設置】周りが濡れない気化式だから壁ピタ設置

メーカーより

拡大表示

お部屋をすばやくうるおい空間へ

「お急ぎモード」に設定すれば、ファンを高速回転させることで、加湿スピードがアップするため、すばやく快適な湿度に達する。

乾燥する季節にぴったり。

※1: 「強」運転とお急ぎモードの比較。

加湿+「ナノイー」でさらにうるおう

お肌にうるおいが欲しいときは、加湿に「ナノイー」をプラス。お肌の水分量、うるおいスピードがさらにアップ。

・お肌の水分量約2倍(※2)

・お肌のうるおいスピード約3倍(※2)

※2: 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】9畳試験室にて、FE-KXM05相当試験機を60分間運転。15分経過毎に頬の角質水分量を測定 【試験結果】うるおい効果は30分運転後の変化量が、「ナノイー」停止時:25.4μSと「ナノイー」運転時:50μSを比較して約2倍、うるおいスピードは変化量25μSまでの到達時間が、「ナノイー」停止時:30分と「ナノイー」運転時:10分を比較して約3倍。

「ナノイー」とは?

OHラジカルを豊富に含んだ水のカプセルのこと。

加湿空気清浄機にはOHラジカルが毎秒4,800億個発生する「ナノイー」発生ユニットを搭載。

拡大表示

のど・肌モード

空気の乾燥で必要以上に乾いたのどやお肌を、やや高めの湿度約60~65%を目安に自動運転し、のどや肌のうるおいを保つ。

おやすみモード

運転音と加湿量のバランスを考え、入眠時はごく静かに加湿

(「静か」運転時15dB 150mL/h)。

おやすみ中は加湿量をアップ(「弱」運転時、22dB 330mL/h)。

心地よい睡眠環境へ。

静かモード

ごく静かな運転音15dBで連続加湿ができる、「静かモード」。

眠りを妨げない静かさで、おやすみ中も心地よく。

おまかせモード

センサーで加湿具合をチェックして、快適な湿度になるよう自動運転。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

拡大表示

フィルター清潔モード

運転停止中にフィルター部に「ナノイー」を充満させて、清潔にする。

※ 「フィルター清潔」運転中は加湿しません。「フィルター清潔」運転が始まってから24時間後に停止します(ランプ消灯)。

イオン除菌ユニット(※3)

イオン除菌ユニット搭載で加湿する水を除菌。

電気を使わず交換が不要。

※3: 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【 試験方法】標準寒天培地を用いた寒天平板培養法により確認【 除菌の方法】イオン除菌ユニットに接触 【対象】イオン除菌ユニットを配置したトレー内の水 【試験結果】24時間で99%以上抑制 第207021879-001 試験は2種類の菌で実施。

ラクラクお手入れ

約10年間交換が不要(※4)「フュージョン」素材の加湿フィルターを採用。

フィルターは水やぬるま湯で、押し洗いができ、洗った後はフィルター枠にはめてトレーにポンと置くだけで、かんたんにセットできる。

※4: 加湿フィルター交換の目安は定格加湿能力に対し、加湿能力が約50%に落ちるまでの期間。1日8時間運転に基づきパナソニック社で算出。

ご使用状況によっては寿命が短くなることがあります。定期的にフィルターのお掃除が必要です。

どっちでもタンク

給水時の作業もスムーズに行えるように、左右どちら向きでも入れることができるタンクを搭載。

ハンドルも右手でも、左手でもしっかり握れるUD設計でラクラク給水。

加湿トレー

凹凸が少ないフラットな構造なので、お手入れがラクにおこなえる。

広口タンク

手首まですっぽり入る広口タンクだから、しっかり奥まで洗える。

吹き出しルーバー

ルーバーはお手入れしやすい構造で手でサッとふくことができる。

透明パネル

透明パネルは外してお手入れできる。

FE-KXM07 FE-KXM05 FE-KFM07 FE-KFM05 FE-KFM03
KXM07 KXM05 KFM07 KFM05 KFM03
ナノイーモデル ナノイーモデル スタンダードモデル スタンダードモデル コンパクトモデル
カラー -W(ミスティホワイト) / -T(クリスタルブラウン) -W(ミスティホワイト) / -T(クリスタルブラウン) -W(ホワイト) -W(ホワイト) -W(ホワイト) / -P(ピンク)
適用床面積 プレハブ洋室:19畳、木造・和室:12畳 プレハブ洋室:14畳、木造・和室:8.5畳 プレハブ洋室:19畳、木造・和室:12畳 プレハブ洋室:14畳、木造・和室:8.5畳 プレハブ洋室:8畳、木造・和室:5畳
1か月の電気代(めやす) 約84円(強・60Hz) 約52円(強・60Hz) 約71円(強・60Hz) 約39円(強・60Hz) 約71円(強・60Hz)
「ナノイー」
本体質量(タンク空時) 約5.2kg 約5.2kg 約4.7kg 約4.7kg 約3.1kg

加湿空気清浄機よりもこちらのほうがのどはなに対して効果てきめんです。5年前の同社の商品に比べかなり静かになりました。しかも小型化。前機は洗っても洗ってもカビのにおいが取れなくなり買い替えとなりました。水を使うので仕方ないのかも。.

【追記】フィルター等の清掃は説明書に記されているように、こまめに行わないと臭い空気が出てくるので要注意です。臭くなる前に専用洗剤で洗う必要ありと思いました。その点は手間が掛かります。それ以外は良好です。★ー1個にします。【以下は原文】今まで使用していた外国メーカーのハイブリッド式の加湿機がこわれたので本製品を購入しました。この加湿機はタイトルに記したように実に「ちょうど良い湿度」に加湿してくれます。初めてスイッチonした時の感想は、従来使用してきた加湿機のように蒸気の吹き出すのが目に見えないので「ホントに加湿してるの?」と思いましたが、室内の湿度計を見ると50%位になっています。しかも、加湿機の周囲が水浸しにならず乾いているではないか!窓ガラス等が結露する事も無くすごい!「おまかせ自動」モードで使っていますが、室内の湿度が低い状態で運転を始めると送風ファンの音が少し大きめです。しばらくして室内の湿度が上がってくると実に静かな運転音になります。その間の時間も長くはありませんでした。16畳ほどのldkで使用していますが加湿能力は意外に大きいんですね。もっと安い超音波式とか加熱式やハイブリッド式にするか少し迷っていましたが、決め手になったのは色々な電化製品において、やはり「安心のパナソニック」というのが私の経験には有ったからです。この加湿機も期待を裏切らない良い商品だと思いました。どんなのにしたら良いか迷っている方には私はコレをお勧めします。.

母の和室に置いているので色も真っ白よりこの色の方が落ち着いて部屋にマッチして気に入っています。音も「おやすみ」モードで一晩中付けっぱなしで使っていますが音はとても静かです。ただタンクのお水が一晩でほぼ無くなってしまいますので毎日入れています。フィルターの手入れも簡単で1ヶ月周期でのクリーニングと書いてありますが、私は週一で洗っています。それでも黄色っぽい汚れのリングみたいなのがフィルターに付いています。これは押し洗いで綺麗になります。.

セキスイハイムの一階12畳リビングで使用。快適エアリーを運転すると冬場は乾燥するので購入した。気化式は、目には見えないのでイメージ的にあまり加湿してる感じははしないが、かなり容量が入る水タンクが1日持たない時もあるので、結構頑張ってくれているようである。作動音は部屋の湿度が低く頑張ってる時は、気になるくらいの音はするが許容範囲。ただ、フロントパネルのデザインが気に食わないので星はマイナス1。波のようなパネルはダサいし、水の容量も見にくい。改良の余地あり。.

経年劣化で黄色く変色したハイブリット式加湿器からの買い替えです。買い替え前の加湿器は加湿量を重視して900ml/hの製品を選びましたが取説確認したところ消費電力405w、月換算すると2,500円ほどの電気料を払っていました。冬場の電気料が高かったのはこれも一因かと今さら思い知り今回は消費電力を重要視して製品選びしました。この加湿器は加湿量が700ml/hとこれまでに劣る分、のど・肌モードで運転しているので部屋の湿度計は60%以上。消費電力は最大18wで月換算しても90円ほどなのでコスパは良いと思います。.

パナソニック製を何世代か、使ってきましたのでその比較になります。プレハブ軽量鉄骨の2階の12畳の寝室で使用しています。暖房は、パネルヒータのみなので家全体が乾燥するので、部屋ごとに加湿器があります。寝室では睡眠中に無防備になる鼻・のどに与えるほどよい加湿能力と眠りを妨げない動作音が重要です。加湿能力は、パナソニックの一つ前の製品より湿度を50~60%を維持する能力が高まりました。一方では、加湿し過ぎの時の窓の結露もなくなりました。動作音は、パナソニック至上最も静穏性に優れた製品です。急に加湿が始まった時のモーター音で、目が覚めたりすることがありますが、この製品は、とにかく静かで近づかないとモーター音が聞こえないほどです。電気代も1か月100円程度で以前の製品ともだいぶ改善されました。1階のリビングでは、1世代前の加湿器を使用していますが、すぐにでも買い換えたくなる製品です。.

今もシャープの気化式を使っていますが、寝室にはうるさいため、もう1台買うときにこれにしてみた。おまかせ運転程度で湿度は50%台に維持できている。加湿器ないと、40%程度になる。なにより、静かなので、スイッチが入っているのかわからなくて、確認しに起きてしまうくらい。寝室用にはこれがベスト。一方で、広いリビングには別のものがよいかもしれない。.

3台同じものを購入しました。給水・メンテナンスの取り扱いがスムーズにできる点が優れています。加湿能力も抜群です、この製品にしてから喉の不調が改善しました。お勧めです。.

とても静かになりました。寒さもなくなりました。やはり加湿はこのタイプですよね.

24時間 2週間稼働で、スポンジがカルキで固まってしまい水を吸い上げなくなってしまいますどのみち2週間ほどで匂いやヌルヌルも発生しはじめるので掃除必須なのでしょうただ、クエン酸に付け置きしてしつこく揉み洗いをしないスポンジのカルキが取れないので面倒でしたスチーム式に買い換えようと思います.

今年は加湿機のおかげで喉が痛くならずに快適にすごしています!.

十数年前に購入した他社製の加湿器をフィルター交換や定期的な点検をしつつ使用していましたが、安全性を考慮し思い切って買い替えしました。こちらは2016年モデルのパナソニック製ヒーターレス気化式加湿器です。多少、部屋の温度が下がる欠点はありますが、結露・カビの発生度、清掃性などを考慮し、気化式を選択しました。【タンク】 容量は4. 2l、形状が左右対称のため、向きを考慮せずに本体へセット出来ます。また水の補給口の内径は約78mmと大きく、タンク内に直接、手を入れることが出来ますので掃除が楽です。【水量表示】 正面に取り外し可能な透明パネルが設置されており、そのパネルの反射により、角度によってはタンク水量が判りにくいです。(これはクリスタルブラウン色を選択したせいかもしれません。)【加湿に関してのスイッチ類】 「お急ぎ」 、「自動」→切り替えで”おまかせ”、”のど・肌”、”おやすみ”へ選択可能、「連続」 →切り替えで“静か”、”弱”、”中”、”強”へ選択可能です。すばやく加湿したいときは「お急ぎ」(ただし30分後に元の運転に戻る)、湿度に応じて設定したい場合は「自動」、湿度に関係なく風量で運転する場合は「連続運転」です。【その他スイッチ類】「運転 切入」、「チャイルドロック」あり、「タイマー」は切り替えで”2hr”、”4hr”、”6hr”、”8hr”で選択可能です。「フィルター」は”清潔”スイッチがあり、運転停止中にフィルターにナノイーを充満させて清潔にするそうです。また運転時間が240時間になるとフィルターの”お手入れ”ランプが点灯し、運転が停止します。【運転音】 「お急ぎ」以外、運転音は気になりませんでした。運転音の大きさは「お急ぎ」>>>”のど・肌”>”おまかせ”>”おやすみ” の順かなと思います。【加湿フィルター】 旭化成せんい㈱との共同開発品で、「約10年交換不要(一日8時間運転の場合)」とありますが、定期的に清掃しても水道水の塩素によって固まってしまう可能性がありますから、実際に何年持つかは疑問です。取扱いがあるうちに予備は購入しておいていた方が良いかもしれません。(加湿フィルター: パナソニック 加湿器用 加湿フィルター fe-zke07)【イオン除菌ユニット】 防カビ剤の入ったイオン除菌ユニットが内部にあるのですが、この寿命がどれくらいなのか、交換時期が取説の何処を見ても書かれていません。(別売り交換部品としての表示もなく、このサイトページによるとどうやら交換不要のようです。)【総評】 購入前に家電量販店にて製品を確認しましたが、パナソニック製品に限らず、昨今の加湿器が掃除・点検しやすくなっているのには感心しました。流石に十数年前のモデルに比べ、運転音も驚くほど静かです。(←「お急ぎ」以外)  使い始めは独特の匂いがありましたが50~60時間ほど稼働させたあとは無くなりました。以前使っていた加湿器に比べスイッチ類が多く、使い始めはどう違うのか、どの設定が良いのか悩みましたが、おおよそ不満点はありません。気になるのは加湿フィルターの実際の寿命とその価格です。フィルターは他社と比較するとちょっと高めです。.

昨年、購入した超音波式の加湿器が非常に使いづらく(メンテが大変)価格が安かったのと加湿器の方式が解ってないため、スチーム式以外ならと購入してしまいました・・・が、今となっては失敗でした。結論、加湿器は気化式かハイブリット式以外はダメですね。中でも、超音波式は最悪です、少しメンテを怠るだけで、タンクはヌルヌル本体も掃除しづらい、これでは空気中に菌を撒き散らしてるのと同じです。スチーム式は菌に対しては良いのですが、結露が出来やすく、水滴が周りに付くおまけに電気代はかかる、更に吹き出し口が熱くなるため、子供がいる家庭ではngハイブリット式は、上記2方式よりは良いのですが、本体価格がやや高いのとやっぱり、結露になりやすい(特に窓際設置の場合)と言う訳で、最後に残ったのは気化式の加湿器です。気化式の加湿器の弱点は部屋の温度が少しだけ寒くなるように感じる実際は、さほど温度は下がってないのですが、風を出す=空気が冷たくなるそれと、超音波式にも有るように、菌の問題です。超音波式程ではないですが、やはり水を空気中に放出するためその水の水質(清潔な水でないと意味がない)が良くないと結果、空気中に菌をばら撒くことになってしまいます。しかし、その弱点をこちらのパナ製ナノイー搭載加湿器は全てクリアーしています。まずは、最大の問題点、菌に対してですが、イオンによるカビ防止剤が本体に付いているため菌に対しての除菌を行ってくれますのでヌルヌルが起きにくいです。それと、ナノイーによるダブル除菌で快適な風を送り出してくれます。タンクの開口部も手が入る大きさなので、直接、手を入れて洗う事が可能な為清潔に使用できる事で本来の加湿+空気清浄も出来る優れた製品です。昨今、デザイン重視し過ぎる本来の機能を果たしてない製品が高価格で出回っていますが、やはり質実剛健でコスパに優れた製品は大手メーカーにはかなわないです。我が家でも、毎年いろんな加湿器を購入しては失敗を繰り返してきました。最終的に、うちに残った加湿器はほぼpanasonic製品になりました(一部シャープ製も有り)最初の1台として購入するなら、手堅く、安心・安全なpanasonicナノイー搭載加湿器をお勧めします!.

12月半ばから喉がカラカラになり、とても痛くなった。結果咳が多く出て、そのせいもあって声が出なくなってしまった。ささやき声のようなひどい嗄れ声になり、風邪薬に喘息吸入に咳止めに喉への鎮痛消炎剤。苦しくて呼吸がしにくくなって辛かった。マンションで気密性が高い中、ずっと就寝時以外は風邪ひきを警戒して、25度のエアコン暖房。湿時計が常に30%なのが健康に良くない事を知り、加湿器を買う研究を始めた。最初は知らないものだから3~5千円のでアロマ入りなどを見ていたが、電気店で,「買うならハイブリッドか、気化式を選ぶべき・・」と教えられた。どちらか迷ったけれどパンフレットの説明や「お客様のレビュー」なども熟読し、気化式に決定。届いてすぐ、室温25℃湿度28%で夕方6時から運転し始めて、夜10時半にやっと湿度が40%になった。室温も23度に下がった。なんと呼吸しやすいことか!なんと咳が少なくなったことか!私は長いこと喘息患者で咳が出るたび苦しくて死にそうになり、時には呼吸困難になってしまう。ほんとにうれしい!!今まで洗濯ものいっぱい干したりしてたけど、湿度を40%台にさせるなんて不可能だった。なんていい加湿器だろう。水は5時間ほどで半分に減ったけど、これだけ一生懸命仕事してくれてるんだと思うと、感謝。手入れは簡単だし難しくないし、気化式なので結露の心配もない。ナノイーだし、買って良かった。この機種を選択して大満足。買って2日目。今日も1日中運転したが、やはり40%からピタリ動かない。50%から60%を目指すと書いてあったが、なかなかそうならない。マンションだし、きっと頑固に今迄で室内が乾ききっているからだろう。いつか50~60%になって欲しい。今日も咳発作は1度しか起きなかった。乾燥肌で冬季はカイカイ病に悩まされる夫も、昨日今日はかゆがらない。とにかく「のど・肌」には、効果大だ。この機種は19畳用だが、24畳のリビングキッチン+6畳の和室+8畳の寝室に使用。マンションなので部屋がつながっていて、仕切りが無いので仕方ない。やっぱりこの広さでは19畳用では40%でやっとなのかも・・。ナノイー付きでは、これが一番大きいのでどうしようもない。〈他の大きさでは、見たら、美容室とか幼稚園用だったので)。今後もう一台必要になっても、同機種を買う。水は1日で8割ほど減る。もっと大容量のタンクなら楽なのに・・と思わぬでもないが、毎日の入れ替えが、清潔な水を入れる事になり、古い水で異臭漂う空気になったら、もっと困る。毎日の水入れ替えで、これはこれで良いのだと思える。3日目。40%湿度キープがなぜなのか分かった。夜はエアコンを消して寝るのだが、すると湿度が夜から早朝まで54%になったのだ。驚いて昼間も2時間ほどエアコンを消してみたらぐんぐんと40%を越して50%域にゆくではないか。つまり、エアコンが空気中の水分を吸ってゆくため、加湿器付けててもダメだったんですね!考えてみれば、そりゃそうだ。2台買おうと思っていたけど、夜間に湿度は55%になることが分かり安心。昼間もエアコン点けっ放しでなく、時々消すなど空気入れ替えの必要を学んだ。そうすれば2台買う必要もない。3日経過して、いろいろ使い方が分かった。喘息も激減し今日は一度も発作が出なかった。呼吸も楽。せき込まずに深呼吸もできる。主人も乾燥肌にならないようで、薬を付けるのを忘れている。今まで、いろんな電気製品買ってきたけど、身体の苦しみを直接取り除いてくれるこの加湿器が、拝みたいくらいに助かるし、有難い。.

初の気化式加湿器を購入しました。デザインもカラーも気に入り到着後、さっそく使用してます。音も静かで本当に加湿されてるんやろか?って感じですが加湿してくれているようです。長く使えるように手入れしながら綺麗いに使いたいと思います。.

まだ使用していませんが、なかなかよさそうでこの冬が楽しみです。.

ベスト パナソニック 加湿機 気化式(ナノイー搭載) ~19畳 ミスティホワイト Fe-Kxm07-W 買い取り