パナソニック(Panasonic) パナソニック 加湿機 気化式 – お手入れカンタン!!

エアコンを買い替えたところ、空気が乾燥するため購入しました。やや大型なので音が心配でしたが、デスクトップパソコンの音と同じ程度だと思います。加湿器といえば昔、水蒸気がもくもく出ているものしかなかったので、こういったタイプは本当に加湿されているか、心配になるのですが、一日一回タンクが空になるので、それなりの性能はあると思います。湿度表示ライトを弱くする機能もあり、気の利いた加湿器が家族の一員になりました。.

加熱蒸気加湿器14時間使用1か月電気代約3000円恐ろしい。買い換えました。この、気化式ナノイーは、音静か。電気代は、1カ月100円弱。掃除簡単。タンク便利。壁際に、設置。肌の乾燥がなくなり、咳も、 出なくなった。値段が、高いと、思ったけれど、電気代,商品機能すべて、満足。買い換えて本当に良かった。お勧めします。.

早急な対応を有難うございました。期待した様な加湿はしないのでチョットガッカリしています。.

お手入れ簡単で音も静か。ものすごく乾燥しているため、タンクの水の減りがものすごいですが、概ね満足です.

基本的なおまかせのスイッチを入れておけば湿度60%をずっと維持してくれる為、非常に使いやすい。また、タンクやフィルターなどのセットや掃除も非常にやり易いと思う。.

10畳のダイニングキッチンで使っています。音は気になりません。冬は寒い風が出るのが、気になります。.

子供が生まれたのをきっかけに購入しました。見た目は、シンプルで置いていてもお洒落です。機能性も、加湿をしっかりしてくれてるのか常に最適な湿度を保っています。水の減り具合、湿度計も分かりやすいです。おやすみモードがあり、夜は静かに加湿もしてくれています。.

寝室用に購入しました。ここ10年くらいで5機種ほど購入しましたが、それらと比較しても細部に至るまで配慮がされていて、まさに優等生のような製品と思います。特にファンの強度が変わった時の音の変化が(連続的であるため?)不愉快でない点、性能・サイズに比較して給水タンクが大きい点で自分の使用目的にはちょうど良かったです。価格がそこそこなので良い意味で値段相応とも言えるのでは?と思います。.

利点と欠点

メリット

  • 数か月使用して
  • 良い買い物です。
  • しっかり加湿!

デメリット

音も静かで機能性も十分満足いくものです。ただ水の減りが早いですね.

若い内は夏の湿度の高いのはベタベタして嫌だったが、冬の低湿度は気にならなかったので加湿器は買った事が無かった。年金暮らしが始まり、オール電化で暖房もエアコン、という事もあり、初めて加湿器を買う事に。どれが良いか分からないので、複数のサイトで加湿器の評価を読み比べ、良さそうなこのモデルに決定。タンクは結構大きいが、「自動」で使うと1日でほぼ使い切ってしまう。ただし、寝る時は自動だとうるさく感じる事が多いので、自動の「おやすみ」か連続の「静か」でタイマー運転にして寝る事にしている。エアコンはベッドに入る前に翌日起床前の運転開始と終了を予約する。暖房だけしていると加湿器の部屋の反対側にある温湿度計では湿度20%前後だが、控えめの運転だと30%台だが、それでも十分心地よい。「自動」だと50%程度まで湿度が上がるが、そこまでの必要性は感じていないので、一日中控えめ運転で利用しています。それで音は気にならないし、「過度な乾燥」も感じないのでまあ満足しています。.

ここのレビューを書かれてる方は買ってから早い時期にレビューを書かれてるとは思いますし、それらはほとんどその通りだと思う。ただ、使い続けて気が付く事は「加湿フィルターは10年ももたない!」という事です。原則として1日8時間使用した場合に10年とか説明が有りますが、現実的には1日16時間程度を乾燥する季節に使うとほぼ1年で加湿力が目に見えて減り、2年もするとほとんど加湿しないレベルまで下がります。原因はフィルターの劣化、つまり茶色く変色し硬化してしまうので加湿しなくなるのです。私はつい先日新しいフィルターを購入し、交換したら再び加湿力が蘇りました。交換以前も私はマニュアルに従って専用の洗剤でフィルターの手入れもしていましたし、住環境が特殊だとも思いません。(関東の分譲マンション3階に住んでいます)こういう問題は他のユーザーも同じようで、専用フィルターのレビュー「パナソニック 加湿器用 加湿フィルター fe-zke07 」を読むと同じような意見が有りましたので、やはりこの問題は小さくないと思いますよ。交換フィルターの価格は4000円位しますから結構なコストです。経験上、他のメーカー品でも同じような問題は有ると実感しており、フィルターの交換時期は皆さん注意した方が良いですよ。これを承知してないと2年後には「壊れたの?」って感じる事必至です。星はこの問題だけで★二つにさせてもらいました。加湿能力自体は満足なのですが、なんかこういう、メーカーの宣伝が不誠実な気持ちが強く残り、落胆度が大きいのです。.

今まで使用してた加熱式タイプが故障したので色々探してました。以前は加湿量が調節出来ないモデルだったため窓に結露がひどくサッシの木目部分も変色してましたこのモデルを数か月使用して結露は無く快適ですが加湿能力が少し弱めですかね、65%以上の加湿は出来ないようです、皆さんが言われるとおり加湿計が10%ほど高めに表示されますでも水タンクが大きいので水補充の手間が少なくなりましたあとはフィルターが何年もつか、、当方喫煙者なので数か月使用でフィルターが黄ばんでます。.

大満足!加湿器いくつを悩んでますが、最後パナソニック ナノイーを選びました。風雅の雰囲気をすごく感じます!.

基本的には満足しています45平米程度のマンションで使用していますが、これがあるだけで乾燥しません悪い点があるとすれば、湿度の計測が10%ほど高い気がしますいや、どう考えてもそんなに湿度ないぞ、って時でも、湿度が上限に行ってしまって加湿が止まっているときが多々ありますので、乾燥がひどい日は、連続運転で動かしていますおすすめか、おすすめでないか、と言われれば、すすめます.

遅くなりましが、大変速い対応でビックリしました。又、何か欲しい物があったら宜しくですm(__)m.

月数回だけの掃除をしてたらうちがズボラなだけかもしれないけど吐き出し口と中のフィルターをいれる所の上の部分が黒くカビてきていてこまった。本来開けられる掃除場所までだと掃除しきれず故障覚悟で開けて掃除して見たらファンがえらいことになっていた。ファンは掃除できたけどこの先は開けられず届くとこまでの掃除しかできなかった…。吐き出し口の裏側とその下。掃除しにくい。見た目はおしゃれですき。ネタがないのでペット子供も安全。.

気化式を初めて使用しました。我が家にはあっています。よい点は超音波式のように周囲がベタベタにならず加湿してくれます。悪い点は思い当たりませんが「目で見えないと加湿してる気がしない!」という方には物足りないと思います。こちらは見た目もシンプルですし、タンクも大きく、お手入れもしやすいので、購入してよかったです。.

特徴 パナソニック 加湿機 気化式(ナノイー搭載) ~14畳 ミスティーホワイト Fe-Kxl05-W

  • サイズ:本体外形寸法(幅×高さ×奥行mm)375×375×186mm
  • 本体重量:約5.2Kg
  • 12ヶ月

メーカーより

静かさにこだわりながら、しっかり加湿。

お急ぎモード(30分間のみ)

拡大表示

静かモード

拡大表示

省エネ運転

インテリアになじむデザイン

お急ぎモード(30分間のみ)(※1)

高速回転が可能なDCモーターを搭載。

ファンを高速回転させ、加湿スピードをアップ。

すばやくうるおい空間へ。

※1: FE-KXL05/FE-KFL05「お急ぎ」運転:30分と「強」運転:41分との比較。

FE-KXL07/FE-KFL07「お急ぎ」運転:29分と「強」運転:37分との比較で約21%短縮。

Panasonic社独自条件の計算による。

「お急ぎ」運転は約30分間運転後に、前の運転モードに戻ります。

静かモード

ごく静かな運転音15dBで連続加湿ができる、パナソニックだけの「静かモード」。

眠りを妨げない静けさを提供。

※2015年9月1日現在

省エネ運転

消費電力の少ない気化式を採用。

効率良く電力をパワーに変換出来るDCモーターにより従来品に比べて消費電力を約38%(※2)カット。

※2: 2013年発売FE-KXJ05「強」運転:13Wと2015年発売FE-KXL05「強」運転:8Wとの比較。

2013年発売FE-KXJ07「強」運転:25Wと2015年発売FE-KXL07「強」運転:13Wとの比較では約48%削減。

インテリアになじむデザイン

過加湿や結露になりにくい気化式のため、壁に寄せて設置も可。

本質性能を保ちながら高いデザイン性を両立。

おやすみモード

おまかせモード

のど・肌モード

おやすみモード

運転音と加湿量のバランスを考え、入眠時はごく静かに加湿(「静か」運転時15dB:150mL/h)。

おやすみ中は加湿量をアップ(「弱」運転時、22dB:330mL/h)。

心地よい睡眠環境へ。

おまかせモード

センサーで加湿具合をチェックして、快適な湿度になるよう自動運転。

のど・肌モード

乾燥が気になる季節は、ウイルスが活発に。

のどやお肌モードなら、やや高めの湿度約60~65%をめやすに自動運転。

うるおい美肌

拡大表示

「ナノイー」は、水に包まれた微粒子イオンです。

うるおい美肌

お肌にうるおいが欲しいときは、加湿に「ナノイー」をプラス。

お肌の水分量、うるおいスピードがさらにアップ。

・お肌の水分量約2倍(※3)

・お肌のうるおいスピード約3倍(※3)

※3: 【試験機関】パナソニック株式会社解析センター

【試験方法】9畳試験室にて、FE-KXL05相当試験機を60分間運転。15分経過毎に頬の角質水分量を測定。

【試験結果】うるおい効果は30分運転後の変化量が、「ナノイー」停止時:25.4μSと「ナノイー」運転時:50μSを比較して約2倍。うるおいスピードは変化量25μSまでの到達時間が、「ナノイー」停止時:30分と「ナノイー」運転時:10分を比較して約3倍。

ラクラク給水&カンタンお手入れ。

清潔加湿

長寿命加湿フィルター

すみずみまでお手入れできる設計

どっちでもタンク

清潔加湿

1: 運転中はイオン除菌ユニット搭載で加湿する水を除菌。

電気を使わず交換が不要。

2: 運転停止中にフィルター部に「ナノイー」を充満させて、清潔に。

長寿命加湿フィルター

10年間交換が不要な「フュージョン」素材の加湿フィルターを採用。

フィルターは水やぬるま湯で、押し洗いができ、洗った後はフィルター枠にはめてトレーに置くだけで、かんたんにセット可能。

すみずみまでお手入れできる設計

手首までスッポリ入る広口タンクのため奥まで洗うことが可能。

どっちでもタンク

左右どちら向きでも入れることのできるタンク形状により、給水も簡単にできる設計。

FE-KXL07 FE-KXL05 FE-KFL07 FE-KFL05 FE-KFL03
FE-KXL07 FE-KXL05 FE-KFL07 FE-KFL05 FE-KFL03
DCモーター搭載モデル
本体質量(タンク空時) 約5.2kg 約5.2kg 約4.7kg 約4.7kg 約3.1kg
適用床面積 プレハブ洋室19畳(32m2) プレハブ洋室14畳(23m2) プレハブ洋室19畳(32m2) プレハブ洋室14畳(23m2) プレハブ洋室8畳(14m2)
加湿能力 700mL/h 500mL/h 700mL/h 500mL/h 300mL/h
運転音 39dB(強・50/60Hz) 31dB(強・50/60Hz) 39dB(強・50/60Hz) 31dB(強・50/60Hz) 34dB(強・50/60Hz)
消費電力 13W(強・50/60Hz) 8W(強・50/60Hz) 11W(強・50/60Hz) 6W(強・50/60Hz) 11W(強・60Hz)
1か月の電気代(めやす) 約84円(強・60Hz) 約52円(強・60Hz) 約71円(強・60Hz) 約39円(強・60Hz) 約71円(強・60Hz)
ナノイー

Fe-kxl07-wのユーザです。たいへん満足しています。これから子ども部屋用に同系列の製品を買いたそうと考えています。ただし、この製品(fe-kxl系列)は、2015年9月発売で、すでに生産終了しています。このレビューを書いている2017年11月現在では、fe-kxp系列が最新製品になります。激安になっているならともかく、同程度の代金を支払うなら、現行製品を買った方が何かと良いのではないかと思います。.

最近寒くて乾燥が気になって購入しました。使いだしてから喉の調子が凄く良いです。続いてた乳児(9ヶ月)の鼻水も治って思いきって買って良かったと思います。ただおやすみモードにしても定期的にモータ音?は聞こえますので敏感な方は近くに置くと気になるかも…….

寝室用に購入しました。寝る少し前に「お急ぎ」モードで加湿して、その後は「おやすみ」モードです。満足しています。.

加熱式は固着物の手入れが大変で、超音波は物によって白粉がフィルターで取り除き切れなかったりと、どれもイマイチでしたが、これはお手入れカンタン、長年悩まされてきた白粉もなし。加湿能力も十分で大変満足しています。同形式のフィルターでもう少しコンパクトな商品があれば他の部屋でも使いたいです。.

湿度はそれほど上がらないが、のどは痛くなくなった。.

Panasonicの加湿器を8年程使用してましたが、手入れを怠り本体もフィルターもカビてしまいました。今年春のセールでこちらの商品を購入し数日使ってみましたが、音も静かで新生児だった子供も平気でした。パワーも全く問題ありません。スタイリッシュなデザインになったので、どんな部屋でも邪魔にならないと思います。また、タンクの前後が無くなったのが嬉しいです。今までのは地味にストレスだったと気付きました。冬に使うのを楽しみにしています。.

ベスト パナソニック 加湿機 気化式(ナノイー搭載) ~14畳 ミスティーホワイト Fe-Kxl05-W レビュー