バーミキュラ(Vermicular) バーミキュラ ライスポット 5合炊き ソリッドシルバー 専用レシピブック付 Rp23a-Sv – 旨みと歯応えは冷めた時に圧倒的な差となる

Gas炊飯器のあの味には及びませんが、だいぶ良い感じです!電気なのに凄い!.

以前から気になっていたライスポットですが、手間がかかりますぎです。米の炊き上がりは他の炊飯ジャーよりは少し、美味しく炊けているかなというぐらいです。一番がっかりしたことは、炊き上がりのご飯がホカホカしていないことです。普通の炊飯ジャーでも炊き上がりは、湯気が立ち上がり、アツアツの状態ですが、バーミキュラは湯気が上がるようなことがありません。9万円近い金額で購入しましたが、金額に見合うだけの商品ではなかったので残念です。.

日本人の根幹たる米飯の機器選択は流石に通販という訳にもいかず、実店舗で比較検討して購入しました。アキバのヨドバシの炊飯器売場で食える全ての試食を食べ比べてこいつに決めました。試食はみな一口大のごはんがラップに包まれて冷め切った状態です。全く検討の余地なく圧倒的な差がありました。更に炊き立てを食べて判断が間違っていないことを確信しました。乱暴に言うと今までのどの炊飯器よりも硬くて旨い飯が炊けます。水少なめで硬めに炊くのとは全く別次元の、しっかりと熱と圧を加えて硬く炊き上がってる。例えは悪いですが、焼き芋と蒸かし芋位の差を感じます。米のポテンシャルを最大限に引き出してるカンジです。構造的には単体で蓋つき鍋としても機能する釜部とih加熱部に分かれてます。炊飯機能に関しては最低限の機能しかありません。で、何か困りますか?炊飯器なのだからご飯が旨く炊ければそれで十分です。コレは炊飯ジャーではありません。釜の蓋は密閉圧力を得るために超精密に作られているらしいです。落としたりせぬよう、注意が必要です。又、蓋の接合部は鋳鉄が剥き出しなので濡れたままにすると錆びます。従来の家電メーカーの製品とは一線を画する点もありますが、この圧倒的なメシの旨さに比べれば些細な事に過ぎません。ごはんの好みは人それぞれです。他人のレビューなんて信じずに、絶対自分で味を確かめて選択して下さい。(笑).

キッチンにあるだけでおしゃれ!ご飯炊くだけで毎日テンション上がります。焦げ目をつけた炊き上がりにすると飯盒炊爨のご飯を食べてる気分になります!保温機能がないのでめんどくさがり屋さんには不向きかも。.

名前はライスポットでカテゴリー的には炊飯器に入れられていますが、性能としては「ih調理ホーロー鍋」ですね。無水調理・ロースト・炒め物・蒸し物。時間指定して一定の温度を保つことができるのでコンフィなどの低温調理、更には発酵調理も可能なのでパン種の発酵・焼成…等々。実に様々な事ができるお鍋ですので、お料理好きで色々工夫して美味しい物を作るのが大好きというタイプの方にはワクワクするような調理器具だと思います。とはいえ、やはりこの製品の売りは「世界一美味しいご飯が炊ける鍋」。どれだけ違うものかとまずはご飯を炊いてみました。鍋炊飯の時はウチでは予め洗米・浸水したコメを炊くのでこのライスポットでも浸水済みの白濁色のお米を使いました。30分後、いつものお米がひと味もふた味も違うご飯に炊きあがったのは驚きでした。ツヤツヤと粒立ちよいご飯の表面にはカニ穴がポツポツ. 香り・旨味ともにとても美味しいご飯で大満足保温機能はないので、その時食べる分は除いて炊きたてのうちに小分けして冷凍保存という手間はかかりますが、その冷凍保存したご飯を翌朝レンジでチンして食べてみて、美味しいのにまたビックリでした。お米の粒感がちゃんとあってベチャッとしない。しっかり感じるお米の甘さ。これは確かにエポックメイキングな炊飯器だと実感。その後は、冒頭に書いた通り炊飯以外にも大活躍可能な機能満載ですので、付属のレシピブックを傍らにアレコレと実験・挑戦中です。しかしながら、1ヶ月ばかり使ってみた今、万人向けの便利なばかりのものとは言えない面があるのも感じています。ご飯の保温ができないのはムリとか、使用後には鍋蓋と鍋フチのホーロー加工されてない部分にサビが浮かないよう洗って水気を拭いて油を引くとか面倒は嫌とか、とにかく鋳物の鍋自体(約4kg。料理が入れば当然更に重い)が重くて、握力弱いのにこんなの持てないよなんて細腕な方には積極的にはおすすめできないかなぁ。だけども、毎日嬉しい美味しいご飯からxmasやお正月にぴったりのごちそうメニューまで。考えるだけでウキウキワクワク、何より料理を楽しむ人には憧れの調理器具と言える製品。キッチンにこのお洒落なライスポットの姿があるだけでもウフフと嬉しくなるのはホントです♪見た目の良さや価格を考えると、お料理好きな大切な方への贈り物なんかにぴったりではないかなと思います。.

ごはんはとても美味しく出来上がります、古い炊飯器はもう使えない感じです。でも、ご飯粒が鍋にしつこく付着し、洗いずらいのが難点ですね。工夫はできないかな。それと、鍋自体が、3万円強ですから、8万円を超える値段は高すぎますね。せめて、6万円以下なら、友人へも紹介したいです。.

最高です。お料理苦手な私でも何でも最高の出来栄え!朝夕のご飯は勿論、出汁、ローストビーフと毎日活躍しています。もう1台欲しいくらいです.

まずご飯を炊いて食べてみましたが、やはり自宅で使用している炊飯器のものより美味しい。その後煮込みハンバーグ、肉じゃが等の料理にも使用しましたが、料理に使用した素材の味がしかっり生かされとても美味しく頂くことが出来ました。現在バーミキュラーは1台しかありませんがもう1台購入しようかとも考えているところです。.

利点と欠点

メリット

  • 買って大正解でした!
  • 一番の欠点は「不味い」という事
  • 美味しく感じません

デメリット

とても気になっていた商品で清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入。確かに炊き上がりはおいしい。が、蓋の周りの鉄がむき出しで、とにかく錆びる。炊き上がり後、ごはんはすぐにタッパーに移し、即洗い、キッチンペーパーで丁寧に水分をふき取る。タイマーなんて使えない。だって錆びてるから。メーカーに問いあわせたら錆は口に入っても人体に影響はないと言われた。影響なければいいという考えもすごい。.

悩んだ末に注文。2ヶ月弱で到着。ご飯が噛むほどに甘い!でも少し固い。以前はガスで炊いていました(ガスコンロの自動炊飯機能)が、それより旨い。当然、ご飯を炊く量と回数が増えました。.

美味しいご飯が食べたいなと、評判の高さにつられて購入したのですが、どうしたら美味しく炊けるのか、謎です。これまで使っていた炊飯器の方が、どう考えても美味しいです。蓋は、乾かさないと、すぐに錆びがでます。お水の量も、わかりにくいです。操作性がイマイチでも、お味が良ければ、全く問題はないのですが、美味しく炊くのは難しいです。お鍋としても、ストウブ以上ということも無いように思います。比較的高価な炊飯器ではありますが、近いうちに買い替えようと思います。購入される前に、試食をオススメします。.

米を愛するものとして新たなコンセプトの炊飯器ということで割と期待していたのですが、これは駄目ですハズレです。8~10万円の価格帯の他社高級炊飯器と比較すると勝てる要素が皆無であり、炊飯器として落第です。まず、この炊飯器は基本的にシャキッとした仕上がりの米しか炊けないので、モチモチの炊き具合が好みの方は、今すぐ回れ右をして普通の高級炊飯器を買ってください。時間とお金の無駄です。また、シャキっとした米が好みであっても、この炊飯器の異常な水加減の調整し難さに、購入後、絶望することになります。今時、米を入れる内釜部分に水量線が描かれてない炊飯器が存在するでしょうか?そこは決して省いてはならない部分でしょう。この炊飯器は何故か水量計カップが別途付いてきて、それを用い水を計り投入する事になっています。そして、”カップで計り投入する水量は、水で研いだ後の米を入れた後の水量を想定してる”ので、無洗米でも無駄に水で浸してから入れないと確実に水が足りなくなります。この時点でこのメーカーが、「水と米を入れた状態での必要な水量線を自分達側で確定する事に二の足を踏みユーザー任せにして逃げた」事が判ります。シャキッとした米しか炊けないので水を多めに入れてももちもちとはならず米が水浸しになるだけ、少なすぎれば単に硬い米が炊ける為、水加減はかなり難しいです。要は他社の炊飯器のように、ある程度の水加減の紛れを炊きながら自動吸収する仕組みが無い訳です。飯盒炊飯か。更に、原理的に少量の米炊きに向いてない為、指示通りの水量で炊いても1~1. 5合ではどう頑張ってもろくな仕上がりにはなりません。2合辺りからマシな出来になります。それでもマシなだけで他の高級炊飯器の出来とは比べるべくもありません。勿論、炊飯器以外でも使い道はありますが、肝心の炊飯器の性能が他社に全く追いついてないこの製品は、誰にも勧められない、買ってしまったら頑張って何か良い所や他の使い道を探すしか無いというガッカリ商品です。なんか発売前や発売直後はよいしょする提灯記事が沢山ありましたが本当に提灯でしかありません。素直に他の高級炊飯器を買ってください。利点は構造上、他の高級炊飯器より壊れ難いだろう、という所くらいです。追記:あくまで炊飯器としてレビューしたので省略しましたが、鍋自体の出来と鍋を効率よく電気で温める機器としての性能は良いので、鍋的料理目的ではかなり役には立ちます。言うまでもなくデザインも良い。それのみを定価で見積もれば4~5万、おまけで炊飯器機能が付いている、とお考えください。また、ここで製品名を挙げてしまえばどう言ってもそちらの宣伝になってしまうので、どの高級炊飯器と比べたかは省略しています。お許しを。.

本当に買ってよかった!鋳物の鍋の手入れが出来ない人には全くおススメ出来ません。鍋自体は蓋との継ぎ部分が普通の鋳物より錆が出やすく気がついた時にお手入れが必要です。白飯の炊き上がった時の輝きと味が格段に違い、はじめて炊いて蓋を開けた時に、キラキラしてふっくら立ち上がる米と香りに感動すら覚えました。保温に自動でならないことが人によっては面倒かもしれませんが、鍋の熱伝導の性質上、電源が切れても、中身はかなり長い時間温かいままです。そうでなくても調理機能もあるので、再加熱もかなり速い。直火でも使えるので、仕込みまでして仕上げは様子を見ながら直火でというような事もでき便利。.

おこげが美味しくて、夫婦二人で1食に2合も食べてしまいます。無水のカレーも絶品でした。高かったですが、買った価値ありました。難点は、ふたを開ける時に溜まった水がこぼれてしまうことです。.

キッチンに置くだけで、高級感あるデザインにウキウキしていまいます。普通の炊飯器とは違う見た目に、うっとりです。いつもと同じお米を炊いただけなのに、ふっくら感も旨味も違うのは驚きました。今まで使っていた炊飯器が安価なものだから、余計にそう思えるのかもしれませんが、美味しいです。他の方のレビューを見た時、お米の品種によって合う、合わないがあるようなので、お米の品種にこだわりがない(価格帯で選んでいる)我が家もその問題に直面する日が来るのかも?とちょっと心配ですが、ご飯が美味しいと感じながら食べられる喜びの方が大きいので、長く使っていきたいです。残念に感じたのは、保温が出来ない事。今までも朝と夕方に炊いていたので、無くても何とかなるのですが、子供が休みの時(冬休みや夏休みなどの長期は特に)は保温されてる方が楽かなぁと感じてしまいます。ご飯を炊く以外の料理にはまだ挑戦していませんが、機会があれば試してみたいと思っています。現状は、美味しいご飯が炊けて満足です。.

憧れのバーミキュラのライスポット、届いてみると想像以上の存在感でした。これがキッチンにあるだけでテンションが上がります。そして肝心の味なのですが、まずご飯が美味しい! 新米の季節ですが、しっかり味わって食べられるご飯になりました。おかずなしでもいいぐらい、ご飯が進みます。しかも冷めても味が変わらず、美味しさはそのままでした。そして、ご飯だけじゃなく料理も作れます。レシピブックもついていました。野菜がびっくりするぐらい甘くなるし、お肉も味に深みが出ますね。素材の良さを最大限に引き出す感じです。休日に時間のかかる料理を作るのも楽しみになりました。これからもどんどん使っていきたいです。.

大きめの鋳物の鍋の良さがわかる人なら、重さや使用感も気にならず、使いやすいと思います。シルバーのポットヒーターに黒い鍋がシュッとしてお洒落な印象です。計量カップやフタ立てまでお洒落で、細かいところまで嬉しいです。保温機能はありませんが、一膳分ずつ冷凍保存しておいて、食べるときチンしてもおいしい。お米はとびきり美味しく炊けて、それ以外の調理も材料を切って入れるだけで格段に美味しくできます。ほんの少し手間はかかるけど、美味しいものを食べるためなら惜しまないという人ならぜひ。実際とても美味しくて、少々の手間なんて全然平気です。土鍋やガス釜で炊く手間を考えると全然お手軽だと思うし、これまでの安いお米が最高に美味しく炊けます。タイマー付きの鍋として、焼き芋をおいしく作れたりもして、なかなか便利だったりもします。.

特徴 バーミキュラ ライスポット 5合炊き ソリッドシルバー 専用レシピブック付 Rp23a-Sv

  • サイズ:幅約259mm(調理器部)/約311mm(お鍋・取手側)×奥行約296mm×高さ約208mm
  • 合数:5合炊き
  • 付属品: 米用計量カップ、水用計量カップ、リッドスタンド、レシピブック、ポットヒーター取扱説明書
  • ※ご飯の保温機能はありません

メーカーより

拡大表示

VERMICULAR RICEPOT

バーミキュラ ライスポットは、炊飯のために進化した鋳物ホーロー鍋と、火加減調節を自動化する理想的な熱源の組合せによって、鍋炊きご飯の美味しさを手軽に楽しめる究極の炊飯器です。さらに、調理モードでは炊飯以外に無水調理、ロースト、炒め調理、スチームといった様々な調理に対応し、30~95℃までの温度設定機能で低温調理や発酵も簡単に楽しめます。

※ご飯の保温機能はありません。

※調理中は鍋が熱くなります。お子さまの手の届かない所に設置してください。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

オーガニックコットン ポットホルダー(鍋つかみ) オーガニックコットン ヒートキーパー(保温カバー) ナチュラルウッド マグネットトリベット(鍋敷き) ホワイトハードメープル ナチュラルウッド マグネットトリベット(鍋敷き) ブラックウォールナット オーガニックリネン エプロン オーガニックリネン キッチンクロス
カラー 全3色 全3色 全8色 全8色 全3色 全6色
対応サイズ ライスポット・バーミキュラ全サイズ対応 ライスポット・バーミキュラ18cm・22cm用 ライスポット・バーミキュラ全サイズ対応 ライスポット・バーミキュラ全サイズ対応

使った後洗ったりするとき、重すぎて辛いのと、乾かさないとサビがでるので注意が必要です。普段使いには安い炊飯器のほうがいいかも。でも美味しいごはんは炊けます。違いはハッキリしています。何を優先するかです。.

結婚を控えている娘に親からのプレゼントで買ってあげました。以前より欲しかったようで、出かけるたびに家電販売店で詳しく説明を聞いていたそうです。これからの生活で娘家族が美味しいご飯を食べてくれるといいな。.

今までの炊飯器の概念とは違いますのでボタン等の操作性も悪く、手入れや扱いには手間がかります。お米は硬い仕上がりで粘りが少なくふっくらとしません。水の調整をしても本質は変わらず、そして最後は鍋にこびり着くので凄く勿体無く感じます。我が家は買って1年位経ちますが一度も美味しいお米が炊けないので、みなさんの美味しい書き込みを見ると不良品?じゃないかと思ったりしています。炊飯器としては完全に失敗です。この金額ならグレードの良い一般的な炊飯器を買った方が良かったです。また、説明書の情報量が乏しいので度々カスタマーへ連絡します。対応は良くマニュアルに書いてないやり方を説明していただけます。でもそれって?マニュアルの改良版を全てのカスタマーへ送付する位の事をお願いしたいです。ただ、無水調理はとても良いです。カレーや煮込み料理はとっても美味しくできます。特にこの鍋で煮た大根は最高です!あとはお洒落なデザインで家電っぽくないのが素敵です。。家族でフルに炊飯器を利用されるご家庭では使い勝手が良くないので私はお薦めしません。我が家は2人なのでご飯自体を毎日炊かないので文句言いながらも使ってますが。。.

届いてすぐにおこげモードで白飯を炊いてみました。20分ほどでかぐわしい香りが! 出汁やお醤油だけでも美味しいです。コメの光具合が違いますし、うま味がまるで違う高級米を炊いているようで抜群においしいです。保温はできませんが炊く量を0. 5合刻みで調整できますし、おいしいのですぐ食べてしまい、冷凍する分があまり残りません。予約炊飯はできます。調理もでき、しっかりしたレシピ本も付属でついていたのも嬉しかったです。買う時勇気が要る値段でしたが買ってよかったです。.

ほぼダッチオーブンと手入れが同じです説明書どおりにキッチリお米と水を計量して炊けばとても美味しいご飯が炊きあがります某テレビ番組の中で紹介された高級お寿司屋さんがこちらの商品を使いご飯を炊いていたのでプロも認める炊きあがりなのか…と思いましたしかし、電気炊飯器に慣れている人にはとても手のかかる商品だと感じるでしょう鋳物ですのでお鍋の重さがあります鍋本体とフタの接触部分がサビやすいので使用後はよーく乾かしてからサラダ油等を塗る必要があります私は、炊き上がってから半日程ご飯を入れたまま放置し接触部分にサビが発生しましたまた炊き込みご飯の調整が難しく感じました具沢山の炊き込みご飯に挑戦したところご飯は生炊けに終わりました再度チャレンジし、お米の分量より1合多めの設定で炊飯しましたら上手くいきました何度炊いても気になるのが電気炊飯器で炊く時と同じ品種のお米で炊いても、何故かタイ米のように細長く炊きあがるのが不思議です美味しく炊きあがるのですが慣れが必要な商品だと思います.

自炊始めて2年になりますが、いままで自宅で炊いたご飯の中で一番美味しいご飯が炊けました☆つや姫使用のためお米が細長く見える思いますが、一粒一粒が立っていてツヤツヤもちもち。過去のレビューに水加減が難しいようなコメントもありましたが、そんなことは一切なし。付属の計量カップ通りの水を入れれば、丁度良い水加減で理想なご飯が炊き上がります!.

このお値段的においしさを求めるハードルは結構高くなってしまっていたはずなんですが、いつものご飯がとってもおいしくなって感激です!なんというか一粒がしっかりしている感覚です。夫も一口食べるごとに、「え、おいしい」と言ってました。ただ、しっかり炊くまでと、洗うときの重たさが本当に大変です。。あまり上下させたくないので、置き場所も台所内で優先的にこだわりました。大事に大事に使い続けていきたいと思います。レシピブックにある、炊飯以外の料理もどんどん挑戦したくなりました。.

どんな産地米でも、美味しく頂きました。(その他の料理も).

アマゾンさんからでなく、池袋西武で購入しました。ポイントを考えるとそれの方が得だったからです。さて、他の方々のコメントに錆が出たり手入れが面倒というものがありましたが、美味しいおこげが作れるならと思い高価であっても買わねばならないと購入しました。ワクワクしながら焚いてみると。長い人生、買い物の失敗は数々ありますが、これはその中でもtop1です。一番の問題点は美味しくご飯が炊けないというところでした。デザインは好きなのでキッチンのオブジェ的な存在として愛用させていただきます。.

料理人の友人に薦められて購入しました。人気で品薄な商品らしいですがメーカー公式サイトで「在庫有り」だったので注文したら三日ほどで届きました。税込で8万5千円くらいで、謎の輸入品を買うより公式の方がアフターケアーも良いかと思います。この鍋は元々が無水鋳物鍋のメーカーが、炊飯も簡単にできる様に進化させたというだけあって、抜群の調理性能です。付属の洒落たレシプブックの通りに作れば、ローストビーフ、無水ポトフ、無水カレー・・煮て良し、焼いて良し、簡単だし、何より野菜の甘みが違います。と、一通り料理をしてから炊飯してみたのですが、これがすごい!今まで使用していた圧力ih炊飯器とは炊き上がりの蓋を開けた瞬間の見た目から違います。おコメが立っている! こ、これはおコメのスタンディングオベーションや~!コメの表面は崩れることなくかといって硬いわけではなく、噛めば絶妙の弾力と甘みがある。例えるならふつうのうどんと讃岐うどんのような違い? すごいよ、このバーミキュラ!逆におススメできない点はごはんの保温機能はないので、24時間ごはんをスタンバっておきたい人はやめたほうが良いです。あとは付属品で洒落た米計量カップと水計量カップがついているのですが、鍋に水位線がなくボウルとザルでの洗米推奨なので、内釜で米を研いでそのまま水入れて炊きたいようなズボラ派も不向きです。まあ、知り合いの五つ星お米マイスターが、ごはんは米と水だけの料理なんだから米も水も重さで正確に量って炊飯するのが良い、と言っていたので、おいしく炊きたい人はそうしておきましょう。.

新米の季節になると より美味しくお米を食べたくなり、まずストウブのラ・ココット de gohanに挑戦したのですが、なかなか上手く使いこなせず。そこに ネットでも対等していたのがバーミキュラのライスポットでした。 早速お米を炊きましたが、本当に美味しいです。レシピ通りだと 少々固めに仕上がりますが 料亭で出されるような お米の甘さです。保温がないのですが 冷えても甘さが引き立ち さらに美味しいです。もともと 炊飯器の場合でも 朝に多めに炊いて、夜の分をお茶碗に入れておいて 各自で電子レンジで温めていたので 保温が無いからと困ることはありません。 お芋も 入れて、タイマーセットしておくだけで 甘くしっとりした仕上がりになりました。 付属のレシピ本は 本屋さんに並んでいてもおかしくない 立派なものです。ただ キッチンで読むには効率が悪い ハードブックです。無水調理も低温調理もできるので、料理のレパートリーがかなり広がります。無水調理は 野菜の甘さを感じられる調理法で特にお気に入りです。低温調理で作る ローストビーフは柔らかくジューシーです。メイン料理が ライスポット一つで作れるので 時短調理に繋がり、計算された火加減を機械に任せられるので 失敗なしです。コンロ一つ分の場所は必要ですが 手放すことができません.

僕たちが購入してはじめて炊いた時の感想が「うまい!」「お米の甘みが違う!!!」でした。しかし、数回炊くうちになぜか毎回意図しないおこげが出来てしまい、水加減などを調整しつつ様子を見ていました。結局はお米の問題で、我が家では北海道米で炊いていたんですが、どうやら甘みが強く粘り気のあるがだめそうなので、あきたこまちにしたら問題は解決しました。今後レビューする方は使っているお米の種類を書くと他の購入者さんの参考になるかもしれません。あまりにも白ごはんが上手く炊けないため悩みメーカーの愛知ドビーさんへ問い合わせをしてコツなどを伺いました。・お米は研ぎすぎない・浸水後10分程度水切りをする(お米がサラサラになるまで・水加減は少しぐらい変わっても炊けるように調整してある上記のように炊いてもおこげができるので、サポートへ電話したら「そのような現象は確認できないので、一度調査させていただけませんか?」ということで、愛知ドビーさんへお願いしました。数日後ヤマト運輸の方が来てライスポットを回収してくれました。回収時に製品の元箱が無くてもヤマトさんが持ってきてくれるので、捨ててしまった方でも修理のときなどに鍋が割れる心配がないのに愛知ドビーさんの購入者への配慮がうかがえて、そういった姿勢が製品に現れているんだと感心しました。その後数週間メーカーサイドで実際にお米を炊き試験したところ、やはり何も問題はないとの回答をいただき、ライスポットの購入は失敗したかな?と残念に思いました。そこで僕が「いま炊いているお米がだめなのかもしれないから、違うお米にしてみよう」ということで、僕が食べ慣れているササニシキ系の”あきたこまち”を購入しました。特別いいお米じゃなくスーパーの棚においてある普通のお米です。最初に書いたとおりコレが大正解で、炊く前の儀式をしっかりとすれば水加減などは大体でいいし、炊きあがったお米も”カニ穴”(美味しく炊けた証拠)もできてるし、お米は立つしでツヤッツヤの美味しいご飯が毎回炊けるようになりました。ライスポットの購入はやめたほうが良い方は・毎回炊くのが面倒・保温機能を使いたい(一度に多く炊いて時間を置いてまた食べる方)逆に言えば毎回ご飯を炊く方や、多少の手間がかかっても美味しいごはんが食べたければライスポットはおすすめです。ただ、我が家では毎回炊くようになって、最高でも3合しか炊かないのでミニでも良かったかもしれません。たまの手巻き寿司のときには5合炊いたりするんですけどね。誰かの参考になれば幸いです。.

久々美味しいご飯を頂きました。釜が違うと、こんなにまで美味しいご飯が炊けるとは驚きです。どのお米でも美味しく炊けると思います。.

ベスト バーミキュラ ライスポット 5合炊き ソリッドシルバー 専用レシピブック付 Rp23a-Sv 買い取り