ノーブランド品 海外 旅行用 220v 600w 携帯湯沸かし器 キャンプ アウトドアー コーヒヒーター トラベルコイルヒーター 携帯湯沸し棒 湯沸しヒーター バックパッカー – お湯を沸かしている際、絶対に目を離さなければ、携帯に良し

入院のマグ用に買いましたお湯が沸くのに10分はかかりませんプラスチックの取っ手部分も水滴で熱くなりますまた、コードが太くてフニャっとしているので、安全性と耐久性には不安があります.

安価・コンパクト・最低限の機能でokという3要素で選びました。トラベルケトルは確かに便利ですが、トラベル用にコンパクトに作られてるとはいえ(特にバックパッカーには)やっぱり大げさであり、大げさであることはパッキングと破損不安という要素とのせめぎ合いを迫られます。それに対し、本品のような製品は安価な中国製品にありがちな品質レベルへの不安こそありますが、思い切った物づくりがもたらしてくれる「期待している要素への極特化」を形にしてくれるメリットがあります。今回も「壊れたらそれまで。 壊れるまで頑張ってくれればいい。」という割り切りで購入に踏み切りました。とりあえず日本の100v環境で使ってみました。正確な水量は測っていませんが、よくあるマグカップ1杯分の水を沸かしてみました。結論から言うと20分程度で90度を超えるくらいのお湯を作ることが出来ました。海外の200vレベル環境なら、お湯が湧くまでの時間はもっと短縮されるでしょう。製品本体のコンパクトさ、シンプルさ、安価さは、バックパッカーには大きなメリットになると思います。一方、安価ゆえの製品品質(コード部分も含めた耐久性)、個体ごとの品質ばらつき、全くゼロといえる安全装置の類(on/offスイッチひとつありません)という注意点にはしっかり承知して購入・使用する必要があります。コンロには万一時の消火機構があっても、焚き火にはそんなものは無いといえば良いでしょうか。こういった製品のメリット・デメリット、利便性・リスクを理解できる人にはおすすめできる製品です。.

コーヒーカップに200ccの水を入れた場合、5分弱で十分の熱さになります。そこまで暑くなくてもよいなら、もっと短い時間で大丈夫かと。コンパクトで価格も安く、便利な良い品だと思います。耐久性はどうか分かりませんが、単純な作りだし、年に数回しか海外旅行に行かないので良しとします。.

届いてすぐテストを兼ねて使ってみました。これさえあればホテルに電気ポットがなくても安心です。一人分の1杯分が無駄なく沸かせます。国内でも使えるので、次のお出かけには持参しようと思います。.

思ったより軽いので、持ち運びしやすい。がまだ旅行先で使っていないので、性能はわからずです。来月までわかりません。.

利点と欠点

メリット

  • 便利な優れもの
  • お湯を沸かしている際、絶対に目を離さなければ、携帯に良し
  • 軽いが性能はわからん

デメリット

特徴 海外 旅行用 220v 600w 携帯湯沸かし器 キャンプ アウトドアー コーヒヒーター トラベルコイルヒーター 携帯湯沸し棒 湯沸しヒーター バックパッカー

  • 中国製 小型コーヒーヒーター 携帯湯沸かし器 220V 600W
  • 100VにもOK但し10~20分で沸く
  • トラベルコイルヒーター 携帯湯沸し棒 湯沸しヒーター
  • 車の中で キャンプ場で ホテルで ご使用いただけます。

ベスト 海外 旅行用 220v 600w 携帯湯沸かし器 キャンプ アウトドアー コーヒヒーター トラベルコイルヒーター 携帯湯沸し棒 湯沸しヒーター バックパッカー 買い取り