ティファール(T-fal) T-fal 電気ケトル アプレシア メタリック ノワール 0 – クリスマスに

ずっとほしくて、やっと購入。一人分のお湯を沸かすのに、大きなヤカンで、換気扇をまわして、それにエネルギー(お金)がかかっているのが解消。早く湧きます。しかし、お茶やコーヒーの味と香りが悪くなるのは、最大の誤算でした。底はステンレスですが、内部がプラスチックのせいだと思われます。大変後悔しています。.

ねだられて買いましたが、やはりメタリックはプラスチックよりもへたれにくいので長く使えそうですし、傷を気にせずに洗えます。1リットルよりも新しい型なので、注ぎ口の蓋などはこちらの方が機能的です。あまり大量に沸かすでもないので、電気ポットはしまっていましたが、ガスでは沸いたか確認していなくてはならず、これが一番使いやすいです。海外ではホテルなどにも当たり前にあるらしく、どうして日本にないのかと言われていましたが、やっと普及してきたようですね。.

プラスチック臭が嫌だったので、少し高いがメタリックを買いました。しかし内部はカフェオレタイプと同じでプラスチックでした。価格差があるから内部もステンレスのメタリックだと思って買ったのがまずいのでしょうか?。コンパクトで扱い易い点には満足なので、まいっかです。.

ティファールのアプレシア(0. 8l)のカフェオレを2年程使用してきました。使用頻度としては、朝昼晩の食事の時とお茶を飲む際に300ccの湯量を一日4回〜8回沸かしていました。一日2l〜3l弱の飲料水を沸かしていました。そしたら、湯量窓の端から1ミリ離れたところに湯量窓の左右の縦の端のラインに添うように、本体に4〜5センチのひび割れのような線が左右それぞれに1本づつ、計2本の亀裂ができていました。湯量窓と本体の接着部分が2重構造のようになっているので表面はひび割れのような線が入っていますが、今のところ水漏れは、していませんので、まだ使用を続けています。湯量窓は2つありますが、亀裂ができたのは、今のところ片側の湯量窓だけです。2本の亀裂は両方とも湯量窓の0. 8lラインの2センチ上から0. 5lラインにかけてできました。我が家では、常に、お湯を沸かす時は、300cc〜400cc位の少ない水量でした。少ない水量で使用を続けたのが原因かもしれないと想像しています。ただ、83歳の母にとっては、アプレシアが一番のようです。湯量窓がないと水がどのくらい入っているか、わかりにくいそうです。窓がなくて内側がステンレスだと水位が見ずらいようです。窓が無かったら、必要量の水をコップやお碗等に入れて、水を測っていれないといけないので面倒と考えているようです。また、スイッチも上についていて便利で明かりがつくのが、とてもわかりやすくて良いそうです。その都度沸かすので1lだと大きいし、重いようです。毎日使うものなので、何より軽いのが一番のようです。少し重くなるけれど、アプレシアのメタリックにしようかと説明していますが、母は、まだカフェオレのほうが良いようなので、亀裂から水漏れするまで使い続けるようです。ただ、我が家のような使い方をしていると同じような問題が生じる可能性がぬぐえないので☆2つにしました。.

保温機能付きのポットは、ランニングコスト(電気代)が掛かるので、必要な時に必要な分を沸かせる、この電気ケトルで十分です。しかも沸かす時間はそんなに掛かりませんし。.

気になったプラスチック臭は全然感じませんでした(個人差?)思った以上に沸かせます(^^)もっと前に知ってたらポット買わなかったのにぃ〜ってカンジです。絶対絶対オススメです☆☆.

朝の余裕がないときでも、スイッチをポンと入れておけば、お湯が沸いたら自動的に切れて安全だし、手間も省けてすごく嬉しい。とても、気に入りました。ただ、皆さんが言われるとおり、水のにおいが少し変わる気がします・・・。気にしなければ、気にならない程度ですが。朝の忙しい人にオススメだと思います。.

毎日使っています。毎朝二人分の緑茶をいれるますが、0. 5L弱(このポットの許容量の半分)のお湯を沸かすだけで十分です。沸くまでにはわずかな時間しかかかりませんし、注ぎ口にフタがついているので衛生的。また、マンションの狭いキッチンのガス台からケトルがなくなったことで、すっきりと過ごせて大満足です。.

利点と欠点

メリット

  • 短時間でお湯ができる。
  • これで十分です
  • とても良いです

デメリット

評判が良いので購入しましたが、プラスチックの臭いと味が水に付いて使えません。臭いだけならいいのですが、水自体の味まで変わってしまいます。しばらく使えば、プラスチック味が薄れていくのか心配です・・・。.

沸かす量も多すぎず、少なすぎず。メタリックというのも汚れが気にならず。もっと早く購入しておけばよかったと思いました。我が家では届いた日から活躍しています。.

一人暮らしで、購入しましたが、使いやすくで毎日使ってます。一番心配だったプラスチック臭ですが、全然気になりません。ただ、一番最初に洗浄の意味で沸かしたあと1時間以上放置しておいたら、お湯にすごいプラスチック臭がつきました。ただ、飲む分だけ沸かして、沸いたらすぐにカップなどに注ぐと、全然プラスチック臭がつかないみたいです。保温性も高いようですが、沸かしたらすぐにお湯を使用するのが良さそうです。デザインもすごく好みで基本的に大満足です。.

アプレシアのシリーズの中でもメタリックな雰囲気を求めて購入。お湯の沸くスピードなど機能面ではまったく問題なし。0.8lは一人分のお茶のみには問題なく満足。好みとは思うが、プラスチックぽいミモザなどよりメタリックの方が汚れがめだたないのでは?.

各色のどれにしようか悩みに悩んだすえ、メタリックにしました。ここで画像だけ眺めているととてもゴツい感じがするのですが、考えてみたら我が家のキッチンはシンクや天板などがステンレス製。実際キッチンに置いてみたら、むしろ保護色のようになじんでいます。私はキッチンでしか使わないので、メタリックで正解でした。お湯が沸くまでの時間は本当に短いです。説明書によると内部からの蒸気量を感知してスイッチが切れるしくみだそうで、そのため「もう沸いてるな」と自分では思っても、一定量の蒸気が出るまで沸かし続けます。ゴボゴボグツグツという沸騰の音がすごいですね。あんな沸騰ぶりは、理科の実験でビーカー内の水を熱した時以来かも(笑)自動でスイッチが切れるのを待たなくても、充分沸騰したお湯になります。他の色や機種のレビューでは「持つと熱い」というご意見をよく見かけますが、この商品はポットではなく、電気ケトル=やかんです。やかんってのは沸かしている間は熱いものですよね。(・_・) 火を使わずに沸かせる点だけが、普通のやかんよりは安全なのだと思います。持ち手と底の部分は熱くなりません。(*^-^*)プラスチック臭はレビューでもかなり重要視されていたので、はじめから覚悟して(においがあるもんだと意識しながら)使い始めました。確かにはじめの3、4回は匂ったかな? 沸かしてお湯を捨てるのを何度かやってから、飲用に使いました。今は全然気になりません。.

ネット販売ではよく知ることができない、「プラスチック臭」「重さ」「細かな部品」などをあまり気にしないなら、絶対にお勧めです。私も色々な方のレビューを見て参考にしましたが、結局はその人が使ってみないと分かりません。私が住んでいる地域は水は非常においしいほうで、このケトルで沸かすことでどれくらい質が落ちるのかは心配しましたが、よほど水質に敏感な人でない限り、通常の使用では何の問題もないと思います。お湯が沸く速さには驚くばかりで、この便利さは手放せません。.

大きさも二人暮らしにちょうどよく、デザインもかわいいし、お湯もあっという間に沸くので、とても便利です。購入してよかったです♪.

使い始めて半年ですが、コーヒー一杯分入れたり、料理の時にちょっとお湯を足したりと役立っています。購入前は、色々な所で書かれている”プラスチック臭”が不安でしたが、幸い、気になったことはありません。ただし、使い始める前に、お湯を沸かしては捨てるということを、数回やりました。取っ手の持ちやすさですが沢山入れると持ちにくいのかもしれませんが、一〜二杯分だったら気になりません。むしろペーパードリップにチョロチョロ注ぎも器用にこなせます。気になるとしたら、最近、蓋の近くに白い粉のようなものが付きだしたことです。イギリスとかだとヤカンの中に白い石灰カスが沢山付くじゃないですか?まさかあれじゃないと思うんですが何なんでしょうか?値段も手頃だし、使い勝手も良いので一人暮らしには重宝だと思います。.

T-falのジャスティンを使っており大変満足しているので買い足しました。しかし、同じメーカーとは思えないほど使い勝手が悪いです。あくまでジャスティンとの比較ですが、こんなところです。(1)臭いがつく他の方のレビュー通り、プラスチック臭がつきます。原因はフタと注ぎ口のカバーのようです。オール樹脂のジャスティンでは臭いがつくことはありませんでした。(2)フタが開けにくいジャスティンはバネで90度までカパっと開いてくれます。アプレシアはバネがないばかりか、45度あたりで一旦止まるので、手がすべるとストンと閉まってしまいます。引き手が浅くて指をかけにくいこともあり、ちょっとしたことですが、結構ストレスになります。(3)注ぎ口カバーが逆効果注ぎ口カバーは臭いの原因にもなっていますが、水切れが悪くなるためボディや台にお湯が垂れます。かといって取り外し式でもありません。どっちにしろ注ぎ口にはネットがついているので、無意味な感じがします。(4)台への収まりが悪いジャスティンの場合、台の端子が上細りの筒になっているので、ケトルを置くときにも吸い付くようにスパッとハマッてくれます。アプレシアでは端子が寸胴形で遊びも少ないらしく、位置がピタリ合わないとハマッてくれません。たいていは、2〜3度トライしてやっとハマる状態で、これもちょっとしたストレスになります。(5)スイッチが逆ジャスティンでは取っ手側(通常は手前になると思いますが)を押すとonになるのに対し、アプレシアでは奥を押すとonになります。慣れの問題もあるでしょうが、offスイッチを押す場合は限られていることを考えると、操作しやすい位置とはいえません。結論としては、どうしてもこのデザインが欲しいというのでなければ、おすすめはできません。こちらの方が古いモデルなのかもしれませんが、同じメーカーにしては仕様が(悪い方向に)違いすぎていて、コピー商品を買わされたような気分でひどくがっかりしています。.

特徴 T-fal 電気ケトル アプレシア メタリック ノワール 0.8L BI802522

  • ※初めてケトルを使用する際は、最初の2-3回は念のためにすすいでからご使用ください
  • サイズ: 幅220×奥行150×高さ180mm(電源プレート含む)
  • 重量: 950g(電源プレート含む)
  • 容量: 0.8L
  • 定格消費電力: 1250W
  • 電源: 100V 50/60Hz
  • コードの長さ: 1.3m

カラフルは色合いの中から高級感のあるメタリックを選びました。ホワイトに比べるとお手入れが楽だと思います。CM通りすぐにお湯が沸く、時間の無い時などは便利な一品です。カップ麺にも使える位の高温でヤカンをわざわざ出す必要もありません。ただ、水の臭いについてですがレビューされています通り意識すればやはりプラスティックの臭いがする?!水質が直接変わるようなことは無いと思われますが・・・・.

だいぶ前に購入しましたが、ずっと使えています。外側の金属の所が熱くなるので、プラスチックのものよりは注意が必要ですが、一度も火傷したことはありません。.

始めに購入したのが、こちらの商品でした。プラッシックの臭いが気になるのではと思いステンレスのこのタイプを購入しました。何故買い換えたか忘れましたが、3~4年は使いました。プラッスチクタイプより見た目はいいので、気にする方はこちらを購入した方がいいと思います。今ではプラッチックのタイプをの物を使っていますが、特に臭いも気になりません。.

数年使用していますが、劣化もなくバリバリ現役です。ちょっとした湯沸し使用には最適だと思います。.

お湯を飲みたい分だけ短時間で沸かすことができ とても気に入って使っています。.

ベスト T-fal 電気ケトル アプレシア メタリック ノワール 0.8L BI802522 買い取り