ティファール(T-fal) ティファール(t-Fal) 電気ケトル 1 – プレゼントですが。

以前、同じティファールのケトルを使用していましたが取っ手にスイッチがあり、頻繁にスイッチが途中で切れてしまってお湯が沸かなくてイライラしていましたので、今回のタイプを購入しました。買って正解でした。第一にスイッチが途中で切れない。これだけで購入した値がありました。お湯の量も1ℓなので、コーヒーを淹れるのに3杯は使えます。気をつけるのは、取っ手以外の箇所がかなり熱いですので火傷にっは気をつけて下さい。ワインレッドのカラーでインテリアにも最適です。是非ティファールのケトルはこちらをお勧めいたします。.

プレゼントにしたので、使用感は聞いた話になりますが、前に使っていたティファールの物と同じくらいの使い易さだと。ただし、プラスチック臭?がなかなか取れないとも言ってました。.

近くの、ヤマダ電機では、展示品があるのに、在庫無し!ケーズでは、展示もなく!蓋の明け閉めが便利と、間口が大きい(洗い易さ)で選びました。もしやと思いアマゾンで見つかり、値段もお手頃で、色を選べないことがちょっと残念ですが、使い勝手は良いてす!.

本体はメタリックのワインレッドで黒色とのコントラストも美しく、側面のロゴもブロンズ調の光沢プレートになっていて高級感があります。末広がりの形状で安定感があり、押し下げるタイプの大きな電源スイッチも扱い易く便利です。また、電源コードの巻取り部分にはツメが付いているので、掃除などの為にプレートを持ち上げてもコードが緩んで脱落してしまう事がありません。電源プレートを含む重量は1,000gとの事ですが、ケトル本体は約760gです。これは個体差かも知れませんが、沸騰時に本体との隙間から僅かに蒸気が漏れて蓋が濡れる点だけが玉に瑕です。.

一人住まいの友人に頼まれてプレゼントしました。必要な量のお湯を沸かすのに速くて最適だと喜んでもらえました。.

【アプレシア エージー・プラス コントロール 0. 8lとの比較】まず、定格容量が違います。当製品は、1リットルなので、多く入ります。一方、温度調整機能は当製品にはありません。アプレシアコントロールは温度調整機能があります。しかし、お茶やコーヒーに最適な温度云々といいますが、それでつくられるお茶やコーヒーはインスタントでしょうか。インスタントコーヒーで最適な温度で入れて何の意味があるのでしょうか。そのような人は、容量が多く入るこちらの方がいいです。唯一効果があるとすれば、幼児のミルクをつくるときくらいでしょうか。コントロールの現在の実勢価格は8000円台ですので、この機能をつけるために追加で資金投入する価値は私には見出せませんでしたので、当製品を買いました。【総評】この製品はデザインがいいです。毎日使うものなので、デザインは重要だと思います。ただそれを犠牲にして、側面がけっこうな高音になりますので、火傷に注意する必要があります。その点はご留意して購入するといいと思います。.

長年使っていたティファールが壊れ購入しました。使いかっても良いですししっかりとしていて使いやすいです。.

色が気に入って買ったようなものなので、実物見てもやっぱり満足。今まで使っていたのが10年ほど前のものなので、それに比べると沸くのも早くて素晴らしい。.

利点と欠点

メリット

  • スイッチが切れない!!
  • 使い勝手
  • プレゼントですが。

デメリット

ベスト ティファール(t-Fal) 電気ケトル 1.0l ワインレッドメゾン Ki271fjp レビュー