ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels) Zwilling ツヴィリング 「マルキナ フライパン 26cm」 アルミ フッ素 66309-266 – いいフライパン

ドイツの会社が販売するイタリア製のフライパンです。アルミといっても結構ずっしりしています。最近流行りの軽量フライパンを普段使っているせいもあってかなり重みを感じます。そのかわり、厚み(底厚約5. 0mm)はやコーティングは見た感じかなりしっかりしていまして長くお付き合いできそうに感じます。「4層 デュラスライド グラナイト コーティング):チタンプラズマコーティングと3層フッ素コーティングが複雑に入り組んだノンスティックコーティングで、耐久性・耐摩耗性パフォーマンスは従来のフッ素コーティングの約2倍」といううたい文句を信じるのであれば、コーティングの耐久性も期待できそうです。取っ手のわずかなカーブがかなり手に持ちやすく感じされまして、この部分は大変好印象です。IHには対応していませんのでご注意ください。.

まずはバターでオムレツ。中火以下で調理せよとのことなので、なかなかフライパンが温まらず。バターがようやく溶けたところで卵投入、大きく何回か混ぜて、まとめる、、、良い感じに半熟のオムレツが作れました。するりと皿に滑らせて乗せられる。そのあとで油を足してレンコンとベーコン炒め。これも、レンコンに良い感じに火が通り、ほっくり炒めることが出来ました。一旦温まるとなかなか温度が下がらないようで、中火での調理でも大丈夫でした。また、同サイズの鉄のフライパンを愛用していますが、それに比べれば重くはありません。返しもできましたよ。多重構造のフライパンはたいてい重いですよね。ちょっと気に入らないのは、深さがなくてやや浅いことです。.

黒ベースにドット柄がスタイリッシュなアルミのフライパン。調理面にはフッ素樹脂加工がされていて、玉子焼きや焼肉等でも焦げずに調理ができます。また、一般的なフライパンよりハンドルが長いのが特徴で、洗う際に場所を取る反面、拳を使った「返し」がしやすいため使いやすいです。コーティング保護のため中火までの推奨利用ですので、強火が必要な料理には向いていませんが、熱伝導率が高いので不便なく使えています。この他、アルミボディのフライパンとしては、特に軽量という印象はありませんが、男性なら問題なく取り回しできると思います(女性にはちょっと重いかも…)。ただ食洗機で使えるのはとても助かっています。.

 同じようなアルミ合金アイリスオーヤマの28cmブラックダイヤモンド加工フライパン(ih対応)が1. 04kgなので、こちらの製品の方が重いです。でも軽いからいいわけではなく、このサイズで1kgチョイ越えは使いやすいです。ツヴィリンク・ヘンケルスという世界のブランドの自信作で価格もなかなかなものだけに期待を持って我がキッチンに迎えました。表面加工のデュラスライド、スプラッシュドットと書いてある新しいフッ素加工技術。冒頭のブラックダイヤモンド加工もフッ素加工ですし、テフロン加工もフッ素加工草分けのデュポン社の技術。各社切磋琢磨して最新技術はかなりの精度です。でも高温字の摩擦に弱いとか変わりませんから、取説でしっかり読まないと、せっかくの加工寿命が縮みます。 実際に調理してみますと、クオリティの高いフライパンだとおもいました。ガス調理専用で、高温調理にも大丈夫そうです。さっくり野菜炒めよりもふんわりオムレツのようなものが得意そうです。でも流行りの低温調理法なら得意ですかね。同社のキッチンバサミとともにいい相棒が出来ました。.

使い始めて一月ほど。焦げ付きもなくとても使いやすい。.

まずすごく重いです。いま使用しているティファールが27cmで880g、これが26cmで1200gですが持った感じは倍くらい重く感じます。男性の私でも重く感じるので女性だと尚更ではないでしょうか。あとフライパンの中でも浅めの作りで、振って混ぜるなどがし辛い。正直あまり気に入りませんでした。.

作りがしっかりしており非常に丈夫です。本体に厚さがあり、熱も均一に伝わっている様です。他の製品に比べ底の曲がりが緩やかで若干浅い感じがしますが使っていくと慣れて来ました。ちょっと重いのが残念かな。.

いま自宅で使っている同径の他社製品より若干重いです。使いやすいかどうかは、個人の好みと調理の仕方次第でしょうか。個人的には、むしろコンロにかけるときの安定性が増したようで、好ましく思えました。野菜炒めや餃子の調理を試してみましたが、火の通りもよく、こびりつかないので洗うのも簡単でした。.

利点と欠点

メリット

  • いいフライパン
  • フライ返しが超簡単なフライパン。コーティング系が苦手な方にもお勧めです。
  • するするオムレツ、美味しく作れました

デメリット

26cmの中では重いほうかな?逆に、この程度の重さがあった方が、男が料理する上では扱いやすい気がする。アルミのボディは熱伝導率が高いのが良い。コーティングの効果もあって、食材の滑りも良いです。.

当方普段はスキレットやダッジオーブン、中華鍋を使用しています。コーティング系の鍋はすこぶる苦手です。女性の考え方に従うと「後片付けが簡単な調理器具が最高!」となります。異論は少ないかと思います。zwilling j. Henckels agのサイトのマルキナフライパンの商品情報を見ると、•4層 duraslide granite (4層 デュラスライド グラナイト コーティング):チタンプラズマコーティングと3層フッ素コーティングが複雑に入り組 んだノンスティックコーティングで、耐久性・耐摩耗性パフォーマンスは従来のフッ素コーティングの約2倍(ツヴィリング調べ)。•材質:ボディ・底、アルミニウム、アルミ合金、ステンレス鋼(底厚約5. 0mm)/ハンドル、フェノール樹脂とあります。4層?デュラスライドグラナイト??? もはや、コーティング技術は私の理解できない領域へと行ってしまっているようです. 鉄鍋・鋳物鍋が好きな当方としてはどうでもいい情報だったのですが、一応技術情報は確認。「耐久性・耐摩耗性パフォーマンスは従来のフッ素コーティングの約2倍」との事。これは使ってみないと、という事で約1ヶ月使用してみました。強火で使用しない方が良いのはコーティング鍋の常識ですが、子供たちも調理を行うためいちいち火力管理などとてもできるものではありません。ちょうど良いので、強火での使用など荒っぽく使ってみたレビューです。ご参考になれば。結論としては、強火でウィンナーを痛めるなど、調理素材の火の通りよりも鍋の温度が上がりやすい少々な乱雑な使用でも、特に不具合は今のところありません。耐熱性に関してはかなり強いのではないかと感じます。金属ヘラなどの物理的なショックには当然弱いですが、目に見える細かい傷が付いた状態でも調理素材が引っ付いたりすることもなくスルスルと炒める事が出来ています。鍋形状に起因する部分が大きいとは思いますが、特筆すべきは、フライ返しの容易さ。コーティングによる滑り効果も手伝いまるで調理師の様に鍋を振って調理素材を裏返すことができます。ウィークポイントとしてはハンドル部分の耐熱性がやや弱い印象である事。ガステーブルで調理中、鍋直径より火が大きく広がってしまいハンドルが直火にさらされたようで少し溶けている箇所が見られます。これについては「ihには非対応」との事で、当然ガステーブルでの使用が中心になると思いますが、耐熱性にはもうちょっとこだわっていただきたい部分ではあります。ただ、溶けている部分が直接ハンドルの寿命減につながるがどうかは現時点では確認できませんので、追って耐久性について確認したいと思います。いずれにせよ、ササッと炒め物を作ったり、弱火でじっくりオムレツを作るなど、非常に使い勝手の良いフライパンといった印象です。大人数分の調理などはそのサイズ故に少々難ありですが、2~3人分の調理や何度かに分けての調理では、コーティング性能の良さも手伝って非常に素早く且つ手返し良く行うことが可能です。コーティング系の鍋が苦手な方にもちょっとおススメしたくなるフライパンです。.

ずっしりと重量感のあるフライパンですが、重さはあまり気になりません。フッ素加工技術のせいなのでしょうか、コーティング技術のせいなのでしょうか、滑りがよく炒め物をしていてもスムーズです。洗った際にも一般的なフライパンと比べて世誤差があっさりときれいに落ちます。なお、国産でないでいか、フタがないのがちょっと残念です。蒸し焼きにしたりするにはフタが必要です。我が家にある26センチの国産フライパン用のフタではサイズが合わないようで、その点がちょっと残念でした。.

ベスト Zwilling ツヴィリング 「マルキナ フライパン 26cm」 アルミ フッ素 66309-266 買い取り