ダイニチ(Dainichi) ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Rxシリーズ Hd-Rx511-T プレミアムブラウン – 静か、デザイン性◎、シンプル

寝室においてますが、音もさほどきにせずにつけています。水も1日一回程度ですが、容量が大きいため、伸縮型水道口なので大丈夫ですが、固定式の水道口では厳しいのでは?と思っちゃいます。15畳程度のld+和室ですが、問題なく使用しています。.

リビングと寝室のために、大小、2つ購入しました。そして2シーズンが経過しましたが、問題なく過不足なく使える良品だと思っています。2カ月に一回ぐらいフィルターなどのお手入れをして(説明書では毎月が推奨ですが)、冬場はほぼ毎日使っていたものの、変なニオイもせず快適に使えています。また、どデカい観葉植物が部屋にあるのですが、冬も加湿器のおかげで快適そうにしています。.

3年くらいほぼ毎日使っていますが、全く問題ありません。評判以上に良い製品だと思います。.

デザインはシンプルで、ブラウンにまとめている部屋には非常にマッチします。1万円でこのデザインと性能であれば非常に満足がいきます。給水も簡単で、加湿機能についても非常に満足のいくものでした。.

12畳のリビングで使用。目標湿度を60%に設定。帰宅直後など、早く加湿したいときは「標準」モードtvを見るときなどは「静音」モードで使用静音モードの静かさはすごいです。それなのに充分に加湿される。メンテナンスは、1週間に1回、吸気フィルターのホコリを掃除機で除去。2週間に1回、バケツに40度位のお湯をはってクエン酸を振りかけて放置。たまに、マジックリンで漬け起き1時間(カビの臭いがきれいに取れます。)水の容量が多いので、12畳で使ってますと、補充はそれほど頻繁には感じません。いいものだなあとしみじみ感じます。.

見た目のスタイリッシュさ、直線的な感じが気に入って購入しました。仕事に行っている日中以外は、ずっと稼働させていますが、一日1回の給水でいいので助かっています。(1人住まいです)。乾燥がキツイ時は、正直もの足りなさを感じるときもあります。気化式加湿器の宿命ですが、寒い日には冷たい風が堪えます。機能的には「一般的な加湿器」だと思います。ただ、私にとっては心地よい佇まいでしたので、正解だったと思います。.

とにかく動きますから、この値段でも仕方ないです。受け皿などは自身で洗わないと汚れがひどくて使えません。またフィルターは絶対に新品と交換が必要です。あと思ったより大きいです、狭い部屋ではやめたほうが良いと思います、存在感が半端ない(笑).

約2年前に買ったs社の加湿器が不調になり(水漏れ)修理依頼したところ、1万円以上修理代がかかる とのことで、s社から決別、ダイニチの加湿器にしました。3年保証がついているのが1番いい.

利点と欠点

メリット

  • 中古ですから・・・
  • 毎日使っています。
  • 静か、デザイン性◎、シンプル

デメリット

シンプルなデザインと高い性能を求め、この商品に出会いました。部屋湿度が分かるようになっていて良いと思います。性能は期待通りです。懸念点は、若干音が気になる所でしょうか。あとハイブリッドというランプがありますが、これはもともと商品が自動でハイブリッド設定をするので、はっきり言って必要ない表示だと思います。こういう余計なものはこのデザインのコンセプトにそぐわないと思います。.

特徴 ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Rxシリーズ Hd-Rx511-T プレミアムブラウン

  • サイズ:高さ375×幅375×奥行175mm
  • 本体質量:約4.5kg(電源コード含む)
  • 素材:プラスチック
  • 原産国:日本
  • 電源:単相100V (50/60Hz)
  • 消費電力(標準):173/173W
  • タンク容量:5.0L
  • 適用床面積:木造和室 8.5畳(14㎡)まで、プレハブ洋室 14畳(23㎡)まで
  • 加湿量(標準):500mL/h

ベスト ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Rxシリーズ Hd-Rx511-T プレミアムブラウン 買い取り