ダイニチ(Dainichi) ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Hdシリーズ ラベンダー Hd-500d-V – 加湿器の使用結果

霧や煙は立ち上がらず、音も静かで振動もまったくなく、作動しているかどうか逆に不安になります。ただ、上から覗くとドラム式のファンが一生懸命回って空気を送り出しているのが見えますので、安心してください。こんなに静かなのに、タンクの水はぐんぐん減ってきます。相当効率の良い加湿器だと思います。吹き出し口を覗き込むと、湿った空気が顔に当たりますが、ずっと浴びていても顔が濡れる事はありません。このほどほどの感じは爽やかでいいですね。湿度が低い時はヒーターで温めてパワーをあげているようですが、排出される空気は暖かくはなく、逆に気化熱のせいで少し冷たいです。ヒーターの作動は湿度によって自動で切り替わりますが、エコモードで強制的に切ることもできます。さらにタイマーも付いているので、必要以上の電力消費をコントロールして抑えることができます。タンクはちょっと大きめで、水を入れるには蛇口の高さが必要です。測ったら31センチ位ありました。フィルターは1シーズンで交換する仕様ですが、一ケ月に1回クエン酸洗浄し続ければ、しない時より5倍長持ちして5シーズン持つそうです。ですが、フィルターはアマゾンで1,500円位なので、毎年買い換えたほうが楽かもしれませんね。フィルター交換は、タンクを抜いた状態で横から引き出すだけなので、結構簡単です。どこかに固定されているわけではなく、ただ引き出しの水たまりに浸っているだけです。最近は「かっこいい」や「かわいい」の方向に行きがちな「デザイン重視」の加湿器が多く見られますが、こいつは『加湿』の機能に真面目に取り組んだ、誠実で正直な加湿器だと思いました。.

掃除がしやすいです。音も静で良いです。ただ、持ちにくいです。.

4年程使用した、加熱式加湿器が故障した為に、当該品を購入。アマゾンの口コミを丹念に読みハイブリッドとの事で値段は多少高いと思ったが、購入し使用中。日常の維持管理に必要な部品も同時に購入したが点検し易さを含めて大正解でした。運転中も超音波式、加熱式に見られる霧状の水蒸気煙が見えず、稼働中か否か心配でしたが、大型水タンクの水も確実に消費され、湿度計はシッカリと効果を表示しました。.

本当に加湿してるのかわからないくらい静かで、煙もないので 湿度計で確認してみたら、間違いないです.

最近はコンパクトでおしゃれな加湿器が増えていますが、シンプルなデザインでそれなりの大きさがあり、加湿能力に期待できます。音も静かで寝室に置いても睡眠を妨げません。現在の湿度は吸気グリルの上にあるセンサーの湿度を示す「現在湿度」表示の湿度で確認できますが、近くに置いたデジタル時計の湿度計と数値にかなり差があります。使用時の設定湿度は「現在湿度」だけでなく、その他の湿度計や体感を基準にして設定した方がよいかもしれません。タンクは容量を重視したためか、タンクそのものにつかむことが出来るようなくびれががありません。くびれがあった方が給水時の扱いが楽だと思います。使って3回目くらいで「お手入れ」ランプが点灯しました。吸気グリルを見てもホコリがたまっているはずもなく、ちょっと不思議な現象でした。.

利点と欠点

メリット

  • 誠実、真面目、正直
  • 良い
  • 加湿器の使用結果

デメリット

特徴 ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Hdシリーズ ラベンダー Hd-500d-V

  • サイズ:高さ375×幅375×奥行190mm
  • 本体重量:約4.5kg
  • 電源:単相100V 50/60Hz
  • 消費電力(最大):〔標準〕163W、〔eco〕11/12W、〔静音〕161W
  • 付属品:取扱説明書
  • 適用床面積:〔木造和室〕8.5畳(14㎡)まで、〔プレハブ洋室〕14畳(23㎡)まで
  • タンク容量:4.0L
  • 加湿量(最大):〔標準〕500mL/h、〔eco〕365mL/h、〔静音〕375mL/h

メーカーより

拡大表示

拡大表示

ダイニチは加湿パワーと安全性を両立

ハイブリッド式でしっかり加湿

お部屋の湿度に応じて内部のヒーターをON・OFFし、運転の強弱を切り替えます。お部屋の湿度が低きときはハイパワーで一気に加湿します。

選べる湿度設定、自動運転

50%・60%・70%から選べる湿度設定。ボタンひとつでお好みの湿度にキープします。

吹き出し口が熱くならない

熱を持つのは本体内部のヒーターだけで、吹き出し口が熱くなることはありません。小さなお子様のいるご家庭でもご使用いただけます。

「eco」運転時1か月の電気代

常に「気化式」で運転するecoモードなら1か月の電気代が少なくすみます。

加湿パワーのハイブリッド式、経済的なecoモード 両方を兼ね備えたダイニチの加湿器で快適な冬を お過ごしください。

ダイニチハイブリッドは経済的

「気化式」と「温風気化式」を湿度に応じて自動で 切り替えるため、お部屋の湿度が高いときは自動で 運転をセーブし、電気代のムダを抑えます。

ダイニチの加湿器は、「ecoモード」を搭載しており、 常に「気化式」での運転が可能です。

ベスト ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Hdシリーズ ラベンダー Hd-500d-V 買い取り