ダイニチ(Dainichi) ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Hdシリーズ グレー Hd-7015-H – 加湿器としては最高です。

加湿が強くとても良いです。1日経たずに水がなくなるところが残念.

湿度を設定したら後は自動で便利です。あとこまめに手入れしてフィルターはシーズンごとに取り替えたほうがいいですよ。.

静音設計でかつ加湿器としての性能も良いです。この冬場は大活躍しました。.

デザインもシンプルでハイブリッド式が一番効率よく加湿できると聞いたのでこちらを購入しました。乳幼児がいるため冬場は暖房を24時間つけていたので同時に加湿器も24時間給水を繰り返してフル稼働させていました。ところが購入後1ヶ月もしないうちに濡れた雑巾のような匂いと、湿度が40%から上にならない事が続き、説明書を見るとフィルターを清掃する必要があるとの事で説明書通りにクエン酸につけたりワイドマジックリンにつけたりしましたが、ほぼ効果なし。仕方がないのでフィルターを新しく購入しセットすると悪臭もなければ加湿率もグンと上がったので、それ以降はフィルターを買い換えてます。フィルターが1つ500円くらいなら納得できたのですが、1,800円ほどするのでコスパが悪いなーと感じます。.

乾燥している時期にはとても良いと思います。.

加湿器としての性能は良かったのですが、掃除がしにくかったので星3.

利点と欠点

メリット

  • これはお勧めです。
  • 良いです
  • とても良い

デメリット

特徴 ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Hdシリーズ グレー Hd-7015-H

  • サイズ:高さ375×幅375×奥行210mm
  • 電源:単相100V 50/60Hz
  • 消費電力(50/60Hz):〔標準(最大)〕285W、〔eco(最大)〕14/18W、〔静音(最大)〕280W、〔のど・肌(最大)〕285W
  • 保証期間:3年
  • 付属品:取扱説明書兼保証書
  • 適用床面積:〔木造和室〕12畳(20㎡)まで、〔プレハブ洋室〕19畳(32㎡)まで
  • 加湿量(最大):〔標準〕700mL/h、〔eco〕460mL/h、〔静音〕600mL/h、〔のど・肌〕700mL/h
  • 連続加湿時間(室温20℃,湿度30%の場合):〔標準〕6.7h、〔eco〕10.2h、〔静音〕7.8h、〔のど・肌〕6.7h
  • 本体重量(kg):5.3

メーカーより

拡大表示

拡大表示

ダイニチは加湿パワーと安全性を両立

ハイブリッド式でしっかり加湿

お部屋の湿度に応じて内部のヒーターをON・OFFし、運転の強弱を切り替えます。お部屋の湿度が低きときはハイパワーで一気に加湿します。

選べる湿度設定、自動運転

50%・60%・70%から選べる湿度設定。

ボタンひとつでお好みの湿度にキープします。

吹き出し口が熱くならない。

熱を持つのは本体内部のヒーターだけで、

吹き出し口が熱くなることはありません。

小さなお子様のいるご家庭でもお使いいただけます。

拡大表示

拡大表示
「eco」運転時 1か月の電気代
  • 常に「気化式」で運転するecoモードなら 1か月の電気代が少なくすみます。 加湿パワーのハイブリッド式、経済的なecoモード 両方を兼ね備えたダイニチの加湿器で快適な冬を お過ごしください。

ダイニチハイブリッドは経済的

  • 「気化式」と「温風気化式」を湿度に応じて自動で 切り替えるため、お部屋の湿度が高いときは自動で 運転をセーブし、電気代のムダを抑えます。 ダイニチの加湿器は、「ecoモード」を搭載しており、 常に「気化式」での運転が可能です。

ダイニチならではの、使い勝手の良さ

とってがついて、持ち運びが簡単

移動やお掃除の際、本体を持ち上げることが多々あります。ダイニチはとってがついており、片手でラクラク持ち運びができます。

湿度をデジタル表示

現在湿度を1%きざみでデジタル表示します。

お部屋の湿度が上がっていることを目で見て

確認できます。

入/切タイマー搭載

2時間・4時間・6時間・8時間のタイマーを搭載し、お好みのタイミングで自動オン・オフができます。タイマー設定はデジタル表示部に表示されます。

ベスト ダイニチ ハイブリッド式加湿器 Hdシリーズ グレー Hd-7015-H 買い取り