ダイニチ(Dainichi) ダイニチハイブリッド式加湿器 Rxシリーズ プレミアムブラウン Hd-Rx912-T – 使いやすいです

気化式をしばらく使っていましたが、ディスクの水垢がだんだん取れなくなってどうしようもなかったので、またハイブリッド式で、こちらの商品を購入。以前、使っていたハイブリッド式とそれほどの進化は感じられませんが、きっと良くなっているんでしょう。フィルターは5年、と謳われてますがお手入れして、この期間。しかし2週間に一度のお手入れでも結構、水垢が張り付いてます。洗面器からはみ出るのでビニール袋に入れてつけ込んでいます。予備のフィルターも用意しました。タンクはかなり大きいのですが、持ちやすく間口が広いので、楽です。気化式は急激に湿度を上げたくても、上げられませんが、こちらは「のど・肌加湿」にしたり、一定上の湿度になるとハイブリッドから気化式に変わるというのが決め手でした。非常に乾燥した我が家ではほぼハイブリッドで作動してます。リビングでの使用なので、音は許容範囲です。寝室に置くのは少々難があるかも。加湿器は消耗品と割り切った方が良さそうです。.

以前は21畳の洋室でrx-712を利用していました。rx-712はプレハブ洋室19畳までの容量がありますが、なかなか湿度が上がらず省エネ運転になることはありませんでした。せっかくハイブリッド加湿器を購入しても省エネ運転になる割合が少なくては意味がないため、rx-712は知人に譲りrx-912を購入しました。rx-912はプレハブ洋室24畳までの容量がある為か、21畳洋室では設定した湿度をキープすることができ運転モードを確認すると省エネ運転になっている割合が非常に高いです。やはり初期投資の高い加湿器などは、利用してからのランニングコストを考えると部屋の畳数よりも大きいサイズを購入することが必要かもしれません。.

我が家は暖房がエアコンのみで、加湿機能のあるタイプなのですが、給水を行わない方式だから弱いのか、湿度計は常に30%…家で風邪が流行りだして、これはマズいということで取り急ぎ購入しました。加湿力は文句なし30%だった我が家の湿度がしっかり60%越えです。気化方式なので急速には加湿されませんが、吹き出し口から熱い湯気が出たりしないので、つかまり立ちを始めた娘がいる我が家でも安心です。タンクは口が大きく給水が楽。立方体だから支えずに置いて給水できるのも良いですね。湿度表示が目盛り式なので具体的な数値はわかりませんが、別に困ることもないかと思います。四角いブロックを組み合わせたようなデザインは、デザイン家電を除くと極端に不格好な加湿器の中では、なかなか良いと思います。ぱっと見ミシンに見えなくもないですが(笑)うちはフローリングが近い色なのでよく馴染んでます。日本製というのも嬉しいですね。しっかりメンテして長く使いたいです。.

8畳の部屋で使用していますが、エアコンを使用している冬でも十分に対応できます。加湿能力は高いと思います。ただ、タンクが小さく、一晩10時間もたない場合もあるので星4つです。.

加湿機能付き空気清浄機を購入するか迷いましたが、タンク容量の大きいこちらにして正解でした。20畳のリビングで乾燥している日にほぼ1日中付けっ放しでも、タンクの水は無くなりません。しかしタンクを満タンにするとタンクが非常に重たいので、設置する部屋が遠い場合は持ち運びが苦になるかもしれません。.

韓国、中国製を買いたくないのが1番の理由だったのですが、音も静かだし見た目が良いです.

 amazonでの購入ではないのですが、この商品は本当に我が家で大活躍です!加湿能力が高く、暖房をつけていても乾燥で咽喉がいたくなるのを防げています。おかげで、今年は風邪をひいても悪化しませんでした。 加湿器のみをご希望ならおすすめです! 給水タンクが透明なため、水の減りがわかりやすく、1歳4か月の子供が「あ〜!!!」と言って給水タイミングを教えてくれます(^^)マイナスポイントは、説明書に書いてあるフィルターの掃除タイミングが一日6時間使用・・・、我が家ではほぼ1日中使っていますので、1週間に一度は掃除しないと、水臭い臭いがしてきます。まぁ、2時間程度ハイターを溶かしたぬるま湯に漬け置きするだけなので問題はないです。.

到着した日から毎日毎日10時間働いてくれています。床置きのため何度か蹴ってしまいましたが、全く動じず動き続ける頑丈さが非常に気に入りました。音が静かな点もポイント高いです。.

利点と欠点

メリット

  • これ一台でまかなっています。
  • 加湿能力
  • 買って良かった。

デメリット

我が家では温風ヒーターを使用していますので、どうしても部屋の乾燥してしまします。他のメーカーでも良い商品は有りますが、meide in japanに惹かれて購入しました。デザインや機能に不満は全く有りません。大変気に入っています。.

わりあい強力な加湿力があるとおもいます。すぐに水がなくなりますが。☆4っつです。.

三洋製の加湿器cfk-vwx05dは加湿量500ml/hでは26畳程度+吹き抜けで床暖房の我が家では40%を超すのがやっと。本製品は900ml/hなので改善を期待しましたが、45%程度が限界。やはりもっと加湿量の多いモデルにすべきだったかもしれません。とはいえ、1000ml/hを超すのはpanasonicしか作ってないみたいですが。また水がなくなって補給した場合、自動的に再開しない点は不満。こういう細かい配慮は家電メーカーのほうが優れているんでしょうか。2015年3月追記フィルターは5年間使えると有りますが、1日8時間運転、水道水の硬度50mg/lの条件です。我が家の環境では湿度がすぐ下がるので24時間連続運転しており、カルキによるフィルターの目詰りがかなり早く、クエン酸洗浄もしていますが1シーズンに2個フィルターを使うイメージです。(2ヶ月に1回交換)三菱やアイリスオーヤマのようにイオンフィルターでカルキ除去できるとなおいいと思いますが、コスト的には割りきってフィルターを交換するのもいいのかもしれません。まめに交換しないと、30%を維持するのがやっとです。.

給水しやすく、静かですぐに保湿してくれるのでよかったです。つけるとつけないとではやはり違います。.

木造二階建てですが、これ一台で冬場の過乾燥を予防しています。基本的につけっぱなしです。(都度水補充)そのせいか、フィルターは結構汚れますが、クエン酸洗浄である程度綺麗になります。説明書にはこまめに洗えば、5シーズン(一日8時間on想定)いけるようなことが書いてありますが、うちはつけっぱなしのもあって、とても無理です。2シーズン途中で換えました。音についてさすがに設定湿度と現在の湿度の乖離が激しいと結構音がします。乖離がなくなってくると、とても静かです。.

特徴 ダイニチハイブリッド式加湿器 Rxシリーズ プレミアムブラウン Hd-Rx912-T

  • サイズ:高さ375×幅375×奥行210mm
  • 本体重量:5.3㎏
  • 素材:プラスチック
  • 原産国:日本
  • 電源:単相100V (50/60Hz)
  • 消費電力:標準 470/470W、省エネ 14/18W、静音 283/283W、のど・肌 470/470W
  • 保証期間:3年
  • タンク容量:6.3L
  • 適用床面積:木造和室/14.5畳(24㎡)まで、プレハブ洋室/24畳(40㎡)まで
  • 運転モード:標準、省エネ、静音、のど・肌

ベスト ダイニチハイブリッド式加湿器 Rxシリーズ プレミアムブラウン Hd-Rx912-T 買い取り