ダイキン(DAIKIN) Mck55m-W ダイキン 空気清浄機 – いいです。

使用して1ヵ月しますがとても快適です。ニオイセンサーが敏感で、わずかの臭いにも反応してくれます。音はフルパワーで使用するとうるさいですが、通常ならほとんど問題ないレベルです。.

ストーブを炊くため部屋が密閉状態 ハウスダスト除去のため購入 快適に良く取れています。この調子では花粉症時期にも有効と期待しています。.

Acm75タイプと違って湿度がわからない。フィルターが3ヶ月の実質使用で薬品のにおいが部屋中ひろがり、今回交換しましたが今回のはどのくらいまで持つか心配です。10年なんてとてもむりです。.

初孫の為に購入しましたが、今年は花粉も多く、息子の花粉症も家にいると楽のようです。突然に匂いの反応したり、ハウスダストに反応して、大きな音が出ますが、レビューで皆さんが書いておられたので、これかという程度でした。この季節とても安心して生活できているのでこの評価にしました。.

部屋の空気がきれいになったコストパフォーマンスは高いとおもう。オゾン臭がやや気になるイオンの機能がついていたら、なお良い.

使用後、直ぐから喉が痛くなり、我慢して使ったのですが3日と使えなかったです。喉が痛すぎて。止めたら喉は痛くないです。試しに、何回か付けたり止めたりしましたが、付けると必ず喉が痛くなり、付けると我慢できません。なんでですかね。もう、リサイクルショップに出そうと思います。.

 まず、ack55m-wと中身は同じ商品ですので、入手可能なうちは安価な方を店舗販売用の一般品と、通販等の流通コスト面で安くできるものの違いだそうです。自分は失敗しました。 プラズマクラスターとストリーマで悩んでいましたが、実家のエアコンがぴちょんくんだったので、同じダイキンにしてみました。 子供の誕生に伴い、超音波加湿器からの乗り換え購入し、三ヶ月ほど使用後の感想です。 夫婦共に花粉症ではないので、アレルギー面で効果があるのかはわかりませんが、空気清浄の面ではかなり役立っています。 自宅が二重サッシで普段から埃が溜まりやすかったのですが、本機を導入してから一変しました。 ターボにするとさすがにうるさいですが、標準モード、のど・はだモード(加湿)でもそれほど気になりませんし、寝るときは静かモードで付けっぱなしです。 加湿性能は、蒸気が出るタイプではないので見た目で実感ができません。湿ったフィルターを清浄後の空気が通過してくるだけなので、通常時の加湿性能はそれほど高くはないでしょう。 加湿されて出てくる空気がひんやり冷たいので、寒い季節は必然的に暖房と併用になります。加湿機能と相殺して、湿度の上昇率は説明書の想定よりも低下するのでは?と思われます。 難点は、集塵能力がやや馬力不足(もしくは逆に強力過ぎ)で、本機周囲よりも若干離れた位置に埃・塵がうっすら集まります。 どうやら、近くにあるテレビ台下&裏からの吸い寄せてるみたいですので、部屋がキレイであれば、このような事態には陥らないはずです。 まぁ、それぐらい掃除しますが…f(^_^;) 「吸気→送風」による空気の流れができるので、空気中を浮遊してる埃には強いようなのですが、着床・集合してしまい綿埃になってしまうと、それを「グングン吸い上げる」までは無理みたいです。 唯一の難点は、加湿用の給水タンク挿入口が掃除しづらいトコロ。加湿フィルターを水に浸らせる目的と思われますが、給水タンクから出る水の受け皿になる部分に常に一定量の水が残っており、溜まっている水を除去する必要があります。 臭いセンサーの繊細で過敏な反応など、清浄機能はかなり期待でるのでオススメできます。購入前の調査不足でコストが余計にかかりましたが、とても満足いく性能です。.

機能は価格に充分見合っていると思う。何よりデザインが良いです。.

利点と欠点

メリット

  • ハウスダストに最適
  • 概ね
  • いいです。

デメリット

とても良い商品で満足しています。使い出すと切りが無くなるのか、一日中動かしています。しかし、このような器具は、都会などでは必需品ですね。安心して生活ができるようです。.

いつでもつけっぱなしでいます。夫の花粉症が若干良くなったような気がします。.

ネットの評価通りの性能で,ハウスダストの影響が激減しました。.

3年前に他社製の加湿機能付空気清浄機を購入していましたが快適に居間で使用していますが、ペットを飼っているため玄関に小型空気清浄機を設置していましたが、毎月一回のフィルター交換と半年に一回の消耗品の交換費用を考えると機能的で経済的なものにしようと今回ダイキンの製品を選びました機能性と価格が気に入ったので買いました製品コードが通販ショップや量販店など違うようですが製品性能やデザインが違うのでしょうか…疑問が・・・・・・.

**** 消費電力 ****電源off時の待機電力 2. 5wしずか+加湿    9w標準+加湿    17wターボ+加湿   58w*******コンセントをさしているだけで、待機電力を消費するので、それだったら、余分に7w支払ってもいいので、しずかモードでつけっぱなしにしたほうがいいです。●標準+加湿は、ちょうどいいくらいの雑音です。静かすぎるよりも、かえって、勉強の集中力が高まって私にはありがたいです。●ターボ+加湿は、酷くうるさいです。加湿性能 500ml/h を実現するためには、ターボに設定しないといけないのですが、余りにもうるさいので私はほとんど使っていません。標準+加湿の運転ばかりを使っていますが、これで部屋の湿度は70%(部屋の湿度計で測定しました)をキープできています。冬場は寒いので、石油ヒーターと併用しています。空気清浄器で冷たい湿った風を吹き出しつつ、そのとなりの石油ヒーターで部屋をあたためる。何か矛盾しているような気がしますが、合計の電力消費量でいうとこれは十分にお得です。加熱して水蒸気を撒くタイプは電気代がかなり高い割に効果が弱いですからね。「加湿あり空気清浄機+石油ヒーター」この2つのハイブリッドで部屋はぬくぬくです。.

ベスト Mck55m-W ダイキン 空気清浄機 レビュー