タイガー魔法瓶(TIGER) タイガー 電気ケトル 0 – 買い換えてよかった!

安全性や、お手入れのしやすさは凄く良いと思います。ただ、視覚障碍者や、高齢者のことも考え、今後は、お湯が沸騰した時に、電子音での、お知らせ機能を付けていただきたいです炊飯ジャーや、コーヒーメーカーなどは、電子音の機能は可なり付いているようですが、なぜか、電気ケトルは、音が出ない機種が多いようで、とても残念に思っております。.

今まで使っていた象印が壊れたのでこちらを購入してみました。使い勝手は象印の方が良かったかも?慣れでしょうが、内側に水量メモリがあると個人的に良いですね。注ぎ口も上が開いてますので埃が気になりプラスチックの蓋をしてます。.

タイガー 魔法瓶 蒸気レス電気ケトル わく子 800ml レッド pcj-a081-r tigerを以前購入し 良かったので今回こちらを追加購入しました。タイガー 魔法瓶 蒸気レス電気ケトル わく子 800ml レッド pcj-a081-r tigerより進化した点は ふたの締めやすさと、注ぎボタンの空いてるか空いてないかが目で見て赤ラインが出てるので、遠目でも分かりやすいところです。ふたが完全取り外しでき中身の掃除ができやすい(ティファールの定番と比べて)注ぎ口は短いが勢いよく出すぎないので、ドリップ珈琲にも不満なし(注ぎ口の長いドリップしやすい、ラッセルホブスを以前使っていてからの感想)外が熱くならない魔法瓶構造にて 沸騰後の温度がある程度保たれるので、沸かしてからお盆に急須や湯呑みと一緒に乗せ、そのまま食卓テーブルに移動し、暖かいお茶の追加も楽しめる。中の水をそのままにしておくと、汚れがでてくるので、蓋をとり感想させたり、拭き取りをしたり、ひっくり返して水気を抜くようにした方が 衛生的に保てます。.

機能は競合と大きく変わらないのでしょうが、国内メーカーかつ魔法瓶の老舗なので象印から買い替え。周りが熱くならず、保温もある程度期待できるので使い勝手が良いです。.

ひとつ前のわく子さんから買い換えました。デザインがすっきりシンプルになり、マットな質感になりました。蓋が前モデルより小さくなり、電源プレートの底面が滑りにくくなっているのも感激しました。プレートから伸びる電源コードも白に変わっていました。沸かす機能も言うことなしです。もしこのわく子さんが壊れても、またわく子さんを買うと思います。.

あっという間にお湯が沸く。少ない量の水を沸かすには便利。.

全く問題なく使用できます。ティファールのko3901jpより質感が高く気に入っています。大きさはティファールのko3901jpと同等です。.

利点と欠点

メリット

  • 買い換えてよかった!
  • 良い商品だと思います
  • 使いやすい。

デメリット

特徴 タイガー 電気ケトル 0.8l マットホワイトtiger Pcm-A080-Wm

  • 容量:0.8L
  • 湯わかし時の消費電力:1300W
  • 沸とう時間:[カップ1杯(約140mL)]約60秒、[満水]4分(水温・室温23度。通電自動オフするまでの時間)
  • 寸法:約W16.1×H18.5×D21.3cm(本体+電源プレート)
  • 質量:約0.93kg(本体+電源プレート)

ベスト タイガー 電気ケトル 0.8l マットホワイトtiger Pcm-A080-Wm 買い取り