タイガー魔法瓶(TIGER) タイガー 炊飯器 5 – 間違いなく旨くなった。

ずっとこちらの商品が気になっていて、セールで安くなったので購入しました。一番の購入の決め手はこのカラーリング!そして、全体のデザインです。国内の電気メーカーでは中々素敵なデザインに出会えないのですが、この斬新な色使いに心を奪われました。他のかたの意見で書かれていた炊飯中の音の問題も、予想していたよりあまり大きな音でなかったので良かったです。少しかためのお米になる気がします。ひとつひとつ粒が立っているというか…柔らかめが好きなので、その辺は水加減で調節しようと思います。とにかく、キッチンで一際目を引く姿に買って良かったなと満足しています。.

三菱の炊飯器を6年使用していましたが、調子が悪くなり評判のいい本機を購入。ごはんがもちもちになり、明らかにおいしくなりました。極うま>白米>エコ炊きの順でもちもちになるような気がします。但し、炊きたては美味しいのですが、極うま、白米ではお弁当などにすると、もちもち過ぎてごはんが団子のような感じになります。ちょっと、水分が多いような感じでしょうか。吸水してごはんを美味しくしているので、しかたがないのかもしれませんね。お弁当などが多い日は、エコ炊きなど切り替える必要があります。購入後、初めて炊飯して気になったのは、炊いている時の音がうるさいこと。低音なら多少は我慢できるのですが、ファンの高周波がブーンとなってとても不快です。遠くに離れても、高音が頭に響き、聞こえるだけでとても我慢できない不快な音です。極うまなどは、50分も我慢しなければいけませんので苦痛です。改めてレビューを確認すると、他の人も炊いている時の音がうるさいとの不満が多いようです。これは小さいファンを高速で回しているためで、ファン径を大きくして回転数を落としても風量を稼ぐなど、設計時に改善できそうなものですが、炊飯機メーカーではこのような検討は難しいのでしょうか。そこで、対策として炊飯器の下にコルクボードを敷いてみました。コルクボードは100均で購入したもので、厚さ5mmのものです。高音は、炊飯器下に設置されたファンから発せられ、人工大理石のキッチン台に反射して不快な音として感じるようです。コルクボードを設置することによって、高音が吸音され、不快ではなくなるようになりました。最終的にコルクボードを分割して2枚重ねることで厚さ1cmにしました。5mmよりも不快ではなくなりましたので、コルクボードは厚いほうが吸音効果が高いです。炊飯時の音は聞こえますが、大分改善され、これで運用しています。アーバンオレンジは洗礼されたカラーリングですが、意外にかっこいいです。ですが、単体で見た場合です。キッチンに置くと、他の家電が白や銀色なので、やっぱり浮いてしまいますね。我が家では見慣れてきてあまり気にならなくなりました。一人暮らしなど、黒を基調としたキッチンや、おしゃれなデザイナーズキッチンなどには良いのではないでしょうか。本機種はデザインを洗礼したためか、取っ手がありません。このデザインのおかげですっきりし、通常の炊飯器よりもかっこいいです。但し通常は取っ手なんかなくても問題ないのですが、集まりなどで実家や別の家へ持っていくなどのときは両手で抱えないといけないので不便かもしれません。色々と細かい難点があり使いこなしが必要ですが、ご飯はおいしくなったので満足しています。.

斬新なデザインにとても満足しています。これまでの炊飯器は白か茶色の一色でしたが、この斬新な色にはとても満足しています。肝心の炊き具合ですが、今まで使っていた炊飯器(6年前に購入した同じタイガー)よりも格段に美味しくなったという実感はありませんが、値段相応というところでしょうか。.

電気炊飯器はとても上手です、とてもいいです、配達のスピードは速いです。.

5年前の三菱製の圧力炊飯がまに比べると間違いなく旨くなりました。難点を挙げるとすれば、極旨モード用の水量のメモリが白米用のメモリと区別が付かない程度の高さの違いで、戸惑うことです。その差は、殆ど見方によって違う位のものです。.

美味しく炊けます。高齢の母親がコストパフォーマンス的に満足してました。私自身は衛生面からも総体◎ですが、高齢で機械音痴の親には、この位の予約も難しいのだそうです。いま時点で親の★⑤は許してくれません。(たぶん★④が最高です).

色とデザインがいいですが、音がかなりします。 他の製品もそうかもしれませんが。.

デザインに一目惚れして購入しました!機能も充実でお米が美味しく焚けて美味。この価格は信じられないです‼買って良かったです。黒い杓文字がついているので、その変もよかった(^^).

利点と欠点

メリット

  • デザイン重視で
  • いいです。
  • 麦飯もおいしく炊けて、満足!

デメリット

同じタイガー製jku-a(3合炊き)からの乗り換えです。結論から言うと、ご飯がめちゃくちゃもっちり炊けるようになりました!うちではお米は玄米で買ったものを自家製米して炊いております。で、これまで3合炊きのjku-aで3合みっちり炊いていました。味の方はそれはそれで満足していたのですが、やはり容量maxで炊くと若干硬さが残るような?という印象はありました。かと言って水を増やすと少々、ねちょっとした感じに。2合炊いた場合には理想通りに炊けていたのですが、2合では足りないので意味がない……。 というわけで「3合のご飯を美味しく食べるため」に5合炊きのこちら。最初に食べた時、本当に感動しました。いままで食べたことのないようなモチモチ感! 冷めても美味しいしっとり感! こいつはお米の実力を最大限発揮させてくれてる! と、口からビームでも出そうでした。出てたかも。 オレンジ色の筐体も気に入ってます。写真に比べて色味はもうちょいマットなので、そこだけちょっと注意です。炊飯時の音は別に気になるようなレベルではありません。ロットの違いでしょうかね。2017年1月現在、このモデルはもう生産終了品ですが、お手頃の値段で手に入ればとてもオトクな買い物になると思います。.

他の方のレビューにも有りますように炊いている間の音がかなり大きく耳障りです しかも炊きあがりにかなり時間が掛かるので調理中ずーっとうるさいなと思いながら 食事の支度をしなくてはなりません 今まで毎日炊いていましたが 2〜3日おきになってしまいました20年物の三菱製から買い換えました せっかくだからとオシャレな調理製品にしたかったのですが がっかりしています 店で聞いても気にならないとの事でしたが これで気にならないとは一体どのような耳なのかと思います 他社では消音設計のも発売されています 次期製品は是非消音化していただきたい 極うまモードで炊いていますが 期待したほどではなかったです やっぱり米を選ぶことが一番ですね と言うのも田舎から送られたお米を炊いたところものすごく不味かったから炊飯器の寿命かと思い買い換えたのです でもやっぱり不味かったです いつもの米に戻すと普通に美味しかったです それと保温を切った後のご飯が固まってしまうのは圧力が強いからなのでしょうか?ほぐすのが大変です.

今までタイガーのihを使っていましたが、圧力と釜の質の違いによってか、ずっと美味しく炊けます。色合いも、思いの外可愛く、満足しています。.

大変満足しています。炊飯時の音が気になる方もいるみたいですが、自分は全然気になりません。買って正解でした。.

炊飯器は三菱と決めていたのですが現在販売されている三菱炊飯器には圧力ihの物が無いので(全てih)タイガー製を購入。デザインや掃除のし易いさは気に入っています。表示が真上なので見る角度によって液晶が見難い感じはありますが、ずっと見るものではないですし。問題のお米の炊きあがりは◎です。極うま炊きは言う程ではないですが、炊き上がりに問題はないかと。美味しい白米が炊けていると思います。しかし炊飯中の音はやかましいですね。炊飯ボタンを押して、炊き上がる約50分前後、ずーーーーっと「ブフォォォォ」とファンが回っているような耳障りな音がします。幸いと言っていいのか、我が家は夕方6時に炊飯スタートでこの炊飯中に飼い犬の散歩に行くので、あまり音を聞かずにいれますが炊飯中に調理されるご家庭は中々の苦痛ではないでしょうか。それくらいの音です。8年前に購入した前の三菱の超音波圧力ih炊飯器はここまでの音はしなかったんですけどね。タイガー製の炊飯器は音がうるさいのかな….

お米の炊きあがりも秀逸であるが、麦飯もうまく炊けて良い買い物でした。いつもの白から、今回はオレンジのものに冒険。意外とキッチンにも似合っており満足。.

美味しいごはんが食べられます。大満足しています。おすすめです。.

それまで使っていたih圧力炊飯器の蒸気漏れをそのまま使っていたら、いろんな部分が腐食していることに気づいた。パッキンを交換すればとりあえず使えたかもしれないが、蒸気漏れの場所があやしかったので、新しい製品の購入を決心。あまり考えずにデザインを中心に選択してしまったが、炊きあがりも美味しさも問題なし。オレンジ色+黒のデザインはまるでih圧力戦隊炊飯ジャーといったところ。黒い部分もカーボン風の模様が入っており、なかなかカッコイイ。キッチンの雰囲気が変わって、家族の評判も5つ星です。.

十数年使った炊飯器からの買い換えです。炊飯器の時間も短縮できご飯も甘く美味しく炊けるようになりました。ご飯をあまり食べなかった2歳の娘もご飯好きになりました。手入れがひとつ増えましたが気にならないくらいです。いい買い物でした。.


メーカーより

TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」

白米三種炊き

◆エコ炊きメニュー:電気代を賢くおさえながら炊きあげる標準メニュー。吸水時の加熱をおさえ、低めの温度で吸水した後、IHならではの高火力で加熱。沸とうしはじめると火力を弱め、沸とうを維持できる最小限の火力で賢くコントロール。蒸らし工程は、消費電力をおさえて余熱蒸らしで炊きあげる、お米の特性に合わせ、熱を操るタイガーの技術のなせる炊飯メニュー。

◆白米メニュー:昇温時の高火力による連続沸とうで、ごはんのおいしさを引き出すメニュー。水温を上げてしっかり吸水させた後、IHならではの高火力で加熱し、蒸気が出てからも火力を落とさずに高火力で「連続沸とう」。炊き上げ工程では、強めの火力で沸とうを維持しながら、お米に熱と水分を与える。最後は135℃(※135℃・130℃:なべ底の温度)まで加熱して余分な水分を飛ばし、しっかりふっくら炊きあげるタイガー自慢の炊飯メニュー。

◆極うまメニュー:タイガーが考える「おいしいごはん」に必要な甘み、弾力、香り、ねばり、やわらかさなど、すべてを引き出す贅沢なメニュー。白米メニューに比べて2倍の時間をかけて、しっかり吸水してから、高火力で加熱。蒸気が出てからも火力を落とさずに高火力で、より長く「連続沸とう」し、白米メニューより、さらに強めの火力で沸とうを維持しながら、お米に充分な熱と水分を与える。最後は130℃(※ふつうメニューと極うまメニューの比較(n=23)タイガー魔法瓶調べ)まで加熱して余分な水分を飛ばし、しっかりふっくら炊きあげるタイガー自慢の炊飯メニュー。

TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」

多彩な炊き分けメニュー

白米3種炊き以外にも「雑穀米」や「おこげ」「おかゆ」「玄米」「おこわ」など、それぞれのおいしさを引き出した炊き分けメニューが楽しめる。

◆GABA(※)増量メニュー:玄米に含まれている酵素の働きを促すために4~5時間かけて炊飯。通常の玄米よりGABA量が約40%もアップ(タイガー魔法瓶調べ)。もっちりとした食感でさらにおいしく。※GABA(ガンマアミノ酪酸):神経伝達抑制物質であり、神経の高ぶりを抑えて正常な働きに戻す役割があるといわれている。

◆早炊きメニュー:高火力昇温とむらし時間を短縮。おいしく炊き上げます。忙しい日や、あとちょっとだけごはんが欲しいときなど。

◆無洗米メニュー:水かげんや浸水時間を気にせず、白米(エコ炊き・標準・極うま・おこげ)・早炊き・おかゆ・炊込み(標準・おこげ)・雑穀米の8のメニュー

◆雑穀米メニュー:豊富な栄養が手軽に補える人気のメニュー

◆調理メニュー:温度管理に優れたIH炊飯ジャーで火かげんの難しい本格調理も簡単・便利に。専用なべを使うことなく煮込み料理ができる

TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」

TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」

TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」

お米本来の甘みを引き出す「剛火IH」

なべ底温度:135℃で、釜の底と側面から釜全体を強火で包み込んで加熱し、芯からふっくら炊き上げる。

また110~115℃の高温蒸らしで、お米のα化を促進し、本来の甘み(旨み)を引き出す。

熱封土鍋コーティング11層遠赤特厚釜

全面を熱で包み込む内釜+内ぶたに土鍋素材をコーティング。土鍋素材がお米を旨みを引き出す。

麦めしを簡単便利においしく

麦専用計量カップ(三割用・一割用)付き。内がまにも麦めし専用水目盛を採用して簡単便利においしく炊き上げます。

◆着脱式の大型調圧キャップ:お手入れしやすい

◆クリア液晶(オレンジ): 大きな画面でくっきり見やすい、クリア液晶

◆内なべ : 熱風土鍋コーティング、11層遠赤特厚釜、内なべ遠赤、内なべフッ素3年保証、内なべ特厚3mm、内なべとっ手つき、内なべ洗米OK

◆おいしさ : 大型調圧キャップ、内ぶたディンプル加工

◆24時間保温:食べごろ温度より少し低めに保温し、黄ばみパサつきを抑えてつやつやのおいしさを保つ

◆加熱方式 : 剛火IH、可変W圧力IH(4工程)

◆便利・使いやすさ : 24時間保温、予約給水タイマー、光る文字くっきり液晶、炊き上がり予約メモリー2、保温時間経過表示、洗浄コース、お手入れシボフレーム

◆炊き分けメニュー : エコ炊き、白米(おこげ)、極うま、早炊き、無洗米、炊き込み、おこわ、おかゆ、玄米、GABA増量選択、雑穀米、調理コース

TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」 ホワイト 5.5合 JPB-G101-WA TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」 オレンジ 5.5合 JPB-G101-DA TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」 ブラック 5.5合 JPB-G101-KA TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」 ホワイト 1升 JPB-G181-WA TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」 オレンジ 1升 JPB-G181-DA TIGER 圧力IH炊飯ジャー 「炊きたて」 ブラック 1升 JPB-G181-KA
カラー クールホワイト アーバンオレンジ ブルーブラック クールホワイト アーバンオレンジ ブルーブラック
容量 5.5合炊き 5.5合炊き 5.5合炊き 一升 一升 一升
サイズ(約)cm 25.6×30.2×23.1 25.6×30.2×23.1 25.6×30.2×23.1 27.9×32.9×26.2 27.9×32.9×26.2 27.9×32.9×26.2

オレンジ色の炊飯器なんてどうかと若干迷いましたが、購入しました。たまたまなのですが、炊飯器を置く台が黒で付属のしゃもじが黒、本体上部が黒で本体色がオレンジと色が思っていた以上に合い正解でした。オレンジも派手な感じではなく落ち着きがあり個人的にですがかなり気に入りました。キッチン周りが明るくなった感じです。.

以前から永~く使ってたやつより、随分安くなってるのに【極美味】で炊くとはるかに美味しいです♪ただ今時の製品なのか、ちょっと目安っぽく見えますね。。。まだ使い始めて期間が経ってないので丈夫かどうかは分かりません。.

当初はデザイン性とタイガーのブランド力とで購入しました。炊き上がりは十分満足のもので良かったです。炊きあげの音は確かにうるさい。我慢できないほどではないが改良の余地はあるのではと思います。しかし、使用していてもっとも改良が必要だと思ったのは恐らく基盤のメインボードでしょう。購入して補償の切れる11か月と数日経ったところで、どのボタンを押しても全く反応しない、またはたまに反応が悪くなるといった症状が発生。問い合わせて修理に出すこと2週間弱、基盤の故障として保証期間中の適応で修理費無料で戻ってきました。あれから約10ヶ月、最近ピピピーという音で、「err」表示がうち蓋をセットするたび、もしくは上蓋を閉じるたびに発生するようになった。解決方法としてコンセント抜き差しすると一応収まるが面倒なことになっている。ネットで同様の事象を見ると修理に出している方も多いようです。恐らく基盤によるものと思いますが、電子ジャーは一度買えばせめて3~5年位は安定的に活躍してほしいと思う。なのにこのペースで基盤交換とは痛すぎます。修理代はネットユーザーの話で約6,000~7,000円ほど。デザインが素敵だっただけに、品質が二の次、三の次とは残念でならない。.

ベスト タイガー 炊飯器 5.5合 圧力 IH アーバン オレンジ 炊きたて 炊飯 ジャー JPB-G101-DA Tiger レビュー