タイガー魔法瓶(TIGER) タイガー 炊飯器 圧力ih 「炊きたて」 5 – デザインや色がかっこいい

初めて炊いて、食べたたき、思わず主人と顔を見合わせました。「今までのと全然違う、ご飯がこんなにおいしくなるなんて!」絶句です。買い替えにあたり、土鍋タイプは割れやすい、欠けやすいと聞きますので除外しました。洗う時とか気を使いますし、もし割れたら内窯だけで2〜3万しますので。この商品はお値段そこそこ普通〜安め?ですが、味は十分美味しいと思います。これくらいでも十分満足です。象印かタイガーか迷いましたが、以前もタイガーの炊飯器を使っていて別段不満も無かったので、今回もタイガーにしました。一説によると象印のほうがもちもちするという話も聞きますが、どうなんてしょうか。今まで使っていたものは、時間が経つとなんだか臭いが付く気がして買い替えたのですが、完全に壊れたならまだしも、まだ動くのに新しい家電を買い替えるのは私はちょっと抵抗があったのですが、買い替えてみたら大正解。同じお米なのに、こんなにご飯がおいしくなるなんて!毎日使うものですし、食の中心のご飯ですから、もっと早く買えば良かった。(>_.

昨日届いて、早速使ってみた感想を。箱から取り出し、最初の洗浄もそこそこに(笑)「極うま」にて炊飯ボタンon「ぶぉ〜ん」とファンの音が。ん?故障かな?、と一応説明書読み始めると、ファンが廻る旨の記載があり、一安心。でも、ほとんどずっと廻ってました。ヘッドフォンをしてtvを見てましたがファンの音が聞こえ続けて、最後は少しカチカチ聞こえて。静かになったな〜と見てみると、「保温中」になってる!炊けたよアラームみたいなのはないのかな。で、食べた感想は「うまい!」の一言。安いお米ですが、甘みをしっかり感じられ、塩をチラッとかけただけでもおいしい!1万円位のih3合炊きからの大幅グレードアップなので、違いも大きいです。2日目に「ご飯用ジプロック」で冷蔵庫保温しておいたご飯をチンして食べましたが、やや水分が飛び、ほんの少し硬くなってはいるものの、「甘み」は残っていておしかった。少し水をかけてあげればさらに炊きたて時に近づくと思います。「炊き立てなら安い米と炊飯器だって」と思っていましたが、実売4万近くするだけの価値はあるんだなと。残念なのはパソコンのリテールファンが起動時に全開で廻るような音ですが、圧力ジャーってこーゆうもんなんだろう、とも思います。レビューで「慣れる」とも書いてありましたしw。追記炊き上がりのアラームはピー、ピー、、、(8回)鳴ってました。それから白米コースでも炊いてみましたが、やはり「極うま」の方がもっちり感が増し、よりおいしいと思いました。.

ずっと象印派でしたが5年ものの調子が悪くなり、このあたりの価格帯から選びました。高級炊飯器が多い中、それほど期待してはいなかったのですが(すみません!)これがおいしい!! 老母から子どもまで家族も同意見で ずっと極うまモードで炊いています。デザインもすっきりしていますし、お手入れも簡単です。.

デザインとカラーにひかれてどのモデルにしようか悩んでいました。最初は土鍋の方で検討していたのですが、口コミを見て釜のお手入れが大変そうなのと釜で洗米ができないということでこちらの製品にしました。前に使っていたのがアルミ釜のマイコン炊飯ジャーだったので炊きあがりの違いにかなり期待していました。結果。。。予想をはるかに上回り、感動を覚えるくらいお米の味が違って心底買ってよかったと思いました価格は決して安くはないので正直「違いがわからなかったらどうしよう。。。」と少し不安もありましたが、一口食べてその不安はふっとびました(^-^)ちょっと気になったのは使い初め2~3日炊飯中プラスチックっぽい匂いがしたことです。ご飯は匂いはしなかったです。あと圧力をかけている?音が結構します。すぐ慣れますが。それと、保温せずに冷蔵庫で保管しておくとレンジで温めなおして食べる時にお米が固く感じました。私は固めが好きですし、温めなおす時に少し打ち水?すれば解消されるかもしれません。それにしても毎日美味しいご飯が食べられて幸せです。嬉しくて友人知人に言いたくなります。タイガーさんすごい!!!毎日.

8年前から使っている安いジャーに不満はなかったのですがタイムセールの勢いで購入しました。進化した味を楽しみにしましたが、馴れの問題は有るもののびっくりするほど美味しくなるという感じは有りませんでした。比べると炊ける硬さが違い、これが好みなのかです。水やメニューの組み合わせで好みを合わせていくなら故障してなければ前のままでもいいかなって感じです。元々ちょっと高い圧力IHですが、最新機と比べても機能差が殆どないため年度落ちで値段が下がりぎみなので5万まで出したくないけど購入が必要でしたら損はないのかと。.

衝動買いです。数か月前古い炊飯器が故障。不具合を全部修理すると購入価格を上回るので、とりあえず蓋ボタンのみの修理で使っていました。たまたまタイムセールを覗くと、購入候補№1のこの機種が! 故障当時の価格より修理費を足しても安いし、ポイントも付いてる!これは買うしかない。で、使用感ですが、前機種も圧力ih(サンヨー)なので音は気になりません。炊き上がりも極うまのみしか試していませんが、もちもち噛み応えもあり、内蓋の掃除も楽な感じです。デザインもコンパクトで、気に入っています。.

買ってすぐ炊いたが、美味しくない。米のせいかと思い米変えたが美味しく思ったことがない。米は最初は但馬産こしひかり・富山産ミルキーなんとか・新潟産こしひかりと買って炊きましたが前の炊飯器のほうがましです。いったいどうなってるんか分かりません?初期不良でしょうか?どうしたらいいでしょうか?回答をお待ちします。.

大変美味しく御飯が炊き上がり毎日美味しい御飯が食べれてとても満足してます。.

利点と欠点

メリット

  • 期待どおりの商品でした。
  • 美味しくは炊けてたけど
  • 買って正解

デメリット

蓋を開けえると蓋から水がシトシトと垂れ、炊きあがった御飯がベチャベチャになる。購入して1年半で壊れた。.

美味しい!に尽きます。厚釜にしてからご飯が楽しみです。でも、炊き込み音がうるさい。もう少し静かだといいです。.

もちもちした炊き上がりで満足です。圧力ですが炊いている音も余り気になりませんね。.

正直あまり期待せず、ご飯が炊けてくれれば良いくらいで購入したのですが、びっくりするくらいいいです。何がいいかと言うと、細かな配慮が所々ある。例えばご飯がなくなり中の釜を取り出す際、手で持つ部分が熱くないように作られている。中釜の部分もしっかり厚みがあり、とても美味しい炊き上がりになります。久しぶりに買って正解!と思える炊飯器でした。.

新潟のこしひかいりが一層美味しくいただけました。ありがとうございました。.

購入後3か月でボタンが反応せず無償修理。3年半後、また同じ症状で故障。まさかこんな短期間で使い物にならないとは思いもせず有償修理になるなら買い替えしようと決意しました。もうタイガーは買いません。.

炊き上がりは美味しいが炊き上がるまでの音が非常にうるさい。総合的に見て普通。.

以前に使用していた炊飯器が10年目を迎え、新調しようと思いこちらの製品を購入しました。レビューが高かったので、極め炊きにかなり期待していましたが正直、そこまでの感動を味わうことができなかったのが本音です。デザインはよろしいので、星3つです。.

ずっと欲しかった商品だったので期待して購入しました。ふっくらモチモチで美味しくご飯も炊けて言う事無い位気に入りました。.


メーカーより

白米3種炊き

◆エコ炊きメニュー:電気代を賢くおさえながら炊きあげる標準メニュー。吸水時の加熱をおさえ、低めの温度で吸水した後、IHならではの高火力で加熱。沸とうしはじめると火力を弱め、沸とうを維持できる最小限の火力で賢くコントロール。蒸らし工程は、消費電力をおさえて余熱蒸らしで炊きあげる、お米の特性に合わせ、熱を操るタイガーの技術のなせる炊飯メニュー。

◆白米メニュー:昇温時の高火力による連続沸とうで、ごはんのおいしさを引き出すメニュー。水温を上げてしっかり吸水させた後、IHならではの高火力で加熱し、蒸気が出てからも火力を落とさずに高火力で「連続沸とう」。炊き上げ工程では、強めの火力で沸とうを維持しながら、お米に熱と水分を与える。最後は135℃(※)まで加熱して余分な水分を飛ばし、しっかりふっくら炊きあげるタイガー自慢の炊飯メニュー。

◆極うまメニュー:タイガーが考える「おいしいごはん」に必要な甘み、弾力、香り、ねばり、やわらかさなど、すべてを引き出す贅沢なメニュー。白米メニューに比べて2倍の時間をかけて、しっかり吸水してから、高火力で加熱。蒸気が出てからも火力を落とさずに高火力で、より長く「連続沸とう」し、白米メニューより、さらに強めの火力で沸とうを維持しながら、お米に充分な熱と水分を与える。最後は130℃(※)まで加熱して余分な水分を飛ばし、しっかりふっくら炊きあげるタイガー自慢の炊飯メニュー。

※135℃・130℃:なべ底の温度

※ふつうメニューと極うまメニューの比較(n=23)タイガー魔法瓶調べ

多彩な炊き分けメニュー

白米3種炊き以外にも「雑穀米」や「おこげ」「おかゆ」「玄米」「おこわ」など、それぞれのおいしさを引き出した炊き分けメニューが楽しめる。

◆GABA(※)増量メニュー:玄米に含まれている酵素の働きを促すために4~5時間かけて炊飯。通常の玄米よりGABA量が約40%もアップ(タイガー魔法瓶調べ)。もっちりとした食感でさらにおいしく。※GABA(ガンマアミノ酪酸):神経伝達抑制物質であり、神経の高ぶりを抑えて正常な働きに戻す役割があるといわれている。

◆早炊きメニュー:高火力昇温とむらし時間を短縮。おいしく炊き上げます。忙しい日や、あとちょっとだけごはんが欲しいときなど。

◆無洗米メニュー:水かげんや浸水時間を気にせず、白米(エコ炊き・標準・極うま・おこげ)・早炊き・おかゆ・炊込み(標準・おこげ)・雑穀米の8のメニュー

◆雑穀米メニュー:豊富な栄養が手軽に補える人気のメニュー

◆調理メニュー:温度管理に優れたIH炊飯ジャーで火かげんの難しい本格調理も簡単・便利に。専用なべを使うことなく煮込み料理ができる

お米本来の甘みを引き出す「剛火IH」

なべ底温度:135℃で、釜の底と側面から釜全体を強火で包み込んで加熱し、芯からふっくら炊き上げる。

また110~115℃の高温蒸らしで、お米のα化を促進し、本来の甘み(旨み)を引き出す。

充実の機能

◆着脱式の大型調圧キャップ:お手入れしやすい

◆クリア液晶(オレンジ): 大きな画面でくっきり見やすい、クリア液晶

◆24時間保温:食べごろ温度より少し低めに保温し、黄ばみパサつきを抑えてつやつやのおいしさを保つ

◆加熱方式 : 剛火IH、可変W圧力IH(4工程)

◆内なべ : 熱風土鍋コーティング、11層遠赤特厚釜、内なべ遠赤、内なべ◆フッ素3年保証、内なべ特厚3mm、内なべとっ手つき、内なべ洗米OK

◆おいしさ : 大型調圧キャップ、内ぶたディンプル加工

◆便利・使いやすさ : 24時間保温、予約給水タイマー、光る文字くっきり液晶、炊き上がり予約メモリー2、保温時間経過表示、洗浄コース、お手入れシボフレーム

◆炊き分けメニュー : エコ炊き、白米(おこげ)、極うま、早炊き、無洗米、炊き込み、おこわ、おかゆ、玄米、GABA増量選択、雑穀米、調理コース

ここまでこだわって買わなくても良かったかな。結局の所、お釜に取っ手つき色デザインで決めたけどワンランク下でも良かったな、液晶の文字がきれいだけど携帯みたいにいじってないと暗くなって覗きこむ感じですお釜に取っ手があるので、便利です。.

ランキングなど見ると象印がシェアトップですね。でも私から見ると外見がイマイチ。実用性が問われる家電ですが、私の場合は見た目も結構重要。タイガーの四角丸い感じがとても可愛いくて結局これで決めました。炊き上がりはふっくら甘くて美味しいです。細かい評価はできませんのでお許し下さい。あと、立つ杓文字も嬉しい付属でした。.

ごはんとしてはおいしいのですが少しモチモチ感がありすぎるかな。今度は少し水を控えてトライします。.

とてもいい製品でおいしくご飯をいただいてます。おこげの機能がとても良い!.

3年半で唐突に故障してうんともすんとも言わなくなりました。今まで使ってたものの中では値段の割りに壊れるのが早かったです。.

初めて圧力釜炊飯器を購入しましたが以前使っていたih炊飯器と比べると旨さの違いがハッキリ分かりました。確かに旨いです。お米にもよりますが甘味を感じた。カラーもブラック一色では無いので地味でも無く良いと思います。液晶画面は大きいので見やすい。お手入れも簡単。他のレビューに「音が結構うるさい」と書いてあったので気になりましたが音は普通のih炊飯器と変わらないです。ただ時々、圧力音が(バン)スチーム音が(シュー)とするので多分この事を言ってると思いますが慣れれば大丈夫でしょう。音に関する詳細は説明書にも書いてあります。難点は炊き上がりを知らせるピッピッピッ音が小さい気がする。取っ手が無し。ふたが重いので開ける時は注意が必要。ふたの両脇の溝に水が入りこんでしまうと水が溜まってしまい狭いので吹くのが大変。(追記)購入して4年になりますが今のところ故障はありません。.

ベスト タイガー 炊飯器 圧力ih 「炊きたて」 5.5合 ラスターブラック Jpb-G100-Kl レビュー