タイガー魔法瓶(TIGER) タイガー 炊飯器 一升 圧力 IH ホワイト 炊きたて 炊飯 ジャー JPB-W180-W Tiger – 米の炊き上がり具合を家内に聞いてみて

象印からタイガーへ買い替えてみました。この価格帯であればおいしさはあまり変わらいと思います。内釜に取っ手がついており、ご飯を食べきってすぐ洗う際、熱くなくていいです。以前の機種は保温の際、時々ジーって音がして何気に気になりましたが、こちらは静かです。.

ずっとライバル社(草食動物)の製品を使ってきたのですが、浮気してみて後悔しました。・炊き上がりまでの時間が出ない。・保温経過時間が出ない。・タイマーで使える機能が大幅に限られてしまう。・ご飯の仕上げオプション(しゃっきり、とか)がない。といった機能的に劣る面が多いのに加えて、肝心の炊き上がりと保温後のご飯のおいしさも負けていると思います。一万円台の他社製品の方が優れていると思います。.

前機種はМ社の圧力ihでそれなりに気に入っていましたが、パッキンの摩耗かもしれませんが、調子が悪くなり突然エラーで動かなくなりました。いろいろ調べてこちらを注文、すぐ届きました。形や色も気に入ってます。炊け具合はこんなものだと思います。ふたのパール調の感じがいいです。我が家は大容量なので年寄り子供には内がまが重いと思いますが。.

まぁまぁの炊き上がりだった. 。使う機能性も普通だと思います。.

ホワイトで1升炊けるものを探していました。見た目もスクエア型で、普通の炊飯器よりスタイリッシュでオシャレだと思います。1升の割に大きさもそこまで大きく感じません。写真は5合炊飯器と比較しています。肝心の機能ですが、全く問題ありません。早炊きは30分ほどで炊飯できますし、味も美味しいです。なにより朝炊いて保温にしておいて、夜帰ってきたときに見た目も味もあまり変わらないことに感動しました。忙しい朝に、炊いたごはんを冷まして冷凍庫に入れる作業が不要になったので大変助かっています。五合炊飯器だと三合ほどしか作れなかった炊き込みごはんも大量に作れるので嬉しいです。.

利点と欠点

メリット

  • 買ってよかったです。
  • 突然壊れた、すぐ届く
  • 気に入ってます。

デメリット

特徴 タイガー 炊飯器 一升 圧力 IH ホワイト 炊きたて 炊飯 ジャー JPB-W180-W Tiger

  • 本体サイズ:幅27.9×奥行32.9×高さ26.2cm
  • 本体重量:6.5kg

メーカーより

白米三種炊き

◆エコ炊きメニュー:電気代を賢くおさえながら炊きあげる標準メニュー。吸水時の加熱をおさえ、低めの温度で吸水した後、IHならではの高火力で加熱。沸とうしはじめると火力を弱め、沸とうを維持できる最小限の火力で賢くコントロール。蒸らし工程は、消費電力をおさえて余熱蒸らしで炊きあげる、お米の特性に合わせ、熱を操るタイガーの技術のなせる炊飯メニュー。

◆白米メニュー:昇温時の高火力による連続沸とうで、ごはんのおいしさを引き出すメニュー。水温を上げてしっかり吸水させた後、IHならではの高火力で加熱し、蒸気が出てからも火力を落とさずに高火力で「連続沸とう」。炊き上げ工程では、強めの火力で沸とうを維持しながら、お米に熱と水分を与える。最後は135℃(※135℃・130℃:なべ底の温度)まで加熱して余分な水分を飛ばし、しっかりふっくら炊きあげるタイガー自慢の炊飯メニュー。

◆極うまメニュー:タイガーが考える「おいしいごはん」に必要な甘み、弾力、香り、ねばり、やわらかさなど、すべてを引き出す贅沢なメニュー。白米メニューに比べて2倍の時間をかけて、しっかり吸水してから、高火力で加熱。蒸気が出てからも火力を落とさずに高火力で、より長く「連続沸とう」し、白米メニューより、さらに強めの火力で沸とうを維持しながら、お米に充分な熱と水分を与える。最後は130℃(※ふつうメニューと極うまメニューの比較(n=23)タイガー魔法瓶調べ)まで加熱して余分な水分を飛ばし、しっかりふっくら炊きあげるタイガー自慢の炊飯メニュー。

多彩な炊き分けメニュー

白米3種炊き以外にも「雑穀米」や「おこげ」「おかゆ」「玄米」「おこわ」「分づき米」など、それぞれのおいしさを引き出した炊き分けメニューが楽しめる。

◆GABA(※)増量メニュー:玄米に含まれている酵素の働きを促すために4~5時間かけて炊飯。通常の玄米よりGABA量が約40%もアップ(タイガー魔法瓶調べ)。もっちりとした食感でさらにおいしく。※GABA(ガンマアミノ酪酸):神経伝達抑制物質であり、神経の高ぶりを抑えて正常な働きに戻す役割があるといわれている。

◆早炊きメニュー:高火力昇温とむらし時間を短縮。おいしく炊き上げます。忙しい日や、あとちょっとだけごはんが欲しいときなど。

◆無洗米メニュー:水かげんや浸水時間を気にせず、白米(エコ炊き・標準・極うま・しゃっきり・おこげ)・早炊き・おかゆ・炊込み(標準・おこげ)・雑穀米の8のメニュー

◆分づき米メニュー:白米よりも栄養価が高く玄米よりも食べやすい分づき米が炊けるコース

◆雑穀米メニュー:豊富な栄養が手軽に補える人気のメニュー

◆調理メニュー:温度管理に優れたIH炊飯ジャーで火かげんの難しい本格調理も簡単・便利に。専用なべを使うことなく煮込み料理ができる

もっちり、しっかり食感 可変W圧力土鍋炊き

タイガー独自の『可変W圧力』は大小2つのボールで106℃と101℃の沸とう温度をコントロールし、大きい熱を与え続けることができるのでもっちりしっかりのおいしいごはんを炊き上げます。

麦めしを簡単便利においしく

麦専用計量カップ(三割用・一割用)付き。内がまにも麦めし専用水目盛を採用して簡単便利においしく炊き上げます。

おこげコース

土鍋特有の釜底についた香ばしいおこげ。JPB型では、高火力の可変W圧力土鍋炊きでこれも実現しました。おこげが好きな方や、炊き込みご飯のときの香ばしさUPにオススメです。

本格料理が手軽に作れる調理メニュー

IH圧力炊飯じゃ0は温度管理に優れているの。火かげんの難しい本格調理も簡単・便利に。専用なべを使うことなく煮込み料理が出来ます。※ビーフシチューなど。

◆着脱式の大型調圧キャップ:お手入れしやすい

◆クリア液晶(オレンジ): 大きな画面でくっきり見やすい、クリア液晶

◆内なべ : 熱風土鍋コーティング、11層遠赤特厚釜、内なべ遠赤、内なべフッ素3年保証、内なべ特厚3mm、内なべとっ手つき、内なべ洗米OK

◆おいしさ : 大型調圧キャップ、内ぶたディンプル加工

◆24時間保温:食べごろ温度より少し低めに保温し、黄ばみパサつきを抑えてつやつやのおいしさを保つ

◆加熱方式 : 剛火IH、可変W圧力IH(4工程)

◆便利・使いやすさ : 24時間保温、予約給水タイマー、光る文字くっきり液晶、炊き上がり予約メモリー2、保温時間経過表示、洗浄コース、お手入れシボフレーム

◆炊き分けメニュー : エコ炊き、白米(おこげ)、極うま、早炊き、無洗米、炊き込み、おこわ、おかゆ、玄米、GABA増量選択、雑穀米、調理コース

JPB-W100-W JPB-W180-W
JPB-W100-W JPB-W180-W
カラー アーバンホワイト アーバンホワイト
容量 5.5合炊き 一升炊き
大きさ 25.6×30.2×23.1 27.9×32.9×26.2

ベスト タイガー 炊飯器 一升 圧力 IH ホワイト 炊きたて 炊飯 ジャー JPB-W180-W Tiger レビュー