タイガー魔法瓶(TIGER) タイガー魔法瓶 電気ケトル 0 – シンプルなデザインと控えめなサイズ

デザインとサイズ感でこれを選びました。インテリアの好みとしては無印系のシンプルでミニマルなものが好みです。これまではティファールの電気ケトルを使っていましたが、二人家族には不必要に大きい印象でした。何も考えずにお湯を沸かすと半分ぐらい熱湯を捨てたりする事も。またサイズとデザインがキッチンに馴染まず、それもあまり好きではありませんでした。このケトルは頃合いのサイズでデザインも主張せず、とても気に入っています。また機能的にも蓋が密閉されるため、倒してもお湯がこぼれません。さずがのタイガーです。家族構成に拠っては、沸かせるお湯の量が足りない可能性がありますので、その辺りは十分ご注意を。.

コーヒーも飲むので口コミをみてバルミューダと迷いましたが、コスパと本体が熱くならない(置き場所の関係)ということでこちらを選びました。結果、大正解だったと思います。いいところ:静か、コンパクト、ハンドルの両側に水量がわかる小窓があって見やすい、取手の上にスイッチがあるので押しやすい、細く注げる!コーヒー向き?これは期待していなかっただけに嬉しかった、本体が火傷するほどの熱さにならないイマイチ:密閉されているので蓋をしたまま注ぐとお湯が少し残る(最後まで注ぐには蓋を外す必要がある)、最初は少しプラスチック臭がする(使っているうちになくなる)その他:tfalと比べて沸く速度が遅くは感じられない、転倒漏れ防止は個人的には不要、コーヒー2杯分は十分にいれられる.

色々なメーカー、酒類、価格のものがあったが、最終的に、このメーカーを信頼して決定。.

わく子シリーズの中では、この製品が一番ハンドルが持ちやすく重量バランスが良いと思う。保温機能は無いがすぐに沸くので、飲みたい時にその都度沸かすことを考えると容量の大きなもの(0. 2l)より小容量の方が使いやすいと思う。ふたをロックするラチェットも、この機種が一番弱い力で確実に固定できるように思う。一方で取説に書かれている注意事項の1つに『水を蛇口から直接入れたり、ぬれた場所に置いて底面をぬらさない。』とある。ハンドル上部の沸騰ランプやスイッチをぬらさないようにすることもあると思うが、別の容器から水を移すいうのは面倒で普通の使い方では無いように思う。蛇口から直接水を入れられる様に、改良を望みたい点である。また、電源プレートの切込みからコードを出して電源プレートがコードを敷き込まないようして使う必要がある。電源プレートがコードを敷き込まないように設計することはそれ程難しいことでは無いと思うのだが、これも改良を求めたい点である。.

利点と欠点

メリット

  • メーカーを信頼した。

  • ハンドルが持ちやすく、重量バランスが良い。

  • シンプルなデザインと控えめなサイズ

デメリット

特徴 タイガー魔法瓶 電気ケトル 0.6l マットホワイト PCM-A060WM

  • サイズ:16.1×21.2×15.1cm・容量0.6l
  • 素材:本体:ポリプロピレン・底面:ステンレス・消費電力:湯わかし時1300W・コード長:約1.3m
  • 転倒お湯もれ防止構造など安心・安全設計を採用

ベスト タイガー魔法瓶 電気ケトル 0.6l マットホワイト PCM-A060WM レビュー