シャープ(SHARP) シャープ プラズマクラスター25000搭載 加湿空気清浄機 ホワイト Ki-Js50-W – おやすみモードでぐっすり✌

三洋電気2010年製が壊れたので買い替えたが、自動運転だと音がうるさくて耐えられない。なのでずっと静音モードで使っている。安かろう悪かろう。もう二度とシャープ製は買わない。.

職場の同僚の結婚祝いに有志一同で贈ったので、ちょっとした感想しか聞いていません。他の空気清浄機はずっと音が気になるが、おやすみモードで気にせず眠れるのが気にいってるといってました。.

使用中のsharp 2011年モデルからの買い換えです。■選定要素(1)なるべく低コスト(2)pm2. 5センサー搭載(3)ログ取得可能(部屋状態の推移が見れる)・panasonicの高精度センサー搭載品にも惹かれたのですが、価格が高い。・pm2. 5センサー搭載だとは空気清浄のみモデルではなし、下位のjs40も未登載・価格が安い型落ちki-hs50にしかけましたが、違いを公式サポートに確認すると空気清浄能力は全く同じ、通信機能「cocoro air」の性能差になるとのこと・cocoro airの性能差内容確認すると、相違点の1つがjs50じゃないと測定ログが見れない。hs50だと今キレイか分かる、js50だとずっとキレイだったか分かる感じですかね。 ログ見れるだけで1万余計に払う人はまれだと思いますが. 今回はログを見れることを重視!1万余計に払いました(t-t)■使用所感(19/3/31)・自動モードにしてスグ横に置いてますが、動いてるのかってぐらい静かに稼働中。加湿してないからか?手動で風量:強にすると当然うるさい。・スマホで操作するためにwi-fi設定必要なのですが、wi-fiルーターへの接続を手順通り進めるも、何度やっても機器が検出されず. 諦めてwpsで挑戦するとあっさり成功。・cocoro airアプリでログを確認してみると~我が家キレイ!数値で推移を見れるのは安心できます♪ ※pm2. 5でグラフが見えないように見えますが、一番下のlowになってます。・スマートスピーカー対応ですが、alexaだとカスタムスキルでの制御「ココロエアーを使って~」なので、まぁ使い物になるものではありません. 将来スマートホームスキルで対応してくれたら良いかな。今年モデルだからと1万高いのは正直悔しいので☆-1です。今後の使用で気になったところなどは追記していきます。■現在 クラウドが不安定?(19/5/26)・今月「cocoro home」連携という大きいアップデートが入ったせいか. 本日通信不安定で通信できていないことを示すwi-fiマーク点滅が収まらない。アプリでグラフを見るとデータがあがっておらずちょいちょいログが切れてしまっている。・wi-fiモジュールがハングしたか?と電源挿抜とか試しても改善せず。wi-fiルーターはごく近くにあり再起動後 ping打つと帰ってくる、js50自体のステータス表示機能で状態確認すると「ce」とクラウド側のエラーとの表示のため、wi-fiはつながっておりクラウド側が不安定な模様。数日様子見してみます。.

脱臭機能がすばらしい。加湿機能はまだ、分からないが冬が楽しみです。.

利点と欠点

メリット

  • おやすみモードでぐっすり✌
  • 音がうるさい
  • カップ麺臭や生乾き臭が消えました。

デメリット

特徴 シャープ プラズマクラスター25000搭載 加湿空気清浄機 ホワイト Ki-Js50-W

  • サイズ:34.5×26.2×63.1cm
  • 消費電力:最大約W
  • センサー:ホコリ、 ニオイ、湿度、温度、照度
  • 本体重量(kg):8.9

ベスト シャープ プラズマクラスター25000搭載 加湿空気清浄機 ホワイト Ki-Js50-W レビュー