コロナ(Corona) コロナ 衣類乾燥除湿機 除湿量18l – ほんの少しだけがっかり!

見た目より機能性重視の私ですが、これ、外観もスタイリッシュですよ。茶系が人気かと思いますが、意外とこちらもスッキリした色味です。今までもっとお安いコロナの除湿機使っていましたが、近所迷惑かと思うくらいの騒音に悩まされ、色々調べてこちらを購入。う~ん。やっぱり音は気になるけど、まだマシです。これが無いと洗濯物が乾きません。。洗面所や寝室に移動させて使うつもりでしたが、重いので、1階↔2階の移動は無理ですね。でも買って良かったです。.

友人にあげたコンプレッサー式の除湿機の事を調べていて、欲しくなり購入。この機種だけツインコンプレッサー式である。値段も3〜4万と少し掛かるが、本当にバッチリ除湿したいのなら絶対お勧め。洗濯物の部屋干しに使ってみたら呆れるほど早く乾く。(10キロ回せるドラム式洗濯機2杯分の洗濯物を、洗濯物の物干し場に干し、本機を作動させた。3時間余りで湿度80%位あったものが35%近くまで落ちる)この量の洗濯物をマンションのベランダに午後から干し、夕方、まだ湿った状態で使うのなら、洗濯物がカラカラになるまでの時間はもっと早いであろう。とにかくドレインタンク(排水タンク)がみるみる増えて行く。こちらの機械は外付ホースにより連続排水も可能。 浴室乾燥機(都市ガス式の風呂釜で熱交換器を加熱し風を当てて温風を作る)もあるので、ガス代(概算)と電気代(概算)とで比較する必要あり。とりあえず、マンション北側の部屋の湿度管理に使用中。来年の梅雨の時期が楽しみである。.

 以前からコンプレッサー式除湿機を得意とするコロナの除湿機フラッグシップモデルで、他社の除湿機やデザインの似たcd-h1014と比較しても多くの機能が搭載されています。 まず、除湿性能ですが18l/日クラスの除湿機なので、湿度が高ければ面白いように水が貯まります。しかしこの製品の凄さはもっと他にあります。 まず除湿機の心臓部にこの機種だけ”ツインロータリーコンプレッサー”を採用し、送風モーターはdcモーター式を採用しています。ツインローターリーコンプレッサーを採用することによりコンプレッサー本体の大きさが小型化され作動音が小さくななっています。またコンプレッサーが小型化され、送風ファンに高級扇風機でお馴染みのdcモーターを使用することにより消費電力が2年前のモデルチェンジ前の機種より13%も低くなっています。コンプレッサー式の除湿機は、基本的に除湿能力が上がるほど効率が高く、18l/日クラスの本機は以前のモデルでも消費電力が少ないモデルでしたが、そこから更に消費電力を消費電力を下げるのけっこう大変なことだったと思います。 次にコンプレッサー式の除湿機の弱点として、気温が低いと除湿能力が下がる点があり、低温時の除湿性能はデシカント式やハイブリッド式と比較すると劣っていました。しかし本機はこの弱点を克服してきました。なんと300wのヒーターを搭載し、気温が低い時は気温を上げるという発想の転換です。持ち前の強力な除湿能力に加え、ヒーターを搭載することにより、本機はコンプレッサー式にも関わらず年間を通して安定した除湿能力や洗濯物乾燥能力を有しています。 3つ目の特徴として、この除湿機はコロナの除湿機なのにデザインが良いです。以前のコロナの除湿機は性能は良いのですが、デザインはいまいちという製品が多くありました。除湿機は本体自体のサイズが大きく様々な部屋に設置しますのでデザインも大切だと思います。本機は昨年のモデルチェンジから大きくデザインが変わり、国内大手家電メーカーの商品のようにデザイン面でも洗練されてきました。以前のコロナ製品は性能・価格面では国内大手家電メーカーに引けを取りませんが、デザインで損をしていた気がしますが、本機は違います。どこに設置しても大丈夫です。 このように本機は、ツインロータリーコンプレッサーやdcモーターを採用し、消音・省エネを更に推し進め、冬場に弱いコンプレッサー式の弱点をヒーター搭載で克服し、デザイン面でも他社製品に負けないものとなっています。高性能除湿機の購入を考えている人には本機は本当におすすめです。.

梅雨時の湿度が80%超えてエアコンでは湿度下げきれないので、除湿特化したものを探していました。いざ使ってみると、除湿能力の高さに驚くと共に湿度40~50%前半キープ出来ていてとても助かています。.

二階から一階に移動するのは重く大変ですが 除湿能力はいいです!.

価格帯では最高クラスの除湿性能だと思います。あっという間に水が溜まります。ただし、パワーなりの大音量です。自動もしくは強モードは、かなりうるさいので、寝室では使いにくいです。タンクにホースを直付けする加工ができるので、業務用的な使い方は良さそうです。.

除湿力が強力。 室内干しに必須ですね。 8畳部屋で使ってますがすぐに乾きます.

以前12畳用程度の商品を使っていて10年程が経過して故障したのを機にほとんど同じ同型機のcd-p6314を購入しましたが、以前使っていたマンションから引越したせいなのか、後継機の性能が落ちた?のか、除湿のタンクに1日で満杯になっていたのが3日経ってようやく満タン位の状態で、これじゃ物足りない?ので、高性能機のこの商品に買換しました。結果として大満足です。風量が大きい分風の音はしますが、除湿のコンプレッサー音等は殆ど以前の機種と変わらないと思います。除湿性能もマンションの部屋全部を開けっ放して除湿してますが、十分効いてくれている様です。実はマンションの2Fで1F部分が駐車場の吹きっさらしで、冬場の特に寒い時期に床と部屋の温度差から、床が結露で濡れそのせいで家具の板がフニャフニャになって困っていました。がこの除湿器を動かしておく事で全く濡れる事も無く、快適に過ごす事が出来る様になりました。除湿性能はかなり良いと思いますので、無条件にお勧めできる商品だと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 大満足です
  • 効果抜群
  • 貯水量

デメリット

まだ本格的な梅雨ではないのですが、よく除湿してくれています。衣類の乾燥は以前使っていた他社製品の方が乾いた気がします。でも、除湿目的なので満足しています。.

今までのものが壊れたため購入。想像以上にパワフルで、夜干したものが朝には乾いています。とりあえず洗濯を乾かすために使用しているため、六畳程度の部屋で使用中。水を溜める量も多いのでこまめに止まらない分楽です。.

パワフルで、意外と静か(というか音が大きくはない)。デザインも所帯臭さがなくちょうどいい存在感。思った以上にデカいけど。.

部屋干しに大活躍!カラカラに乾きます。冬のマンションの湿気取りにも活躍しました。みるみるタンクに水が溜まります。欠点は、送風が温かいので冬以外は部屋の温度が上がります。.

普通に部屋干しで乾かない量も、5時間で浴室で乾くのに有難く思います!!!保育園に通う子供がいるのと、仕事上制服が毎日洗濯で出るので1日の洗濯量は多めです。夜はご近所さんが気になるので、日中使いですが帰るとバッチリ乾いてます。.

小形でも強力 使い勝手よし!温度、湿度が表示されているともっと便利になると思います..

以前から持っているコロナの除湿乾燥機の方が静かで、寝室にも使えたのにチョット期待外れでした。(性能には文句ないのですが問題は音だけです。).

何故もっと早く買わなかったのか後悔. 除湿能力がとても高く、驚いています。 冬の結露にも大活躍しそうです。.

①まずは音の評価からいきたいと思います。モードで弱・夜干し・自動で湿度が60%以下なら、 ツインロータリーコンプレサーと省エネ扇風機で有名なdcモーター装置の相乗効果なのか、驚くほど振動が無く静か。それ以外のモードでは、振動はほとんど無いが、けっこう送風音がするので、中間の風量モードも欲しいところです。もう一息‼️②除湿性能は、前のシャープの除湿器の倍ぐらい除湿をしてくれます。除湿した水を貯めるタンクはシャープが1. 8リッターに対して、4. 5リッターも有り排水頻度が減りました。good‼️③私が使ってみて一番気になった点は、風向調整の羽が動いている時には、持ち手がその羽と干渉して使えなくなる事です。作動中にちょっと動かしたい時に、両脇に取っ手も無く、一度羽の動きを止めてからでないと動かせないので、もう少し顧客の色々な使用方法をコロナさんに研究して作って欲しかったです。残念‼️④本体の軽量化と小型化のために、仕方がないのかもしれないのですが、持ち手や本体、フィルターの取り付け部のプラスティックがかなり薄っぺらで、高級感は皆無。今後のキズや耐久性が不安です。bad‼️⑤コロナは、シャープやパナソニックの様に生乾きや衣類に付いた臭いを脱臭してくれるプラズマクラスターやナノイーなどは無いのが残念でたまりません。コロナは、その代わりに空気を吸い込む所のフィルターが除菌・脱臭(1年交換めやす)になっており、吸い込んだ空気の臭いを取っていく空気清浄機の様な感じで、生乾きの脱臭をしている様です。正直、以前使用していたシャープのプラズマクラスター付き除湿機と比べると効果は微妙です。もう一つ‼️⑥衣類乾燥時間のメーカー公表で最速は、価格. Comで金賞のパナソニックのハイブリッド除湿器で43分そ(速乾・ターボ)れに対し、コロナcd-h1814は、46分(標準)でも僅か3分の差になっておりましたが、実は、パナソニックの(速乾・ターボ)様にコロナも(厚物・スピード乾燥)をを使えば、圧倒的に乾燥時間はパナソニックよりも早くなるようです。と言うのも、パナソニックのモード(標準)では、コロナの乾燥時間46分に対して65分でしたので、これからも分かるかと思います。まあ性能は良いにこした事はないですが、コストに対する性能の良も重要で、パナソニック本体の実売値段は約5万円に対しコロナは約3万円と、色々と機能などに違いは有りますが、除湿機本来の目的だけを考えると、圧倒的にコロナはリーズナブルであり、費用対効果はかなり抜群だと思いました。最高です‼️⑦なんといっても、購入してからの使用時のコストは重要で、サイトで、除湿機は「リッターコスト」で選ぶべきだった。[・・・]で、除湿機の『1リットルの除湿をするのにどれだけかかるか?』の比較が出ており、そこでコロナcd-h1814は、9円/lと除湿機の中で見事no. 1の省エネでした!さすが、省エネ扇風機でお馴染みのdcモーターを使用している効果をいかんなく発揮しております。すばらしい‼️以上私の率直な感想と購入決定の際に調べた情報です。※ご参考に私が購入をした翌日に、何とコロナの除湿機ホームページが 新しく2015年モデルへ代わっており、2014年モデルのフィルターは1年交換めやすでしたが、 2015年モデルフィルターは、ウィルス抑制も付いて更に、10年交換めやすと進化をしておりました!私なりに調べてみましたが、コロナのフラッグシップモデル除湿機で、2013年モデルと2014年モデルは変更内容が製造年以外は全く見当たらず・・2015年モデルも、その2013年モデルに横のラインが入ったのと、フィルターがウィルス抑制付き10年交換めやすに代わったぐらいしか、現時点では分かりませんでした。もし、仮にそれだけの変更であるなら、実売価格が2015年モデルは約48,000円と2014年モデルより約18,000円もアップなので、2013年モデルを買って3,500円プラス消費税の2015年フィルターを装着するのが、一番得なのかもしれません!!※コロナのカタログは手抜き丸出し!!最新の2015年モデルのカタログやデータがコスト削減丸出しの、2014年モデルに続き、2013年の物をほとんどそのまま流用しておりました。それからも、おそらく2013年と2014年モデルは製造年以外は全く同じだと思われます。カタログでフィルターが、2015年モデルと2014年モデルと別に書かれているが、2013・2014年モデルも2015年とフィルターを装着する所の形状を、メーカーがコスト削減を考え変更をしていなければ、上記にも書いておりますが、2013年モデルを買い、最新のウィルス抑制10年交換めやすフィルターを装着すれば確証は無いですが、かなりお得になるかと思います。※コロナに対して私が感じたことコロナの除湿機は①ツインロータリーコンプレッサー②高価なdcモーター③空気清浄フィルター使用④極限まで軽量コンパクト(除湿能力から考えると)製品としては本当にメーカーが力を入れている。しかしながら、宣伝費にお金をかけてないので、良い製品のイメージがなく、費用からすると性能は飛び抜けているが2015年3月28日現在売れ筋・注目・満足度すべて価格. Comでは5位に甘んじている。宣伝下手最後に、今後、花粉やpm2. 5また梅雨・カビの対策、または除湿機の買い替えでご検討をされている方のご参考になればと思い長々となりましたが、できる限り細かくレビューを書いてみました。.

この度、一人暮らしをするために部屋を借りたのですがマンション1Fの8畳ワンルームで、かなり湿度がありカビの心配や洗濯物が乾かない状態でした。そこで、除湿機をさがして、この商品を購入したのですが届いて、早速使用してみると 湿度87%!!びっくりですwそこから、3時間ほど30%まで下がりました。タンクの2/3位まで 水が貯まっているのにさらにびっくりw12時間ほどの使用で3回(毎回3L程度)水を捨てました。面白いほど水が貯まるので、毎回楽しみにしてます。この商品は値段以上の仕事をしてくれます。これから、梅雨の時期がおとずれますが不快な気持ちにならずにすみそうです。.

見た目のデザインも良いし、基本機能の除湿力も十分で、大満足でした。.

ベスト コロナ 衣類乾燥除湿機 除湿量18l(木造20畳・鉄筋40畳まで) エレガントブルー Cd-H1814(ae) 買い取り