ココ(Coco) 極 SONS 鉄 フライパン ベーシック 26cm COCOpan C101-006 – 中華鍋と取っ手のとれるフライパンを足して二で割って0.5を引いた感じ

ガス台の上で隣に鍋を置くと持ち手がとても邪魔だんだよね。無いととても便利でいいですね。肉料理にはもってこいです.

キャンプと登山用に購入したのですが、結局家で使っています。登山ではいつも3人分ほどの料理を作るので、26センチのフライパンを持っていっています。(極roots)朝の小さい野菜炒めと卵焼きにはとてもちょうどいい大きさです。取っ手がないのでコンパクトで、窒素加工で錆びないし無敵の商品です。フライパンはやっぱり鉄に限ります。.

フライパンに油がこびりつく。。火加減なのか?もっと使い込んでみたら変わることを期待.

程よく厚い鉄で、調理後すぐに冷水にさらしても変形しません(万が一があるので自己責任で)熱伝導も良く、肉を焼いた際には表面はこんがり、中はジューシーでスーパーで買った一番安い肉でも、お店と同じ味がします。より美味しくするため、なるべく蓋をしないで焼いているのでその後の油の飛び跳ねは物凄く、周囲の掃除の手間は掛かりますが…あと取っ手が付いていないので煮物等をフライパンのまま冷蔵庫に入れられます。ズボラな方や一人暮らしにもお勧めです。鉄フライパンの扱い方は他の方がより詳しく書いているのでそちらを参考にしてください。.

Cocopan 優れものです、肉系なら全てok、残熱が長く重宝してます。手入れも簡単で、言うことナシ。.

子供の頃どこの家にもあった鉄製のフライパンを想像していましたが、届いたのは、お洒落で26cmのサイズ感で家庭用に丁度良い使い勝手の良さそうな製品でした。取っ手の取外しの出来るフライパン?けど、取っ手は【極sons cocopan-ココパン- 持ち手(l型)】別売りの為フライパンとしての使用だと我が家では必要不可欠なので、別途購入するつもりです。(個人的に付属が望ましい)試しに、某有名メーカーの取っ手が取れるフライパン用で代用してみましたが、フライパンを押さえる事は出来ても持ち上げるのはチョット不安定でした。昔の鉄製の弱点を限り無く解消した現代版鉄製フライパンらしく、手間をかけず最初から問題なく使用出来ました。熱伝導の良い鉄の特性を生かし使い込んでいく程油が馴染んで良くなっていくなんて、テフロン加工の真逆の製品で長く使用出来そうです。フライパンから移し替える事なくオーブンに入れられ、そのままテーブルに出せる使い勝手は見逃せない逸品です。.

鉄製フライパンの優れ物、リバーライトとのコラボ商品。鉄のフライパンは焦げ癖が出来ない様にと、最初の焼き込みと油馴染みが肝心ですが、これは全然手が掛かりませんでした。いきなりハンバーグを作ったのですが、全くくっ付かず良い感じです。取っ手が無いのが特徴なので、焼き目を付けてからオーブンに放り込んでみました。ついでにそのまま食卓へ。別売りの持ち手を購入しようかと、ネットで探し出すのにちょっと苦労しました。でも、今のところ鍋つかみで事足りてるなぁと保留中です。持ち手が無いので、フライパンを動かさずに焼く料理にしか適していませんが、フライパンを煽る料理って家庭ではそれ程多くは無いので、出番が多くなりそうです。鉄のフライパンが好きな私には大満足な商品でした。.

『鉄』だけど、面倒な「空焼き」が必要ないし、油を馴染ませれば焦げ付かないし、錆びつかない。持ち手が無いから、フライパンのままでは食卓に出せなかった料理が、「鉄の皿」として堂々と出せる。これは一番のポイントですね。その分、洗い物が少なくてすむし、スタッキング収納が可能。鉄のフライパンならではの良さ、食事のたびに鉄分を吸収することができて、調理の油も少なくていい。鉄のフライパンを自ら育てることに面白さもあります。テフロンやコーティングの長持ちしないフライパンに比べ一生モノ、日本製「調理ができる鉄の皿」。唯一無二の存在です。.

利点と欠点

メリット

  • アウトドアで活躍中
  • 良いです
  • 一点集中するバーナーには不向き?

デメリット

取り外し式ならまだしも、本商品には取っ手がありません。一見使いにくそうに見えますが、実際使用してみるとやはり使いにくいのです。商品写真には金網状のアゲ底や取っ手が着いていますが、実際にはこの鉄鍋が一個入っていただけでした。”炒め”とは商品名にありますが、取っ手がない=押さえがないですから、なかなかに使いにくいです。特にこのサイズだと重さもそれほどではないので、なかなか炒めるという作業には不向きです。煮たり焼いたりにはいいのかも知れませんが…?収納だけ考えるのでしたら本商品は良いのかも知れませんが、収納と使い勝手を考えたら”取っ手のとれる”某有名会社を選んでしまう人が多いと思います。やはり取っ手がないのは致命的ですね。別商品に取り外せる取っ手付きはあるようですが、取っ手のみの販売は見つけられませんでした。国産であることや、熱伝導の良い鉄鍋であるなど良い点はあるのですが、取っ手が無いことによりそれらのメリットを生かしきれないどころか、フライパンとしてのコンセプトを失わせている商品になってしまっています。商品としての問題ではないのですが、amazonサイト上での商品説明などを見ると、”持ち手が取り外しでき、万能で使える「極sons cocopan」””鉄のフライパンでは珍しい持ち手が外せるフライパン。”どうにも”取っ手”が着いてくると捉えられかねない表記が目立ちます。.

鉄のフライパンですので、ずっしり重いです。取っ手がないのと、薄型なので収納はコンパクト。調理すると、しっかりと熱が食材に伝わり、ベーコンエッグはカリッととても良い仕上がりになります。考えられたサイズ感で、朝食を作るのに丁度良いです。お手入れはしっかり行う必要が有りますが、長く使っていきたい製品です。.

とても焼き加減が良く調理出来ます。一週間も使えば油が馴染んで焦げなくなります.

届いて直ぐに使ってみました先ず 良く熱して油で馴染ませる事もシッカリやりました普段、テフロン加工されたフライパンばかり使っていたので このフライパンで調理したら どう違うのか?そもそも違いはでるのか…なんて思っていました結果、歴然と差がありました此方で焼くと美味しい!お好み焼きもパンケーキもフワフワ で外はカリッと出来上がりました熱伝導も良いのか比較的に短時間で焼けました普段のフライパンより 少し弱火で良かったです持ち手は付いたいません流石に持ち手は付属しているものだと思っていたのでビックリしましたが、チャーハンみたいに振り混ぜる動作の調理以外は 持ち手無しの方が使い勝手は良さそうです.

取っ手がついていないのは承知だが、その取っ手をどこで売っているのか不明。メーカーではアマゾンで入手できるといい、責任逃れ。アマゾンはどこを探したらいいのか分からない。非常に不親切、かつ不信感、をもった。鍋自体はいいものかもしれないが、取っ手が手に入るまでは水洗いもせずに返品するかどうか悩み中。即刻返事をほしい。.

Cocoパンのロゴが邪魔で上手く蓋できません同じ仕様目的の方は気を付けてください.

使って3回目。焚き火やコンロなら問題なく使えましたが、一点集中するバーナーでは、中央のみ焦げる。.

タイプ・サイズ別に3種類購入していますが、取っ手がないの嵩張らず、また調理したものをそのままサーブできるところがとても気に入ってます。家でももちろん使いますが、キャンプなどで使用すると無骨でカッコよく雰囲気も美味しさもレベルアップします。(※あくまで個人的主観です(笑))長く使うほど味が出てくる調理器具かと思います。サイズは24cmをチョイスしていますが2人用って感じですね。多人数であればもう少し上のサイズをお勧めします。.

某メーカーの取っ手が取れるシリーズは鉄ではなかったのでこちらを購入しました。 コンパクトに収納でき、調理したてのものを食卓に置いても取っ手がないので邪魔にならず見栄えもよいのでとても重宝しています。.

特徴 極 SONS 鉄 フライパン ベーシック 26cm COCOpan C101-006

  • サイズ:直径26x底面17.5x高さ5x底の厚さ0.16cm
  • 本体重量:0.725kg
  • 原産国:日本
  • 素材・材質:鉄
  • 表面仕上げ:特殊熱処理(窒化鉄)
  • 満水量:2L
  • IH:可

メーカーより

持ち手が取り外しでき、万能で使える「極SONS COCOpan」

リバーライトとのコラボレーションで誕生した「極SONS COCOpan」。本来錆びやすい鉄のフライパンですが、特殊熱処理(窒化鉄)を施す事で、鉄のフライパンの良さはそのまま、お手入れが簡単に。持ち手の取り外しが出来るフライパンで、かさ張らず、大きさ違いで入れ子にもなるので収納も便利。これ一つあれば、アウトドアでもインドアでも、鉄フライパンの美味しい料理が作れます。

鉄の良さを実感。育てていく感覚も嬉しいフライパン

プロの料理人も使う鉄のフライパン。美味しく調理出来る秘密は、たっぷりと熱を蓄えると同時に、適切な放熱特性で高温・短時間で調理ができるから。旨みを逃すことなく、ジューシーな仕上がりにしてくれます。そして、使えば使うほどに油が馴染み、使い勝手が良くなる自分だけのフライパンに育ってくれます。

錆を気にせず使えるのは窒化鉄だから

鉄製の調理器具をご家庭でも使いやすくしたいと考え、特殊な加工処理を施しています。それが「窒化」という熱処理です。窒化は自動車部品等にも施される加工で、窒素を充填させて600℃以上に熱した窯に鉄を入れ、表面に窒素をしみこませることで、さびにくく強い鉄にします。この加工により、通常の鉄板の約5倍の強度を持ち、簡単な手入れをすればさびを気にすることのない調理器具となりました。

持ち手がないとこんなに便利

鉄のフライパンでは珍しい持ち手が外せるフライパン。調理中、コンロの上で沢山の持ち手が邪魔に感じたり、持ち手がぶつかりヒヤッとした事はありませんか?COCOpanなら必要な時だけ持ち手が付けられるので、効率も良く便利です。持ち手が無いと、魚焼きグリルやオーブンにも入れられ、熱々の料理をそのままサーブも可能。また、収納やシンクで洗う時も省スペースなのも嬉しいポイント。持ち手は2種類、L字型はフライパン、炒め、プレミア、グリル、鉄鍋に、平型はモーニングにお使いいただけます。

クック&サーブで美味しい瞬間を食卓に

プロも使う鉄のフライパンは、野菜はシャキっと、お肉も表面はこんがり香ばしく、中はふっくら焼き上げます。毎日使うフライパンだからこそ、使いやすさもこだわりたい。COCOpanは、鉄のフライパンの弱点を解決。鉄の表面を窒化してあるため、これまでの鉄のフライパンよりも錆びにくく、焦げ付きにくくなっています。そして、使い始めの難関だった「空焼き」も不要。もしも焦げ付かせても、メンテナンスはとても簡単。使ったらすぐに、タワシなどでよく洗って、しっかり乾かす。使う前は十分に油を馴染ませるだけ。持ち手が無いので、魚焼きグリルやオーブンにも入れられ、調理後そのままお皿感覚でテーブルにサーブ。収納時もかさ張らずコンパクト。ガス火はもちろん、IHにも対応しています。炒め調理はもちろん、焼く、煮る、蒸すなど万能に使えます。

大胆なアウトドア料理にもピッタリ!燻製や軽量ダッチオーブンにも

鉄の良いところの一つは、丈夫で長持ちするところ。食材を美味しく調理する約180℃の温度より更に高い温度にも耐える素材です。アウトドアでの強い火力でも使える頼もしいCOCOpan。サイズも豊富で、用途や人数に合わせて重ねて運べるのも魅力。また、持ち手が無いので、調理したフライパンをそのままお皿として使える手軽さ。アイデア次第で軽量ダッチオーブンや、燻製を作ったりとレシピも広がり、外でのお食事もいっそう楽しい時間に。

C101-006 C102-004 C103-002 C106-002 C105-002 C108-001
種類 ベーシックフライパン 炒め鍋 プレミア グリル モーニング 鉄鍋
サイズ 16・18・20・22・24・26.・28cm 20・22・24・26・28cm 24・26・28cm S・M・L 21・23・26cm 20cm
特徴 焼く、炒めるなど、オールマイティに使える。アウトドアも普段の食卓もこれ一つ。16cmから28cmまで2cm刻みに7サイズのバリエーション。一人暮らしのワンディッシュから、家族のメインディッシュまで幅広く活躍。 炒飯や野菜炒めなど、シャキッと仕上げたいものに最適。炒めものの他、鍋や燻製など料理の幅が広がる用途。 底面は3.2mmとしっかりした板厚。耐熱性と放熱性に大変優れています。ステーキ、ローストビーフなどの肉料理には底厚のプレミアが最適。 形状は「玉子焼き」ですが、魚焼きグリルやトースターにも入れられるグリルパン。忙しい朝は、卵やソーセージを乗せ、トースターに入れれば、これ一つで朝食の準備も。 アウトドアのワンディッシュから、目玉焼きやベーコンを一度に焼いてそのままお皿のように食卓に出せるフライパン。クレープやパンケーキも焼きやすい形状。COCOpan鉄鍋の蓋にして、上に炭を乗せれば軽量のダッチオーブンにも。 一人分から家族の鍋料理、焼く、炒める、煮るなど万能なお鍋。COCOpanモーニングを蓋として使えば更に用途が広がります。

持ち手がないのは意外と便利で、思ったよりも使いやすい。鉄なので、ちょっとこびりつきが心配だったがいまのところ大丈夫。また、それなりに重いので安定感は抜群。ただ、取り外しの持ち手が付属しているものだと思っていたので、これだけだと、フライパンごと料理を持ち運びたいときなどはちょい不便かも。.

思った通りの商品。極めてシンプルな作り、もっと安価なフライパンの持ち手をぶった切っただけでも機能的には必要十分ですな。.

先日bbqに行って28cmを使用。5名で楽しんできましたが、ネットでポトフが載っていたので参考にやってみました。外でスープはかなりの印象高でした。今度はもっと友人を驚かせてみたいです。.

炒めたものが黒くなります。何度使ってもそうなります。焦げているわけではなく、鉄分?が出過ぎているのか…だんだん使わなくなりました。.

極シリーズのフライパンは取っ手が付いた物をもう長年使っています。鉄のフライパンなのに扱いが楽で使い勝手は際立っていいと思います。こちらのフライパンは取っ手が無いことでオーブンでも使う事が出来るとか。収納の場所もとらないし性能も言うことなしなのですが、取っ手を一緒につけといて欲しかった。これを使う人は必ず取っ手も使うと思うので別売りで買うより絶対に一緒に付いていた方が便利です。私は面倒だったので近くのホームセンターでやっとこを買って付けて使っていますが、ちょっと使いにくいです。アマゾンで取っ手だけでは売ってなかったのですが、簡単に買えないと不便だと思いました。フライパンの性能自体はとてもいいです。今までいろんなフライパンを使ってきましたが、一番長く使っているのがこちらの鉄のフライパンです。このフライパンも大切に長く使っていきたいです。.

Cocoのフライパン用に同時購入しました。cocoの持ち手として販売されているだけにフィットします。どなたかがcocoが自分たちの技術で持ち手を開発販売してはどうかと書いていましたが、cocoは鉄製品製造を得意としているので、分野が異なると思います。私は鉄の持ち手なんて熱すぎて使いたくないです。多くの電化製品等、異なる会社の得意分野を統合して優れた製品を生み出しています。フライパンにしても同様で、cocoはより良い鉄製品を制作し、ステンレス?を得意とする会社はそれを製造し、必要な企業同士が消費者のためにより使いやすい製品を制作販売してくれればいいことだと思いますよ。その意味で、こちらの製品は持ちやすさという点で、もう少し改善できる点はあると思いますが、とりあえず、十分便利に使えます。.

面白そうな商品なので何かに使えないかと模索していたところ、ぼくの大好物の瓦そばに使えることに気づきましたこれだとまさに瓦といった雰囲気なので瓦そばと非常に相性が良いです23cmというサイズ感もまた絶妙で一人前でちょうど良いし、熱々パリパリのまま頂けるし、洗い物も減るし、最高じゃないすか(‘Д`)サイコウ.

Youtubeで使用している方を参考に購入しました。焼肉・トースター・卵料理・焼きカレー・チャーハン作りなどをこの一枚で出来ます。キャンプ用バーナーで使用しても、鉄板の熱伝導率や鉄板の厚さのお陰で、キャンプ用では出来ない仕上がりの美味しい料理が出来ます。そのままお皿としても使うことができ、ソロキャンパーにはとてもお勧めです。取っ手も付いていないのでパッキングにもとても有利です。但し、重いです。重いということは鉄板がそれだけ厚くて良い品である証明でもあります。本当に重いです。重量を気にする場合は避けた方が良いと思います。落としたことがあり、フライパンの縁が傷ついた!っと一瞬思いました。しかしフライパンはほぼ無傷、コンクリートが割れるくらい頑丈でした。縦に落とすととても危険です。.

悪くは無いのですが、思った程のものでは有りませんでした。値段的には割高かな。.

思ったとうり最近の、テフロンフライパンに、慣れた腕には、重いですねだけど一生もの、大事に、使います.

使ってませんが、良さそうな感じ。お高いのでケースがあれば喜びでした。.

River lightの極rootsの中華鍋、フライパン、卵焼きを持っており、それらはとても使い勝手が良いためこちらもゲットしました。さっそく家やbbqで使って見ました。パンの性能は上記同等とてもよくテーブルに置いたときには持ち手がなくて邪魔にならないためとても良いのですが、、、が、やはり持ち手が欲しい!料理時、テーブルセッティング時、お肉をひっくり返すときに熱々のものをミトンで持つのは結構大変で、たとえばティファールとかのこれの専用でない鍋つかみだととても不安定です。(あたりまえですが念のためつかってみました。。。滑ります)なのでこれ専用の持ち手がほしい所(商品説明の写真の持ち手みたいなのが欲しいです)。ですが、現在のところ別売してなさそうなのでいわゆるフライパンみたいに振ってゆすってみたいな料理とかの用途は難しいところです。また26センチは魚焼きグリルには入りませんでした。オーブンなら使えそうです。今回はチーズフォンデュをしてみました(添付写真)。ふたがあればパエリアとかもいけそうです。.

まず注意してほしいのは、これは鉄の皿のみであり、持ち手は付属していません。もしこれがシリーズの初購入だった場合、他の『持ち手セット』のフライパンを用意しなければなりません。つまり最低限『フライパン』として機能させるのであれば、合計2種類は買わないといけなくなります。持ち手の単品販売はamazonでされていません(2016年10月現在)。確かにフライパンそのものは重量感のある鉄のシンプルな質感や形状が好感の持てる商品ではあります。テフロン加工なんてありません、油をケチれば即焦げ付きます。いかにもプロ仕様といった機能性に特化されたデザインは全種類揃えたくなるほど。ですがamazonは不特定多数の老若男女が利用するサービスです。フライパンとして売る以上、持ち手ぐらい当然付いていると考える方も大勢いるでしょう。決して安くないシリーズなので、販売方法にもう少し配慮がほしいと思います。そこだけは杜撰であり、減点せざるを得ない。.

調理をしたフライパンをそのまま皿にして出せば、洗い物も減るなど後片付け楽ですよね、というわけで、フライパンの柄を取り外し可能にして、フライパン部分も縁を低くしてお皿のように使えるようにした、という製品です。フライパンとしての使い勝手ですが、23センチというサイズは日常使いができるサイズからすると若干小さく、一人分の目玉焼きをするにはちょうどよいサイズです。本製品は皿としての機能性を考慮したためか、パンの縁を低くしているため、食材も選ぶように思います。目玉焼き、ベーコン・ソーセージや少量の野菜を炒める程度であればよいでしょうが、例えば一人前の野菜炒めをつくるといった同じ一人前でも容量が大きな食材を扱うには適していません。また縁が低いため、同サイズの通常のフライパンに比べても調理に注意を要します。まぁ、一人前の朝食やお弁当の食材を焼く・炒めるといった目的に徹するのであれば、本製品でも十分対応できると思います。総合的にはフライパンとお皿を兼用することにどこまで価値を見出すかということになるかと思います。まぁ朝食などはなかば同じことの繰り返しのルーティンだとすると、ルーティンの中に組み込んでしまえばいいのかもしれませんが製品としては非常に質感がよく、また鉄製ということで、安物のフライパンにない高級感もあります。.

ガスコンロのときに使っていた鉄のフライパンも使えはしましたが、厚みが足りないため、フライパンが曲がります。ihでは接っしないと熱効率が下がるため、曲がらないような厚みがあるものが必要です。これは厚みがあり、しっかりしているため、ihで鉄のフライパンが使いたい、そして取っ手も別がいい方は買って損はない商品だと思います.

持ち手が無い分オーブンやトースターでの調理が便利で良かったです。.

名古屋に行ったときにステーキ皿に炒めたナポリタンをのせ卵を流し込んだものを食べました。それが、とても美味しくて、おうちでも造って食べてみたいと思っていました。さすがにフライパンをそのままテーブルに出すのには気がひくし。。。でもこのフライパンであえたとき、このフライパンこそ名古屋のナポリタンを造るために生まれてきたフライパン?と思いました。これだったらテーブルに出しても見た目が悪いと言うものではないのでは?ナポリタンにかかわらず、チンジャーロース、マーボ豆腐、野菜炒めだって熱々のままジュージューいっているまま出せますね。大人数が集まったときにはこのフライパンで出しています。取っ手がない分オシャレだし、お皿のようです。.

Cocopanは26cmベーシックと28cmの炒めを持っています。一人サイズのcocopanを探していたら22cmがお値打ち価格になっておりましたので購入しました。初めての方は「極 sons 鉄 フライパン 持ち手 l型 c100-001」を追加購入して下さい。お値段はテフロン加工のフライパンよりもお値段が張りますが鉄製のフライパンは使えば使うほど使い勝手が良くなるフライパンなので長い年月使えるので結果お徳感が出てくると思います。今回この22cmが届いて開封から油慣らしを行い(必ず油慣らしは必要です)直後に炒飯を炒めましたがcocopanに焦げずに炒める事が出来ました。基本は洗ってそのままフライパン立てに立て掛けて置くだけでも錆びません。.

重くて動かないのが良いところと割り切ると、とても良いパンです。肉を焼いたり、オーブンレンジで使用するには最高です!.

海外に持って行きました。大きさもちょうど良くて、揚げ物もできて良い.

過程で使用するには良いし、オーブンなどには良いです。極 sons 鉄 フライパン モーニング 21cm cocopan c105-001.

丁度良い大きさですが、個人的には炒め用に使うので、もう少し深めが良かったかもしれません。また、タオルなどを巻いて使用すのですが、やはり鍋掴み(持ち手)があった方が、便利です。でも、収納の際には引っかかる部分がないので片づけやすく便利です。鉄なので、お手入れが大変かと思いましたが、表面が特殊熱処理されているので、意外とお手入れは楽ですね.

子ども2人の4人家族で、26cmフライパンを購入。皆さんのレビューどおり、焦げ付かず軽く、使い勝手抜群です。取っ手のとれる〇ファール28cmを使っていましたが、ちょっと広さを持て余していたので、このサイズは手軽に使えて良いです。フライパンなので、目玉焼きやパンケーキなど動かさないものに。本当に美味しくできます。炒めものは少しこぼれてしまうので、同じ直径の、深さが深いタイプを揃えるのが良さそうです。純正の取っ手はペンチのように、握っている間だけ固定するタイプで使いにくそうだったので「この商品を買った人はこれも買っています」から「yishui パングリッパー 」を購入。cocoの銀の銘板のところを挟むと、ちょうど鋲に挟まれてがっちり固定できます。斜めに傾けてもグラつかず、とても良いです。ぜひセットでの購入をおすすめします。ちなみに〇ファールの取っ手も、一見ガッチリ掴んで持ち上げることはできますが、盛り付けの時に斜めに傾けると、取っ手だけがスルっと滑ってしまい、危ないです…熱い油をオイルポットに戻すときなど、本当に危険ですのでご注意ください。.

ベスト 極 SONS 鉄 フライパン ベーシック 26cm COCOpan C101-006 レビュー