グリーンパン(Greenpan) フライパン スモーキーブルー ウォックパン 28cm メイフラワー ウォックパン 28cm IH対応 CC001904-001 – デザイン・使い心地は良好

素材や使用感にはこだわってフライパンを使っています。耐久性を結構重視するので、鉄のフライパンをずっと使っていますが、やはり重いのと、調理後のメンテナンスが面倒。こちらの商品は、傷もつかずかなりハードに使っていますがひっつくことなどもまだありません。お勧めです。.

まずデザインがいいですね。見た目はもちろんのこと、機能面から見たデザインがよくできています。24cmの開口部に対して底部の直径は18cm、深さは5cm強という中深のデザインは、フライパンとして一番使い手の広いスタイル。また、グリップが丸型で天然木なのもいいです。樹脂製で平型の取手と比べると、握りやすさも握った時の感触も数段上の感覚です。一方、本体の厚みが約35mmと肉厚のため、予熱にやや時間を要します。また、重くはないけど軽くはないといった重量感。そして焦げ付きにくさという面では、いわゆるフッ素系のフライパンと比較すると、やや焦げ付きやすいのかなというのが正直なところ。耐久性についてはこれからの評価になりますが、使いやすいカタチなので気に入っています。.

ウォックパン 28cmについてのレビューとなります。ウォックパンというのは、つまるところ炒め鍋ですね。炒め鍋の場合、通常使うフライパンよりも一回り大きめのものを買うと便利です。というのも、野菜は最初かさがありますからね。炒めると水分が抜けて小さくなりますが。26cmフライパンと比較して、28cm炒め鍋なら、3~4人前を作るとなった時には、全然扱いやすさと食材のこぼれにくさが違ってきます。見た感じと触れた感触として、セラミックコーティングは結構しっかりしたものです。いわゆるコーティングのフライパン・ウォックパンの中でもかなりつるつるの方。近い価格帯のものではテフロン系のコーティングがやはり多めで、この価格帯だと鍋もコーティングもかなりしっかりしたものになりますが、カット野菜をこれだけ簡単にあおれるものは中々ありませんね。重量もほどほどで、調理のしやすさという点ではかなり優れているものかと。ただし、取り扱い注意。これはセラミックコーティングなので、テフロン系のものと同じ感覚で扱ってはダメです。①油無しでの調理は厳禁。少量でも油はひくこと。②火力は家庭用ガスコンロなら中火まで。③空焚き禁止。④洗うのは自然冷却後に。水掛け冷ましとタワシは禁止。テフロンコーティングと比較すると、つるつる感や調理のしやすさの反面、ずっと焦げ付きやすいです。テフロン系だと油無しでも大丈夫なものも多いので、同じコーティング系フライパンという感覚で、油無し調理で焦がしたり、さっさと洗おうとして水道水を掛けて急に冷して、コーティングを破損にしてしまう人は多いです。この点は特に要注意ですよ。まあ、過去に自分も別のセラミックコーティングのフライパンでヘマはやらかしているので、あまり大きな顔をして言えた事ではありませんが……。.

体に悪い物質を使っていないとかなんとかで独特の手触りとなっているフライパンです正直毒云々はよくわからなかったのですが、しっかりと持ちやすく、洗いやすく、火もとおるので文句はありませんお子様がいる家庭などにはオススメできる品物です.

グリーンパンのhpによると、以下のようなアドバンテージがあります。砂由来のセラミック・ノンスティック層であるthermolon(サーモロン)でコーティングされています。鉛やカドミウムをまったく含まず、製造工程においてpfasやpfoaをまったく使用していません。thermolon(サーモロン)は高熱(最大450℃)に対する耐性があります。そのため、誤ってフライパンや鍋を熱し過ぎてしまっても、気泡ができたり有毒ガスが生じたりすることはありません。thermolon(サーモロン)コーティングは熱伝導性に非常に優れていますので低い温度設定で十分調理できます。つまり省エネにつながります。さらに熱は素早くそして均一に伝わりますのでムラなく美味しく仕上がります。さらに、ダイヤモンド粒子を加えサーモロンを強化して、性能が飛躍的にアップ。ノンスティックの耐久性が高まりコーティングがより長持ちします。これまでで最高のセラミック・ノンスティックに仕上がりました。とのことなのですが要はセラミックといえば日本では土鍋がポピュラーですが土鍋って意外と手入れに気を使いますがそれと同じケアが必要な感じです。使用感としては一般的なフライパンと全く変わりませんがいろいろな意味でエコに関心があり、フライパンや鍋などにそれなりの金額を投資できる人向けということは変わりません。.

グリーンパンでは初めての天然木のハンドルを使ったメイフラワーシリーズは、昔懐かしいヨーロッパのキッチンを彷彿とさせるノスタルジックな雰囲気が魅力のフライパンです。とても軽く料理しやすくとても便利です.

28cmと大きめで3人前の焼きそばに、野菜を入れても楽々と調理できるサイズです。深さがあるため、炒め物などもしやすいため、深くて大きいフライパンが必要な方にお勧めです。ハンドルは天然の木製で本体外側はどのようなキッチンにも調和するスモーキーブルーです。表面はざらざらとした感じの質感で、高級感があります。底面も一体となっているため、ih対応ですが裏面はフラットです。そのためお手入れしやすく見た目も良いです。重さはありますが、厚手で熱の伝わり方が良いため、薄いフライパンに比べ、ホットケーキなど焼目をきれいにつけたい調理に向いています。均一な焼き上がりはとてもきれいで失敗もしにくいです。ハンドブックが同梱されており、お手入れ方法などが役立ちます。フッ素樹脂加工のフライパンは、高温に加熱すると熱分解にとり化学物質が発生するそうですが、本製品のサーモロンとよばれる、セラミックコーティングは有害物質を排出しないそうです。小さな子供のいる家庭などは良いかもしれません。油を必ず使う、中火までの火力で使うことが、コーティングを長持ちさせるコツのようです。フライパンは、強火での炒め調理が必要な場面が必ずありますので、それができないのは非常に残念なポイントだと思います。その点については樹脂加工のフライパンの方が優れていると思います。意外なポイントが、こげつきがあった時には、メラミンスポンジで洗うと良いようです。フライパンのコーティングがダメになった後でも、剥がれ落ちたりすることがないため、鉄のフライパンのように使うことができるそうです。そのため、使用感や使い方は変わると思いますが、ずっと使い続けることができるようです。厚手で高品質のフライパンで、デザインがとても気に入っています。使い込んで、鉄のフライパンになってからもずっと使い続けていきたいと思いました。.

見た目はとても綺麗です。最近は樹脂製のグリップが多くなりましたが、これは木製で握りやすく温かみも感じます。深さは十分あり、色々な調理に使えそうです。これまではフッ素コーティングのものしか使ったことがなく、セラミックコーティングは初めて。毎日酷使すると数年で買い替えたくなる調理器具ですが、値の張る本品の耐久性には期待しています。.

利点と欠点

メリット

  • 鉄のフライパンに比肩
  • Bad quality
  • デザイン「だけ」は良い

デメリット

グリーンパンのih対応、出番の多い24㎝フライパン。ihだと軽すぎるフライパンは炒めると動いてしまったり、難もありますがこちらは重すぎず軽すぎず取り回しが良い重さ。ツルツルした手触りのセラミックコーティング、洗う際もスムーズです。傷つくとコーティングが一気に台無しになるので、急激な温度変化に注意し油必須、シリコンや木のターナーを使ったほうが良さそう。油を薄くひいたり、冷めるまで待つなどの手間はありますが、使用方法間違えず、大事に使用すればするほど長く使えるので、愛着がわきます。青みのある薄いグリーンとウッドの持ち手のコントラストも美しく、キッチンにフックでかけてみせる収納にも良さそうな可愛らしいフライパンです。.

きちんとマニュアルを読んで使うとよいフライパンです。主に調理時の温度調整と使い終わった後の掃除の仕方はちょっと慣れというか丁寧にやる必要がありますので、フライパンに気を使わずに時に暴力的に好きにしたい人にはあいません。素材は無害らしいけれど表面のコーティングはされていて、金たわしなどですと傷つけて剥がれてしまうそうです。気をつけたいですね。焦げ付き等は温度調整をうまくやればあまりしませんが、それでもする場合は水につけるなりした上でスポンジで落とせばおちます。.

 フライパンの色合いや木製の取手など見た目がお洒落に仕上がっている。重量は重くはないが、しかし軽いとも思わない。実際に調理してみて、手が疲れるということはなかった。普通の重さであろうか。また食材がフライパンに引っ付くこともなく調理し易い。一番目を引く点は有害な物質を使っていないところである。有害なフッ素でのコーティングではなく無害なセラミックコーティングなので安心して使える。.

見た目は本体はグリーン、柄は木でオサレです。フライパンとしては軽い方だと思います。明らかに軽いわけではなく比べると軽いという程度ですが。広告詐欺で悪名高いセラフィットと同じような使い方です。やっぱり同じセラミックということで使い方も同じということでしょうか。最初に油かバターを塗る必要があります。セラフィットの油ならしの工程と同じです。売り文句に油が不要とは書いていないので広告に偽りあり、ではありませんが、ヘルシーではないですよね?中火以下で使用するのも同じです。空焚き禁止も同じです。冷めてから洗うのも同じです。金属製のヘラ等が使えないのも同じですが、最初から書いてあるので問題なしです。セラフィットの「コインでこすってもクギを炒めても傷が付かない」とか誇大広告はしていないですからね。数回使った分には焦げ付きは起きていませんが、セラフィットと同じようにすぐに焦げ付くようにならないことを願います。フライパンは小型ごみになるので捨てるのが面倒なんですよね。悪名高いセラフィットとの比較は別にしてもやっぱり扱いづらいです。空焚きはともかく、油ならしとか、中火以下とか、冷めてから洗うとか。普通にテフロン加工のフライパンの方が使いやすいです。少なくとも油なしでの調理ができる点でテフロンに軍配が上がります。まだ焦げ付きなどの問題は起きていないですが、気を使って扱いづらいのは事実なので★3とさせていただきます。.

 深めのシルエットのih対応のフライパンです。また天然木を使った取手の触り心地が良いのがオススメな点です。またこの「グリーンパン」シリーズは有害物質を使わないようなセラミックコーティングを使用していて、食べ物を作る部分に有害物質を使っていないのは安心ですね。やはり口に入るものですし。フッ素コーティングもだんだん削れてきたりするのを見ていると、確かに少しは食べ物経由で口から入っているように思えていたところです。 価格もそれなり高いですが、安全安心のトレードオフだと思います。.

フライパンの素材が良いので、安心して使っています。ただ、長持ちしてほしいので水で洗った後に布で拭き取ることと、中火で調理する事を忘れずに大切に使用しています。色も気に入っています。.

ごめんなさい、スペックみれば大きさ表示されてるのでコチラの責任なんですが・・・ひとり暮らしの自炊目的のフライパンとしてはちょっとサイズが大きすぎでした大きいのもありますが重くて振りづらい(;’д`)男の私でも手首にズンときますほんとうにゴメンナサイ自分用途には不向きでした。.

そこそこ大きめで深さがあるタイプのフライパンですので、持つとそこそこ重量を感じます。サイズ的にはファミリー向けですね、夫婦二人だと少々持て余すかもしれません、もうワンサイズ小さめで十分でしょう。火にかけて普通に使い分には前述の深さがあるため汎用性が高く、焼く、炒めるは勿論のこと、煮る、茹でるも可能ですので色々と用途は広がります。ただ、水気の多い物を入れるとそこそこ以上に重くなりますのでその点は注意が必要です。取手の部分のが木製で隙間や抜きがあるため、洗った後の水切れが悪く、それによる劣化の心配があります。使用後はしっかりとしたケアが必要なフライパンだと思います。コーティングの素材を安全面に配慮している点は非常に高く評価できますね。お値段は少々張りますが、安全面と汎用性の高さから十分選択肢に入るフライパンだと思います。.

テフロン加工には実は人体に有害な成分を含んでいるそうです。長らく使っていて体感できる実害はないのでどの程度有害なのか疑問ではありますが。本製品はテフロンではなくセラミック加工で人体に有害な成分を含まないのが最大の特徴です。ただセラミック加工はテフロンよりは扱いに気を使う必要があるようです。本体はアルミ製ですが結構肉厚なのでほどほどの強度と均一な加熱が期待できます。あまり薄いとすぐにたわんでしまうので多少重くてもこれくらい厚い方が良いですね。高価なフライパンでもコーティングは長くて数年でダメになってしまいますのでそういう意味では本製品は価格的にギリギリのバランスかもしれません。.

特徴 グリーンパン(Greenpan) フライパン スモーキーブルー ウォックパン 28cm メイフラワー ウォックパン 28cm IH対応 CC001904-001

  • サイズ: 51.5 x 29.5 x 13cm
  • ヘルシークッキングと言えばグリーンパン。ヘルシーなセラミック ・ノンスティック・クックウェアを発明したグリーンパンは、安全で、簡単に洗えて、使い勝手の良いフライパン・鍋の信頼できるブランドです。
  • 当社の製品はいかなる有毒ガス、持続性汚染物質も排出せず、PFOA(ペルフルオロオクタン酸)、PFAS(ペルフルオロアルキルスルホン酸)、鉛やカドミウムも含んでいません。これは私たちの誇りです。グリーンパンで、自信を持ってヘルシーな食事をつくってください。
  • 外側にもセラミック・コーティングを施していますので汚れ落ちやすく、お手入れ簡単です。
  • 充分な厚みのあるアルミ素材の底部は熱を素早く、均一に伝えます。
  • マグニート (Magneto)IH対応加工(底面)について: アルミに直接電磁誘導粉末と、銅を練り込む特許技術です。熱回りが非常に良く、また熱が均一に伝わります。ステンレスの板を貼っていませんので軽く、また歪むことがありません。
  • 天然木(ホワイトアッシュ)のハンドル:耐久性に優れた天然木のハンドルを選びました。使えば使うほど味の出る美しい木目の風合いをお楽しみ頂けます。

メーカーより

GreenPan Mayflower

なぜセラミック?

Why Healthy Ceramic Non-Stick

No Toxic

Natural material

No toxic fumes, ever

主な特徴

Thermolon ceramic coating

Magneto

wood handle

GreenPan Mayflower L image

使いこなしのコツ

heat

oil or butter

long use tip

wash

1.温度の調整

サーモロン・セラミック・コーティングを施した調理器具は従来の調理器具よりはるかに効率的に熱を電動します。より低い熱で同じクリスピーな焼き上がりを達成することを可能にします。調理をはじめる際は必ず少量のオイルまたはバターをご使用ください。

2.オイルの使い方

中火で約1分間予熱した後、少量のオイルまたはバターをご使用ください。オイルまたはバターが温まったころに調理をはじめてください。エキストラバージンオリーブオイルなどの未精製オイルをご使用の際は、火加減を調節しながらご使用ください。また、オイルスプレーのご使用はお控えください。

3.長くご利用いただくために

空焚きにはご注意ください。熱伝導に極めて優れたコーティングですので強火での調理は焦げ付きの原因となりますので、弱火から中火での調理をおすすめします、金属製のヘラなどのツールは(使用可能なモデルもございますが)調理器具を長持ちさせるために避けて頂くことをおすすめします。

4.洗い方と保管方法について

使用後に冷めてから、柔らかいスポンジや布で洗ってください。研磨剤や塩素系漂白剤入りの洗剤の使用は避けてください。出来るだけ手洗いをおすすめします。保管するときは調理器具同士がぶつからないようタオルやシートで保護されることをおすすめします。

The non stick surface doesn’t work after just a few uses.

ずっと気にはなっていたのですが、テフロン加工に比べて高価で、扱いも大変という認識があり、なかなか手の出なかったセラミックパンです。サイズは最も一般的な26㎝よりもワンサイズ小さい24㎝で、デザインの良さや木製の暖かみある持ち手と、相まって見た目はとても素晴らしいです。重さは軽いというわけではありませんが、ものすごく重いという事もなく、調理する度にしっくりくる感じです。試しに焼いた目玉焼きでは、形が崩れずに、皮がパリパリに焼けていて、ちょっと今までのフライパンとは違う出来上がりで、ちゃんと完成形に違いが出た点は、とても満足です。一方で今までの感覚で使っているとすぐダメにしてしまうという注意点があって、一番やってしまいそうなのは、加熱時につい強火を使ってしまうことと、使用後すぐに水を入れて冷やすことです。その他にも、一般的なフライパンよりも注意点は多く、その点を気を付けないと、一発で致命的なダメージを負ってしまうので、長く使うためには、毎回しっかり注意点を守って、自分の中に定着させねばなりません。それさえ定着すれば、自分にとって欠かせない、熱伝導もよく使いやすい定番フライパンへと変わっているかもしれません。.

少々値段のはるフライパンですが、持ちやすいハンドルや軽さが気に入っております。デザインも明るくて可愛らしいと嫁が喜んで使っております。こびりつきにくいのも特徴です。.

フッ素加工のモノはやはり長くは使えないので、色々悩んでこちらを選択しました。焦げないことは勿論ですが、つやがあって表面がとても綺麗です。重さも女性にも問題なく使えます。洗うのも冷めてから、柔らかいスポンジで簡単に綺麗になりますので、とても楽です。フライパンもステンレスから色々と使い分けをしていますが、このタイプのモノは出番が多いので、良い買い物でした。.

第一印象は、重いなぁ〜、です。フライパン自体が肉厚なので、重いのでしょう。しかし、その為ですね…熱が均一に広がるのだと思います…。玉穂焼きの卵を落とすと、さぁ〜っと広がり、心地よい使い勝手に驚きました。取っ手は天然木の無塗装です。ちょうど良い太さで、握った感じが気持ち良く、持ちやすいです。とっても、好印象❗️フライパンのコーティングは、セラミックだそうです。良く有るフッ素樹脂コーティングは、体に良く無いらしい💦(知らなかった〜)そのために、永く快適に使うには、少々、お約束があります。10ページほどの取説が付属して居ますので、良く読んだ方がいいです。まぁ、あまり気にすると、疲れるので、ダメですと書かれたお約束も少々無視していますが…。(乾燥時の空焼きのことですが…)今の所、焦げ付き等も発生して居ません。お値段も少々高いので、大事に使う気持ちがあれば、永く、快適に使えると思います。使い方次第ですよね…😃とても良いフライパンだと感心しています。文句なしに☆五つです❗️.

デザインは大変満足のいくものです。軽いというわけではありませんが、使用に支障はありません。耐久性については疑問があります。中火までの火力で日々注意深く使用しても、表面が写真のようになります。この大きな焦げ目は、少し汚れが残っている状態で予熱したときに一気につきました。変質してしまいっていて、ここには具材がこびりつきます。green panはもう一つ持っていますが同じような感じで焦げ目が付きました。また、フッ素加工よりは具材がこびりつきやすく、肉厚なので十分に予熱する必要があります。しかし、十分熱する事自体が表面加工にはあまり良くないということで、非常に繊細な取り扱いが要求されます。使い方の問題ではないと思っています。ホームセンターで購入するようなフッ素加工のフライパンでは、3年使ってもこういうふうになったことはありませんでしたので、この商品の問題かと思います。そういう商品の3倍の値段でこの耐久性では、いくらデザインが良くても満足するとは言い難いです。根本的な改善を求めたいです。.

ベスト グリーンパン(Greenpan) フライパン スモーキーブルー ウォックパン 28cm メイフラワー ウォックパン 28cm IH対応 CC001904-001 買い取り