グリーンパン(Greenpan) グリーンパン 卵焼き 用 フライパン ケンブリッジ エッグパン Cw001687-002 – 普通のノンスティックではないけど気に入った!

早めに、焦げ付きが出ました、残念 半年で廃棄?は残念でした見た目はイイノデスガネー.

使って半年も経たずに表面が死にました。使い方には気をつけていたのですがすぐこびり付くようになりました。白いから汚れが見やすいのはgoodt-falに変えます。.

すぐこびりつくようになり、使い物になりません。残念ですが廃棄しました。.

テフロンのフライパンが主流になって、中火か弱火で調理するのが普通なので、何の違和感もなく使用できますし、余熱で仕上げられるので、光熱費節約にもなります。特にソース類を作るときは、水分が飛びやすくいいです。今のところきれいに使えています。私が買った物は、裏側のメーカーのロゴが真ん中にあります。.

買って1週間で塗装が剥がれました。弱火と手洗いと木のへら使用、使ったあとは拭くようにしました。1週間目に3ヶ所剥がれが出ました。残念ですが返品しました。.

肉と野菜を入れて弱火で炒め煮できるので時々見ればいいので、温ためなおしも弱火でやれば良く家族の帰宅がまちまちなんで軽めに作って置いて各自でもって食べてます.

It was non-stick and an excellent pan at first. However, after about a month, i started noticing eggs sticking to the pan more and more. Now, i have to use lots of oil and butter to create a similar non-stick effect. I am very disappointed that this “higher-quality pan” did not perform well after a month. In general, it looks nice, and will perform well for a short time, but ultimately it lacks durability.

いがいに内側が焦げやすく、焦げがきれいに取れないので、あまり使いません。なんだろ❓内側白は、今度はやめます。.

利点と欠点

メリット

  • 文句なし!

  • 最初だけで、3ヶ月で!!( ; ロ)゚ ゚

  • 時短野菜炒め

デメリット

最初は問題なく使えてましたが、1ヶ月経つと少しずつくっつくようになりました。火力は、落として使ったり、説明書どおりに使いましたが、とうとう3ヶ月たった本日、調理中に大きな音がして底の塗装が割れてしまいました(*t^t)こんなフライパンはじめてです。私はおすすめしない商品ですね(-_-;).

素材の安全面重視で購入しました。全然、焦げ付くこともなくお肉もお魚も美味しく焼けます。贅沢を言えば、もう少し深かったら。。。というところですね。.

今まで使っていたティファールがだめになってしまったので、購入。熱伝導が高くて、弱火でもしっかりと火が通ります。見た目もかわいいので文句がありません。しいてあげるなら、やや重さがあるというところです。.

しばらくはツルツルして、目玉焼きが踊るような感じで、感激してました。が、半年経つか経たないかくらいから、食材がフライパンにくっつくようになりました。オムレツを作ろうにもひっついて作れず。肉や魚など、固形物を焼くのには問題はないのですが…。.

購入して今日初めて使用したのですが、重さがかなりありますが弱火でよく炒める事ができるのと油が少量で済むのがいいですね。.

少しのオイルを使うのが必要とのことです。エキストラバージンオイルはこのフライパンでの調理に向かないそうです(私はごま油)。お肉を焼いています、たれに漬け込んだものでもくっつきません。きれいに焼ける。急冷ngなのでゆで卵作って水道水でさます、はng。数週間使っていますが白い表面は白いままだし、フチはアルミっぽいですけどコゲがこびりついたりしません。洗っていると、あれ、と思うくらい簡単にきれいになります。見た目よくてメンテ容易。ちなみにシリコンスパチュラ、竹箸で調理するものを扱っています。金属ng なのは普通のノンスティック/テフロンでも同じはず。今まで使ったノンスティック/テフロンのフライパンみたいに短期間で劣化しなければいいなと思います。使用感は今まででベスト!.

いきなりくっついた使えない(;’Д`)いつもの取っ手が取れるティファールにしとくんだった.

とても良いです。フッ素コーティングやフッ素を使っていないモノを探していました。ステンレスフライパンは焦げ付きが心配だし、鉄製は自分には使いこなせる自信なし。そんな時にグリーンパンを見つけました。焦げ付きもほとんどなく、冷めてから水につけておけばスルンと取れます。毎日2回ほど使用して購入してから2ヶ月ほどですが、まだまだ大丈夫そうです。ただ取説にも書いてあるのですがコーティングは繊細なのかなと思います。我が家はihですが、計9段階(弱火中火強火それぞれ3段階)ある内の、中火の真ん中5のところまでしか火力はダメな感じがします。一度6まで上げたところ中心部のコーティングが洗ったときに少しツルツルさがなくなりました。それ以降5までで使用してます。また金属ヘラなどキズつけるものはダメだし、熱いまま洗うのもコーティングを痛めるそうです。でも、そういったものを気をつけていれば、フッ素加工のフライパン並みにホットケーキもキレイに焼けるし、フッ素使っていない安心感もあるし、私には十分ありがたいフライパンです。あとは、このコーティングがどれ位もつかですね。期待して☆5つで。.

今までティファールやwmfなどのフッ素加工のフライパンを色々と使ってきました。鉄のフライパン24cmやルクルーゼの小さいサイズも用途に合わせて愛用しています。wmfの28cmテフロン加工のフライパンを使用していたのですが、ウチのリンナイの銀色の五徳と相性が悪いのか、すべりやすく危険でした。ティファールは徐々にコーティングがなくなってきてくっつくように。フッ素加工は使い捨ての消耗品と考え、安いフライパンを買ってくっつくようになったら買い換えるという友人もいますが、あまりに安価なものは健康上どうなのか不安も。フッ素加工自体にその機能だけでなく体に安全なのか疑念があって新しいフライパンの購入をためらっている時にグリーンパンを知りました。魚1尾を入れられるように28cmのグリーンパンケンブリッジを購入。購入して3ヶ月ほど、毎朝目玉焼きなどに使用、夜もほぼ毎日、たまに昼にも使用しています。説明書どおりオイルは使って中火で炒め物、肉を焼いたり、ギョウザを焼いたりしています。最近は油は気にせず糖質を気にしていますのでオリーブオイルなどは細めに1、2周入れて使っています。炒め物は焦げ付きはほぼありません。ギョウザはキツネ色にしたいので、じっくりと焼いています。白いグリーンパンもキツネ色のコゲ部分が出来ますが冷めた後にお湯で洗えば取れ、又つるんとした表面ですので、コゲつくという感じではありません。先日イサキをグリルしました。魚両面に焦げ目をつけた後、蓋をしてワインで蒸すととてもいい感じでした。アクアパッツァにも活躍しそうです。 .

特徴 グリーンパン 卵焼き 用 フライパン ケンブリッジ エッグパン Cw001687-002

  • サイズ:全長35×14.7×6.7cm
  • 本体重量:約500g
  • 素材・材質:本体/アルミニウム合金 ハンドル/フェノール樹脂 表面加工(内面・外面)/セラミックコーティング
  • 生産国:中国

とても丈夫で使いやすく加工もいい感じ、少し重いと感じたので☆4です。.

中火でも、良く焼けるのでいいです。加工的にはやはり重く感じます。.

ベスト グリーンパン 卵焼き 用 フライパン ケンブリッジ エッグパン Cw001687-002 買い取り