エムテートリマツ(Mt-torimatsu) MTI IH F-PRO 鍋蓋 40cm – 錆びない頑丈な業務用鍋。電磁調理器にも最適。

箱を開け手にとって瞬間アウト、即返品。とにかくいかつい、重い、重厚感が半端ない。プロの調理場なら栄えるのだろうけど家庭ではねえ。半額ほどしか返金がなかったのは痛かった。慎重に選んだつもりでも写真とデータだけではねえ…。.

本品は錆びない業務用の鍋だけど、電磁調理器にも向きます。全ての熱源に対応し(-40~300℃)、食洗器にも対応する。側面とハンドルは、鏡面仕上げで美しく、溶接取付なので、内部に凸凹は無く清潔に保てる。内部の仕上げは、鏡面ではなく、0. 5lまでのラインが印刷されています。ホームセンターの安売鍋はsus430で0. 7㎜位が多く、軟鉄入り3層鋼の鍋も0. 8㎜位が多い。中華品は底だけアルミ芯の3層にして、厚さを稼ぐ物も多い。本品は頑丈に造られているが、安物鍋と比較すると、厚さが2~3倍になるので、重量も当然2~3倍になる。普段、安物鍋を使っている方は、驚く重量かも知れないが、舶来品やジオ等の高級品を使う方には、何ら違和感は無い筈です。(ジオ25cmに近い重量)家庭向けに使われる鍋は、安価なsus430が多く、錆びるが電磁調理器に使用出来る。業務用で使われる鍋は、高価なsus340が多く、錆びないが電磁調理器に向かない。sus443は、安価で錆びず、電磁調理器に使える。ジオの鍋では、内側sus340、芯材アルミ、外側をsus430にしている。(外側は錆びる)本品素材のsus443は、jfeが開発したjfe443ct(sus443j1)。その後生産が全く追い付かなかった10年程前の新素材です。生産国表示は一切無く、英文表示だが輸出兼用の日本製だと信じたい。jfeスチール【jfe技報no. 20より、以下抜粋】jfe443ct(c:0. 01)sus304と同等の優れた耐食性で、不純物元素の炭素や窒素を低減するとともに、安定化元素のtiを添加しているので、溶接部も優れた耐食性と機械的特性を持っている。本鋼は磁性があり、また熱伝導性が高い。このため、本鋼で製造した鍋を電磁調理器で加熱すると、短時間に加熱できて省エネルギーになる。同型のjfe443ct製鍋とsus304製鍋に水を入れて、電磁調理器で同一条件で加熱した場合、jfe443ct製の鍋では、100℃までの加熱時間が約30%も短時間されている。.

引っ越ししてガスからIHクッキングヒーターに変わったため、それまで使っていた重くて頑丈な同サイズのステンレス半寸胴鍋が使えなくなってしまいました。30年ほど前に2万数千円出して買ったのに残念(蓋を流用)。比較すると本製品は、今まで使っていたものよりも軽くて薄くて貧弱な感じがしましたし、鍋自体は綺麗な仕上がりですが、取っ手のところの溶接が雑でした。しかし、料理をしてみたところ全く問題ありませんでした。熱伝導がとってもいい感じで、火加減に対する反応がいいですし、焦げつき具合などもこれまでと特に変わりません。料理の味も、弱火で煮込んだ独特の柔らかさや旨味がきちんと出ます。難点を感じるのは取っ手の溶接の雑なところですが、まさか取れることはないでしょうし、そうすると実用上は特段の欠点なしかと思われます。価格を考えるととってもお買い得ではないでしょうか。.

Turkの24cm深型パンのフタとして22cmを購入。予想通りピッタリとジャストサイズ。取っ手も含めステンレス製なので、キャンプで上に炭を乗せてピザなんかも焼けるはず。変色してしまうでしょうが。.

利点と欠点

メリット

  • 錆びない頑丈な業務用鍋。電磁調理器にも最適。
  • Turk24cm深型のフタとして
  • ごっつい。

デメリット

特徴 MTI IH F-PRO 鍋蓋 40cm

  • 外径:416mm
  • 板厚:1.0mm
  • 材質:本体/443ステンレス(クローム21%、銅、チタン添加)、取っ手/SUS304(18-8ステンレス)
  • F-PROシリーズの鍋類の蓋に合います。

ベスト MTI IH F-PRO 鍋蓋 40cm 買い取り