ウルシヤマ金属工業(Urushiyama) ウルシヤマ フライパン 20cm 日本製 ミラージュ IH対応 10580 – よい製品です。

Ih対応の20センチフライパンを探してました。どれにしようか本当に迷いましたが、口コミをいろいろ読み、この商品に決めました。まずは、油もひかず目玉焼きを作ってみましたが、まったくくっつかずお皿にするっと流れ、気持ちいい!解凍を忘れてた冷凍肉をそのまま焼いていたら、だんだん解凍され、生姜焼きもおいしくできました。取り扱い説明書に書かれていた「強火にしない」を守れば、上手に料理が楽しめそうです。おすすめします!.

26cmと合わせて購入。調理したのもが美味しく仕上がる。洗うのも楽。.

熱伝導がいいので、調理したものがおいしい。焦げ付きもなく、すぐに洗える。.

普通です。まだ使い始めたばかりですので評価は普通ですこれから使い込んでからが評価が出てくるのでは?.

ホームセンターなどでプラチナのフライパンを購入するとほぼ1年で寿命が来ますが、これは3年持ちました。.

今までガスで「ウルシヤマ フライパン リョーガ ガス火専用」を使用していました。大体3年くらい経ったでしょうか。目に見えて分かるほどの劣化もなく、バリバリ現役で頑張っています。先日卓上ihを購入した為、そちらで利用できるフライパンを探していました。色々とレビューを参考にしつつ見て回ったものの、決め手に欠け、最終的には既に使用感の分かるウルシヤマ内で選ぶことに。食品が直接触れるということもあり…なんとなくいつもフライパンは日本製を選んでしまいます。(一時期某有名フランス製を使用していたこともありましたが)まだ使用して数週間ですが、目玉焼きを焼いても、お好み焼きを焼いても、パンケーキを焼いても、するするっとフライパンから離れます。油もごく少量でok。重さも、重くて持ち上げるのが大変なほどではなく、かといってぶつかったら飛んでいくほど軽くもなく。ihなので持ち上げっぱなしの使用ではないので、ある程度の重量感はあったほうが安心かもしれません。こちらも、5年くらいは使用できたらいいな。.

やはり日本製ですね滑りが違うし何より使いやすい安心安全が一番ですよ!.

全熱源対応、ステンレス鋼とアルミニウム合金の複合材(全面)という仕様で検討していた。外装強度、防錆性能に優れているため比較的メンテナンスフリーといえる。熱回りのやわらかさ、むらなく温度を保つのに必要な保温力の良さは鉄材の一種であるステンレスの利点が十分に活かされている。(アルミニウムは鉄に比べて熱伝導が速い、熱しやすく冷めやすい。).

利点と欠点

メリット

  • 卓上IHで使用
  • 適度な重量バランス
  • 毎日使う品だから

デメリット

自宅でセラミックと併用で使用してますが、熱伝導が高いフライパンです。.

少し高いかな?と躊躇しましたが、毎日使うものだから思い切って購入 さすが日本製、姿も美しく毎日、毎食活躍中家族も少なくなりこのサイズで事足ります.

特徴 ウルシヤマ フライパン 20cm 日本製 ミラージュ IH対応 10580

  • サイズ:7.9×40.9×21.4cm(持ち手込み)
  • 本体重量:約0.64kg
  • 本体:2層クラッド材(板厚2.6mm) 本体内面:テフロンプラチナ加工 本体外面:ミラー研磨仕上げ 持手:フェノール樹脂・66ナイロン
  • 原産国:日本

メーカーより

ミラージュシリーズの特長1

拡大表示

拡大表示

拡大表示

保温性・熱伝導性に優れた「全面2層構造」

外側は蓄熱性の高いステンレス、内側は熱伝導の良いアルミの2層構造。互いの長所を生かした構造は、熱効率が良く、素材にムラなく熱を伝える。

熟練職人の手で磨き上げたミラー加工

一つひとつ熟練した職人が仕上げていく磨きは、さすが日本製の輝き。外面は滑らかで鏡のような美しさ。

高品質の日本製

全工程機械化が進む中、ウルシヤマ金属では多くの工程で人の手が入る。また、工程ごとに全数検査を行い、大量生産では実現できない品質を誇り、人の手が造るからこその高品質は長く使っていただける。

ミラージュシリーズの特長2

拡大表示

拡大表示

お手入れ簡単なテフロン加工

内面はデュポン社のテフロンプラチナ加工が施されているので、お料理がこびりつきにくく お手入れが簡単。 少ない油で調理が可能。金属ヘラ(角が丸いタイプ)がお使いいただける。

さまざまな熱源に対応

ガス火も、IHとの相性も良い。ステンレスとアルミを合わせたクラッド材は入電効率と熱伝導性に優れているので、短時間で調理を開始でき、さらに熱ムラが無く、均一に仕上げる事ができる。

ベスト ウルシヤマ フライパン 20cm 日本製 ミラージュ IH対応 10580 買い取り