イデアインターナショナル Takumi 加湿器 チムニーiii ホワイト Tkm44-Wh 7500066 Ac100v – 加湿器というよりインテリアです

日焼けが酷く、黄色いのが残念です。機能は正常なので、我慢して使います。中古はこういうのが残念です。.

3か月ほど使用しての感想です。デザイン優先でこの商品の購入を決定しました。スリムで場所もとりませんし、見た目はなかなか良いと思います。しかし、機能面となるとちょっと…なにしろ、密閉性の強い7畳の部屋で連続運転しても、湿度50%を超えません。湿度計を2種類使用しての計測値なので間違いないと思います。(天候が雨の場合で50%、晴れだと40%くらい)それと、就寝時は作動音も少々気になります。(音量はうるさい冷蔵庫の運転音くらい)また、浄水フィルターも割と早く交換が必要になるようです。(1・2か月に一回くらい)湿度不足も騒音も、健康な時は我慢できますが、風邪などひいたらけっこうツライです。というわけで、現在買い替えを検討しています。.

見た目で購入。蒸気の加湿器では壁、床が湿っぽくなるので置き場所に困りますが、こちらは湿っぽくならないのでそれは良いかも。逆に加湿器としての機能はちょっと弱いかなと思いました。かなり近くに置かないと。観葉植物付近に置いて観葉植物にはバッチリです。.

2008年9月に購入したチムニー3です。デザイン家電として±0の加湿器と、性能・手入れのしやすさからハイブリッド加湿器とかなり迷いましたが、見た目・本体のコンパクトさ・結露防止・収納のしやすさから、チムニー3を選びました。壁や家具と合うように白を選びました。オフホワイトで清潔感があります。デザインが売りの商品ですが、確かにスタイリッシュでとてもおしゃれです。おしゃれなお店で使用している所を何度か見掛けたことがありますが、他所で見ても素敵な商品だと感心しました。vicksは、横にどーんとデカイし、材質から灯油のポリタンクを思わせ、少々安っぽい感じが否めません。そして、蓋になる部分が黒や茶ではなく青で、部屋に馴染みにくいです。チムニーは給水タンクの口がペットボトルの口みたいな感じで、蛇口から入れるならいいのですが、私はフリオンをつけたシャワーから塩素除去した水を入れたいので、水差しに一度入れてから注ぎ直すなど、ちょっと不便です。また、洗う時に、本当はボトルの中まで手を突っ込みたいのですが、全く不可能です。vicksは口ががばっと大きいので、ジャーっと入れられて便利だし、排水の時にもひっくり返して、中をスポンジで洗ったりも出来ます。ただ、口元に変なへこみがあるので、水が出きらずティッシュで拭いています。電極棒から剥がれているらしい黒いススのようなものが常に浮いており、幾ら説明書に気にする必要はないと書いてあっても、蓋を開ける度に気になります。チムニーは、それ自体は安定して自立しています。大人ばかりなら大丈夫ですが、縦長なのでお子さんがバタバタ暴れてぶつかったりすると、倒れて水が出るかもしれません。ただ、超音波式で水は熱くならないので、火傷の心配はありません。vicksも、蓋の部分がカチっと付けられる訳ではないので、蹴躓いたら外れたり水が出たりする危険性があります。ハイブリッド式で蒸気が熱いだけに、お子さんのいらっしゃる家庭では特に置き場所に注意が必要です。チムニーはその名の通り煙突のように蒸気が噴き出して、見ていて癒されます。vicksのは湯けむり蒸気のようにホワホワ薄く上がります。音はどちらかといえば、vicksの方が気にならないかもしれません(塩加減にもよるのかも)。チムニーは加熱しないだけに衛生面が気になり、水を替える度に、何となく底の部分も含め、全体を水洗いしているので、結構面倒。2・3日経つと、タオルで拭いて乾燥させています。底の部分にカルキがつくので、自己判断で水のボトルにクエン酸を混ぜたりしていますし、付属の掃除専用ブラシで剥がしたりしています。vicksは塩を入れて、水が足りなくなったら、蓋をあげて水差しから水をざばっと足すだけで済み、楽ちん。電極棒を一月に1回掃除する必要があり、これは結構手間が掛かりそうですが、勝手に1シーズンに1回でいいやと思っています(汗)。ただ、チムニーは強ですら24Wで、電気代が1日中使用しても約13円なのは、大きな利点です。(ちなみにvicksは310W掛かるらしいので、メインで使うと電気代が心配かも。)vicksは水の温度や塩の量で人為的に湯気の量を調節しなければいけませんが、チムニーは弱・中・強・お休みタイマーモードがあるので、臨機応変に対応できます。秋に使用してみて、密閉性の高いマンションの6畳リビングで、チムニーが弱のままで47→58%、46→55%等に上がりました。隣にサーキュレターが置いてあり、弱の設定です。1月に入ると帰宅時に湿度が28%になっていたりして、びっくりですが、最初から強にして、がんがん煙を出すと、比較的早く湿度が上がり、助かります。(心理的にも)強でサーキュレーターも中や強にしてかけていると、ある程度の時間が掛かりますが、50%を越します(その代わり、水が無くなるのも早い)。もっと素早く湿度が上がって欲しい時は、隣の部屋にあるvicksも一緒に使用してしまいます。サーキュレーターを使用していると、床が濡れたりしないのもメリットです。それと、お休みタイマーの水色のランプが点滅するので、寝る時にちょっと邪魔に思われる方もいらっしゃるかもしれません。最初の3分間光る程度の設定とかにすればいいのにと思います。5時間タイマーだと朝湿度が下がっているので、8時間位にしてほしいです。★★★使用時のコツがあるのですが、水のボトルを入れた後、本体を傾けて水がたっぷりと底に移るようにすると、途中で「水がない」と誤判断されてオレンジのランプが点滅するのを避けられます。傾ける際には、水がこぼれないように、電源ボタンの後側の吸気口を上にして傾けて下さい。このコツを会得するまで、たとえ満水時でもオレンジランプが点滅するので、不良品じゃないかと、何度も腹が立ちました。約2ヶ月経つとフィルターが目詰まりするのか、上記の行為をしても、フィルター交換をしない限り、オレンジのランプが点滅して、動きません。(フィルター交換日を手帳にでも書いておけば、限界か判断しやすいです。)フィルターは一個840円で、ワンシーズン3つ必要です(in東京)。アマゾンが送料無料になったので、この点は助かりますね。今年で3年目。気に入っているし、まめに手入れはしている方だと思いますが、超音波式なので、どうしても見えない菌を振りまいているのではないかという一抹の不安があります。来年辺り買い換えかな。2010年に抗菌面を考慮したハイブリットも選択出来る新型チムニーも出ていますが、水の容量が半分になってしまったので、頻繁に水を入れ替えなきゃならず面倒臭いです。ボネコの気化式加湿器も気になりますが、形の上ではチムニーの方がスリムで保管の上でも場所をとらないので、迷っています。色々欠点のある商品ですが、デザインの良さでは他の製品を圧倒していますし、煙突煙が好きです。3年使えたし、★4つ.

チムニーの加湿器、とても気に入っています。2台目を買い、さらに実家にも頼まれ、購入しました。洗練されたデザイン、スリムで場所をとらず、使いやすいです。欲を言えば、大きなサイズに、イエローやオレンジがあるといいな~.

まず浄水を使う必要があるので、浄水器を持っている事は大前提です。デザインは良いです。上から流れる感じも好きです。ただ睡眠モードの青い電気の点滅は、たぶん気になる人は気になりますし、音も寝静まるとそこそこ感じます。日中は快調に動いている時はいいのですが・・・、ただ、兎に角色々と神経質で面倒な子。我が家の3台が全て同じ性格なので、こういう製品なのだと思います。アダプターを交換したこと2回(1回目は有償、2回目はさすがに半年経っていなかったので無償にしてくれましたが)。それでなくてもランニングコストもかなり掛かります。初めのうちは良いのですが、だんだんとすねて?調子が悪くなる回数も増えます(シーズン中2〜4回あり)。そうなると、中のヌメヌメを洗ったり、ブラシで掃除。それも細い所に手を入れねばならず掃除もしにくく、部品も細かい(物覚えの悪い私は、中の部品のセットの仕方を忘れて、いつもこっちだあっちだ四苦八苦)。後ろのフィルターのホコリを取って洗い、それでも駄目な時は浄水フィルターを購入して交換しご機嫌直し。 シーズンオフに仕舞う時も又大変。全ての部品を洗って完全に干して仕舞う・・・かなり面倒。そんなこんなの繰り返しでなんとか4年は使っていますが、いい加減にこの我儘な子に疲れています。ただ結構高価な物だったのでそうそう買い替えるわけにはいかないのが辛い所。デザインが気に入ったのですが、ちょっとぶつかっては何度か倒し、水浸しになる事数回・・・。高層マンションの上階の為、勿論震災でも見事に倒れ、部屋は水浸しになりました。今でも地震の度にこの子が気になり、夜だけは周りに物を置いて倒れない様にしています。結局、お洒落だと思ったこの形もアダに??今度は機能性で選びます。.

購入した年は問題なく使えました。しかし翌シーズンに再び箱から出して、すぐに調子がおかしくなりました。数分毎に加湿が止まってしまうという、まるでオーブントースターのサーモスタットのような運転。(他の方も書いているようにオレンジ色のランプが点滅の状態です)もちろん定期的に掃除やフィルター交換はしていました。購入して1年未満だったのでメーカーに連絡したところ、同じような故障が多いのか?即新品と交換してくれました。すごい機敏な対応だな〜と感心したのも束の間・・ 届いた新品も1ヶ月以内で同じ症状になりました。(これは商品自体に問題があると思うので)再度メーカーに送っても同じことの繰り返しになりそうで面倒だったのと幸いフィルターを変えると2〜3週間は通常運転に復活したので、ストックのフィルターが無くなくなるまで使用しました。しかし、何しろ2週間おきにフィルターを変えるのが非常に不経済なので、その後はフィルターを買い足すことなく本体を処分しました。購入してから2シーズン使えませんでした。といっても、まともに使えたのは1シーズンですけど・・。最後に、肝心の加湿能力は極めて低いです。(8畳の部屋で使用して湿度に殆ど変化なし)追加で購入した小さめの加湿器とダブル使いでどうにか湿度が上がる程度です。見た目はとても良く気に入っていただけに、何とも残念な代物でした。.

これまでにもう2回修理をお願いしています。その他、蒸気が出たり出なかったり、騙し騙し使ってきました。大変壊れやすいという印象です。今回また蒸気が出なくなったので、もう他社の製品を考えています。インテリアとしてはすごく良かったんですが。.

利点と欠点

メリット

  • miyuki
  • ホワイトを頼んだのに…
  • 見た目以外は×

デメリット

デザインに惹かれて1台目を前回の冬に購入。この冬使おうとしたら、動かなくなりました。ちょうど保証期間が切れたばかりのタイミングで、修理に出せず、2台目を購入。最初は快適だったけれど、2ヵ月ほど使った後に、やたらオレンジの点滅(残量確認)状態になり、点滅時はスチームが出ません(5分程度)。今回は修理に出しますが、こんなに壊れやすいなんて・・・。デザイン家電は気をつけようと思ったきっかけになりました。.

特徴 Takumi 加湿器 チムニーiii ホワイト Tkm44-Wh 7500066 Ac100v

  • メーカー型番: TKM44-WH
  • メーカー型番: TKM44-WH
  • サイズ: W140*H110*D14cm
  • 本体重量: 1,83kg
  • 素材: 本体/ABS樹脂 タンク/耐衝撃性PS樹脂
  • 電源: AC100V 50/60Hz(付属:ACアダプターコード長さ約1,85m)
  • 消費電力: 24W(強)/20W(中)/16W(弱・おやすみモード)
  • 容量: 1.8L
  • 生産国: 中国
  • 保証期間: 1年間 機能: 弱・中・強・おやすみモードの4段切り替え運転モード *おやすみモード時は、間欠運転(5秒間運転、10秒間停止)となり、5時間運転後自動停止します。 転倒時自動運転停止機能 給水切れ時自動運転停止機能 浄水(兼殺菌)フィルター、吸気フィルター 連続加湿時間: 約7時間(強)/約10時間(中)/約18時間(弱) 加湿能力: 約250ml/h(強)/約180ml/h(中)/約100ml/h(弱) 適用床面積: プレハブ洋室:~8畳 木造和室:~5畳

ベスト Takumi 加湿器 チムニーiii ホワイト Tkm44-Wh 7500066 Ac100v レビュー