イシガキ産業 フライパン ガス火 IH 兼用 木柄 鉄 約24cm – 少し重めだけれど問題なく使える

鉄のプライパンなのでやや重めに感じます。ただ、降ったり頻繁に持ち上げたりしなければ全く気になりません。木のハンドルが非常に持ちやすい。手のひらにすっぽり収まります。日常使いに良い大きさです。チャーハンを作ってみたのですが、油がそれほどでもなくてもお米がくっつかず、気持ちよく仕上げることができました。先の尖ったものは使えませんが、木のお箸は大丈夫でした。こびりつかないので洗うのも簡単。.

シンプルな鉄制のフライパンは、使いやすく、洗いやすくて便利です。裏面に凹凸があると、油汚れでこすっても取れなくなります。このフライパンは裏が滑らかできれいですから、長く使えると思います。内面がコーティングされているので、こげつきも無いし、木製ハンドルは持ちやすくて暑くもなりません。洗った後にフック掛けできるのがいいですね。.

商品写真からあまり期待していませんでしたが、価格の割に実物は良かったです。高級感はありませんが、持ち手が木製で暗めの塗装がされており、落ち着いた感じがあります。鉄なのでアルミのものに慣れていると重たく感じると思いますが、アルミよりも冷めにくいためしっかりと時間をかけて熱したい料理にも良いと思います。.

テフロンコートのアルミのフライパンに比べて1 熱容量が大きいので余熱で調理できる。2 熱容量が大きいので加熱のムラがない。3 シリコーンコートはテフロンより剥がれにくい。という良さがあります。1と2はすぐに実感できます。3はしばらく使ってみないとわかりません。ただし通常のノンコートのフライパンと違いますので空焼きができません。.

デザインがカッコよくカフェなんかで使われそうな感じ錆びやすいのかな?と思ったら特殊加工がしてある模様滑りもよくオムレツとか作りやすい.

鉄製ですが、内面はシリコンコーティングが施されていて、油をひいて使えば焦げ付くこともなく普通に使える感じです。重量は実測で879gあり、一般的な26cmのih対応フライパンと比べると少し重めですが、極端に重いということもなく、許容範囲内に感じます。ただし、ガス火専用の軽いアルミ製フライパンに慣れている場合には、かなり重く感じると思います。取っ手は木製で、持ちやすいです。底の平らな部分の直径は17cmくらいです。品質的に気になるような点もなく、問題なく使えています。.

利点と欠点

メリット

  • 実物は良かった

  • 良いとこどり

  • 使いやすく、洗いやすくて便利

デメリット

特徴 イシガキ産業 フライパン ガス火 IH 兼用 木柄 鉄 約24cm

  • 本体サイズ:約幅43×奥24.2×高8.1cm 内約直径24.1×深さ4.3cm
  • 素材・材質:本体・・・スチール(板厚1.5mm) 取っ手・・・天然木 リベット・・・ステンレス鋼 ボトル・・・スチール
  • 生産国:中国

メーカーより

フライパン

サビにくく、焦げ付きにくい内面コーティングの鉄製フライパン

内面シリコン樹脂コーティングで、

サビにくく、焦げ付きにくい!

鉄は熱に強く、熱の保持力もあるので加熱ムラが少なく、冷めにくいので

食材の旨味を引き出します。

使いこむほどに、使いやすくなります。

サビにくく、焦げ付きにくい鉄製フライパン

フライパン

フライパン

フライパン

加熱ムラが少なく、食材の旨味を引き出す!

加熱ムラが少なく、冷めにくいので食材の旨味を引き出します。

持ちやすい木製ハンドル!

料理中に手になじみ持ちやすい木製ハンドル。

収納に便利!

フック掛け出来るアイボトル採用。

フライパン フライパン フライパン フライパン フライパン フライパン
イシガキ産業 フライパン 鉄 約20cm 4198 イシガキ産業 フライパン 鉄 約24cm 4199 イシガキ産業 フライパン 鉄 約26cm 4200 イシガキ産業 フライパン 鉄 約28cm 4201 イシガキ産業 炒め鍋 鉄 約24cm 4202 イシガキ産業 炒め鍋 鉄 約28cm 4203
本体サイズ 約幅39.5×奥20.7×高6.5cm 約幅43×奥24.2×高8.1cm 約幅44.8×奥26×高7.8cm 約幅46.5×奥28.2×高10.5cm 約幅42.2×奥24.1×高10.5cm 約幅46.4×奥28.1×高11.3cm
バリエーション 20cmフライパン 24cmフライパン 26cmフライパン 28cmフライパン 24cm炒め鍋 28cm炒め鍋

ベスト イシガキ産業 フライパン ガス火 IH 兼用 木柄 鉄 約24cm 買い取り