アサヒ 食楽工房 フライパン 25cm – 熱の伝わりが早い

以前から、銅のフライパンを使ってみたかったのですが、値段が高く手が届きませんでしたが、手ごろな値段ですので購入に踏み切りました。始めは値段が安いので、同種の製品に比べて肉厚が薄いのかとも心配しましたが、そのようなことはないです。熱の回りが早いのでホットケーキなど焦がさずに作れます。ただし鉄なべのように油がなじむというのではないので焦がさないように火加減は注意する必要があります。酸化で色が茶色に変わりますので、ホテルのレストランの厨房に並べてあるようにピカピカにしておくには常に研磨剤で磨く必要があります。ただし少しぐらい色が変わっても性能に変わりはありませんのでそのまま使っています。.

樹脂加工されているフライパンは、しばしば買い替えが必要で、資源の無駄だと思い、銅製のフライパンを探していました。食材が焦げ付いたりしないかと思いましたが、チキンの皮など樹脂加工のフライパンよりカリカリに美しく仕上がり、大満足です!焦げ付きも全くありません!!これで、以前のようにフライパンを買い替える必要はありません。多くの人が、樹脂加工をやめて、銅製品にするべきだと思います~~.

料理が好きで銅品も興味があるので購入。早速餃子を焼いてみた。中火、弱火、火加減が難しい。すぐ焦げる。餃子の皮が剥がれ、餡が出てボロボロ・・・。用途が違うのか、火加減、腕が悪いのか、かなり難しい。.

特に問題無く使用しています。ただし、メッキが荒いせいか、スポンジで洗った際に引っ掛かりがあります。コンパウドの極細で磨くとツルツルになります。.

銅はメリットです殺菌効果 o-157など熱伝導率など手入れも楽ですタワシを当てすすぎ少し火にかけ水滴をとばしおわり目玉焼きなどは油を引き卵をいれ蓋をすると簡単にできますうまく焼けない人は普段から火の通りが不均一になってます 餃子など最初から最後までヘラも箸も使わずフライパンから皿に移せます内張りは薄くなってきますがむしろそのほうが好ましいです.

利点と欠点

メリット

  • 値段は安いが肉厚が薄いということはないです。
  • 熱の伝わりが早い
  • 満足!!

デメリット

特徴 アサヒ 食楽工房 フライパン 25cm(木ヘラ付) CNE308

  • 本体サイズ:260×490×100mm、本体重量:905g
  • 本体:銅(内面メッキ)、ハンドル:真鍮・天然木、仕上げ:ミラー
  • 生産国:日本
  • 深さ:約5.5cm

ベスト アサヒ 食楽工房 フライパン 25cm(木ヘラ付) CNE308 レビュー