アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) アイリスオーヤマ フライパン 24cm ガス火/IH対応 高保温性 さびにくい ステンレス セラミック SF-24NC – IHで使用。とても良い!

肉料理をもっと美味くしたいなと思って買ってみました。最初は焦げ付いたりして大変でしたが、正しい手順に慣れてきてやっと綺麗に焼けました。.

テフロン加工に比べ長く使えると思いましたオリーブオイルとの相性がよくてすぐキレイになって重宝していますしかし、持ち手を取り付けたリベットが1ミリ程度隙間がありガタつきます水分の多い調理をしようとするとこのリベット穴から水分が漏れ出しますハズレ引いたかな(8/30追記)メーカーに修理可能か問い合わせしましたお安いし買い換えようかなと考えてましたが、買い換えても旧品は使うよなぁ・・・以前バーミキュラー鍋の使い方間違えてて、ホーローが剥がれて修理してもらったことがあるなぁと思い、購入から1年近く経過しているし有償でもいいのでリベット締め直してもらおうと問い合わせしました結果は新品交換してもらえました!今は、がたつきも水漏れもなく快適に酷使していますカスタマーさんありがとう私はオリーブオイルを中火でなじませてから食材を入れてますスキレットでも同じですが使用後はぬるま湯でスコッチのテフロンも傷がつかないナイロンスポンジで洗って油ひきで油を塗って終わりです※よくわかりませんがこげつきのレビューがなぜか目立ってますが、手入れをしないとか油を使わないとか、 火力が強すぎとかなんじゃないですかね 焦げ付くような強火で使いたい方は中華鍋とかのほうがいいのかなぁ.

Ihで使用してます。予熱して、主にオリーブオイルで調理してます。ステンレスフライパンかなり良いですね。他のサイズも購入します。.

料理がこびりついて、こびりついてまともに料理できません。商品出す前のテストちゃんとしてるのでしょうか?これは欠陥商品です、捨てました。.

少しづつ扱いになれてきました!ちょっと重い、、けど!育てがいがある感じです!ワンサイズ小さいのも欲しいかも.

フィスラーは高いし重いので、安くてihで使える軽めのステンレスフライパンを探してました。使いやすさは抜群で、料理によってテフロンパンと使い分けてます。取っ手が丸みがあるので、手が小さいと持ちにくいかも?熱くはなりません。【テフロンパンの方がいいもの】卵料理ステーキなどの肉を焼くものチャーハンなど【ステンレスパンの方がいいもの】液体があって煮込むもの(カツ煮、親子丼など )パスタソース(少しのコゲは、ワイン等でフランベすると落ちます )ステンレスパンは、臭いがつきにくいので煮込みに向きますよ。テフロンパンだと、前の料理の臭いが移る事があるので注意です。ステンレスパンだとステーキが美味しい!なんていう人がいますが、テフロンの方がよっぽど綺麗に焼けますwステンレスパンで焦げ着いた時は、ステンレスヘラで刮げ取り、紙やすりで仕上げるとツルツルに戻ります濡れたままやる時は、スチールタワシか、耐水ペーパーを使いましょう.

焦げ付いたら重曹で取りますテフロン加工の黒が料理をしていてテンションが落ちるのでステンレスにしました料理は楽しくなりました.

テフロンみたいに楽という訳でもないし、鉄のフライパン程面倒でもない、そんなフライパン。慣れるととても使いやすいです。良いトコ取りというべきだと思います。コーティングを気にせずにガシガシ気楽に使え、錆を気にしなくていいのがグッド。鉄のフライパンからの変更だと直ぐに慣れますが、テフロンからの変更だと慣れるまで時間がかかるようです。余熱をしっかり入れること、油をひくこと、急激な温度変化を伴う使い方をしないこと。これを守れば焦げ付きなど殆ど起こりません。他のレビューで鶏モモを焼いて皮がこびりついてしまったと書いている人がいますが、自分はそんなことありません。余熱か油が足りなかったか、冷たい鶏肉を載せてしまったか…ではないでしょうか。目玉焼きも綺麗に作れます。パスタも美味しく作れます。そして、かっこいい。中火で使うように説明されてますが、自分はihの1~7の火力の中で、3~6で適当に使ってます。洗うのもスポンジに洗剤付けたり金タワシで洗ったりと、適当。買って良かったなーと思える素晴らしい一品です慣れるまで色々失敗するかもしれませんが、これを買えば一生使えるんじゃないかと思います。某オシャレな取っ手が外せるメーカーを数年ごとに買い替えるよりもこれを使い続けた方が安上がりですしね。自分はこのシリーズもう1サイズ買いました。.

利点と欠点

メリット

  • 使い方に慣れれば問題無いです
  • リベットが緩い →(追記しました)
  • とても良いです。

デメリット

We wanted to give stainless steel a try without investing a lot of money, so we chose this pan. Our first time was a complete flop (and a mess), but then we read up more about cooking with stainless steel. After learning about preheating and the water drop test, we love the pan. We frequently cook a variety of things without oil, yet have little trouble with sticking. When it does stick, boiling some water in the pan usually gets it cleaned up quickly. If you want to give stainless steel a try, this is a great pan to start learning with.

持った感じはちょっと重く感じますが、逆に重量感がありしっかりとした作りで長く使えそうです。熱伝導も今まで使用していた物より早く、焦げ付きもなく非常に使いやすく満足しています。.

正しく加熱してから使うと こびりつきは全くありまん卵も餃子もチャーハンもフライパン面でスルスル滑ります!とろ火〜中火で調理できるので ガス代も節約できていいですね.

耐久性はわかりません!とにかくひっつく、焦げる!使い物になりません!.

しっかり熱してから使えばくっつかない!!!ただ、目玉焼きは……白身がくっついてしまって大変だったwww溶き卵はくっつかないのに……なんでですかね?www鶏肉を焼くとお店のように皮パリに焼けますよ( ^∀^).

レビューを見て大小2ケ購入しました。何度も挑戦しましたがことごとく、くっつき、ひどい仕上がりでうまくいった試しがありません。本当に残念です。。。。一応30年の主婦です。.

コーティングがあると僅かな傷から腐食が進んですぐに禿げてしまう。本品はステンレス製でコーティング無しなので酢を使う料理にも安心して使える。冷凍食品を凍ったまま調理すると焼き付きやすいが後で洗えばきれいに取れる。縁の形状も変にシャクリ上げていない本来のフライパンの形状なので炒め物をスムーズに皿に空ける事ができる。但し、ih 対応は私には不要なのでその分軽くならないものかと思う。.

テフロンを使っていましたがテフロンが剥がれてどうしても使い捨てになってしまうのが嫌で大切に使う道具として買おうと思ったのがきっかけです。鉄のものを探していましたがステンレスが美しいと思いました。実際使いこなすにはコツも必要ですし餃子などは購入して2ヶ月たった今も納得する焼き加減になりませんが使っていて楽しいです。たまにステンレス用のコンパウンドで磨いてきれいな状態を保てるようにしています。耐久性についてはまだ不明です。持ち手も熱くなったりしませんし軽量に秀でたものと比べたら重さはありますが、そういう部分も含めて気に入っています。値段も安かったので満足しています。.

ステンレスはとてもきれいです。重量感もあって気に入っています。(力の弱い人には不便かも)価格も納得です。ステンレスフライパンはやはり調理は難しいです。使いこなせれば良い商品だと思います。.

特徴 アイリスオーヤマ フライパン 24cm ガス火/IH対応 高保温性 さびにくい ステンレス セラミック SF-24NC

  • 商品サイズ(cm):長さ約46×幅約25.4×高さ約7.61
  • 満水容量:約1.9L
  • 材質: 本体:ステンレス鋼(クロム16%)はり底:アルミニウム合金、ステンレス鋼(クロム16%)、取手:ステンレス(クロム16%)
  • 底の厚さ:5.6mm(はり底部を含む)

メーカーより

美しさと強さを兼ね備えたステンレスフライパン

「炒める」「焼く」料理にはフライパン。外はパリッと中はジューシーな仕上がりに。

厚さと重みが生み出す保温力

保温性の高いステンレスと熱伝導性の高いアルミの3層底構造でフライパンに食材を置いても温度が保たれ料理がよりおいしく仕上がる。

耐食性があり錆びにくい

丈夫で錆びにくい※FW2ステンレスを使用。調味料などの塩水環境でも錆びにくい。

※新日鐡住金ステンレス株式会社が開発した保温性と耐食性に優れたステンレス(FW2)

サイズ

IH.ガス火対応

使い方のポイント【1】

中火以下で使用する

使い方のポイント【2】

熱したフライパンを急激に冷やさない

ステンレス 20cm セラミック IH対応 StyleChef ステンレス 24cm セラミック IH対応 StyleChef ステンレス 26cm セラミック IH対応 StyleChef ステンレス 28cm セラミック IH対応 StyleChef
サイズ 20cm 24cm 26cm 28cm

今までは、テフロンフライパンを使っており2年ほどで買い替えを繰り返しいました。先日まで使用していた、フライパンが交換時期になったので、この機会に鉄パンかステンレスフライパンに切り替えようと考え、今回の商品の購入にいたりました。一か月ほど使用しての感想ですが、一言でいうと素晴らしいと思います。料理が楽しくなりました。それでは長所と欠点を上げていきたいと思います。長所●表面加工がないので、鉄ヘラやフォークなども遠慮なく使える●表面加工はないので、多少高温になってもフライパンへのダメージがない●ステンレスなので、錆に非常に強く使用後の扱い・管理が楽●蓄熱性が高いので、鍋全体でむらなく調理できる●火力に遠慮がいらないでの、ステーキなどソテーに向いている短所●重い(約1Kg)鍋フリは現実的ではないです。っといっても、私はIHコンロで使用してるので鍋フリとは無縁ですが・・・●調理始めの際、3~4分の余熱で温める必要がある。テフロンやアルミパンでは30秒ほどで使えると思いますが、ステンレスフライパンの場合は、鍋に水を垂らしてコロコロ踊る位に温めないと食材が焦げ付いたりします。使用して気になった事は以上ですが、よくネットで書かれているステンレスフライパンの情報で間違っているな~って思った部分なんですが。●洗剤を使わずに油膜を維持するって話。 鉄パンの場合は水や湿気で錆びるので油膜を張るのは理解できますが、ステンレスなら錆に強いので使用後に水けをふいてあげるだけで十分だと思います。あと油膜を残して焦げ付き防止って意味もあるようですが、私個人の感想だと「余熱をきちんとして、薄くでもいいから油を満遍なく塗って加熱もキチンとすれば大丈夫」です。なので私は、毎回洗剤でゴシゴシ洗っています。総括今回ステンレスフライパンを購入して本当に良かったです。調理始めに余熱に時間を取られるのと、重いって以外はテフロン加工のフライパンと使い勝手が変わらないです。それなのに、扱いに気を使わなくても大丈夫ってのはとても良いと思います。.

テフロン加工してあるフライパンと同等と考えるとかなり困惑するでしょうね。炒める物をかなり選びます。youtubeにステンレスフライパンの使い方等アップしてあるのでかなり勉強してから使用したつもりでしたが…慣れるまでに結構時間かかりますね。一度熱して水が転がる様になったら一旦濡れタオル等で冷まし、その後は油をひいて中火で使用。肉類は一旦こびりつきますが、いじらず、ジッと我慢すると勝手に剥がれてきます。野菜も物を選びますね…じゃがいも等は無理だと思います。タマネギやキャベツ等は問題なし。最悪なのは炒飯類。絶対に無理ですね。見た目は良いけど用途を限定される、収納に場所をとられると考えたら、普通のテフロン加工されたフライパンを使うのが一番かと。.

初めてステンレスパンを買いました。最初は使い勝手がわからなくて焦げ付いたりしていました。きちんと予熱して、食材を乗せてからは最初はあまり触らないようにする、など、使い方を理解してきたら焦げ付かなくなりました。焦げ付いた時は、他の方のレビューにあったように重曹を振りかけてこするとピカピカに戻ります。長く使えそうなので大切に使いたいです。女性が片手で持つにはちょっと重めです。.

見た目がオシャレだし耐久性はテフロンと比べたら数段上だと思います。ただし、扱いはテフロンのように手軽ではないし重い。焼く前に一度熱して少し冷めてから焼き始めないと焦げるので、ネットで使い方を勉強した方がいいでしょう。せっかちな人には不向きと思います。.

追記高評価をつけてる人って…という口コミがありますが、とても心外だったので追記。良し悪しは別として、他のステンレスにくらべたら薄くて軽いです。テフロンとくらべると高温調理ができる分、炒める時間は少なくなります。ただ、時短かといわれると、料理に気を遣わないといけないのでその分時間がかかってしまいます。忙しい主婦の方とか、料理につきっきりになれない方、料理が好きじゃない方には向かないです。汚れはたわしではなく、余熱と重曹で剥がします。傷をつけるとくっつきやすくなりますので、スポンジで。製品の問題ではないのに星が少ないかわいそうなフライパンですが、とっても良い商品なので筆をとりました。ーーーー20センチのステンレスフライパンを某北欧家具屋で購入したところ、難しいものの美味しく焼けたので、28センチの大きいものも購入しようと思いました。当初は有名メーカーの桁が一つ多いもので考えていたのですが、もし使いこなせなかったら…と不安になり、まずは安いものでとこちらの購入に至りました。箱から取っ手が飛び出た状態で届きましたが、本体に傷はなくセーフでした。まず、とっても軽いです。手持ちの20センチよりもこちらの28センチのほうが軽い。その分鍋肌は薄いです。そして、手持ちのステンレスよりはるかに使いやすい!!余熱1分、油を敷いて1分のち食材を炒めますが、くっつきが少ない。豚バラなんかカリカリサクサクに焼けます。チャーハンもパラパラ。薄焼き卵も綺麗に焼けます。余熱し油を敷いた後、火を消し卵を入れて待機。くっつきません。某北欧家具屋のステンレスフライパンは手首が折れそうになりますが、こちらはお好み焼きを振ってひっくり返せます。評価の低い方たちは、表面加工がされたフライパンと同じ使い方をしているんだと思います。食材を入れてすぐはくっついた状態なので、慌てて触ったりするとぼろぼろになります。ある程度火が通ってから触ると、上手く返せますよ。調理後油が黄色くこびりついていたりするので、お水と重曹を入れて放置。手入れも簡単です。一つ不満点としては、取っ手が長すぎること。たまに引っ掛けます。あと五センチ短くていいなと。悩んでる方はぜひご購入下さい!物は試し!.

1年くらい使ってますが、全く悪くなりません。安いし、コスパ最強じゃないでしょうか。肉とかお好み焼きとか焼くときは絶対コレです。フライパンが違うだけで味が全然ちがいます。ステンレス使ったことない方は、購入前に使い方の知識をつけておくのは大事ですよ!.

ステンレスのフライパンは重いと、購入をためらっていたのですがなぜ早く買わなかったのか…。まだたった1度しか使用していませんが説明文通りやって全くのくっつき知らず。このレベルをこの値段で買えて、テフロン加工より長持ちするのであれば買うしかないでしょという、全くの個人的感想ですが(笑)上記のように一度の使用でこんな感想で申し訳ないですが、もし今後使い続けて感想が変わるようであれば追記します(^^).

一人ご飯20年目で腕前は上がりつつあるが、持っているフライパンをいつも買い替えていました。ちょうど使っていたもののコーティングが取れてきたので探したところihにも使えるこのフライパン!プライム注文して翌朝届き、早速調理したところとてもいいものです!これは行ける!確か海外の料理番組でシェフはいつもピカピカのステンレスフライパンでしたね。もちろん初心者の方は難しいかもしれませんがシェフになった気分、最高です。.

ステンレスフライパンなのである程度焦げるしひっつきます。動画などでステンレスフライパンの使い方をupしている方も多いのでご覧になってから購入したほうが良いと思います。良い点は使用後洗えばキレイになる事。表面加工されたフライパンと違い、タワシや洗剤でガシガシ洗えるし調理後熱いままでも洗えるので気持ちが良いです。あと、キッチンに置いた見た目もプロっぽくてかっこいい。お値段も安いし文句が無いです。ダメになったらまた買うかも。.

表面加工されたフライパンはだんだんこびりつきが発生して買い替えをしなくてはいけないため、鉄かステンレスを探しました。こちらを買いましたが、重たく、高級感のあるフライパンでした。持ち手含めて写真だと細く薄く見えますが厚みがあります。想像以上に立派なフライパンだったため、妻が届いた当日テンションアップしてました。使い方は表面加工のフライパンより気は使いますが、長く使えそうです。.

やっぱりステンレスは使いにくい。焦げ付く。でも1年以上使って段々慣れてきた。テフロンは気を使うし鉄は私は一番使いやすいがソースが黒ずむことがあるので、今ではパスタソース作るのにはこれが一番いい。.

一般的な市販されているフライパンと比較しますが、まず熱伝導率が良いという売りですが、感覚的に市販されている一般的なフライパンより明らかに悪いです。焼き上がりがかなり時間かかります。お肉だけで比べると、大きさにもよりますが鶏肉だと5分ほど差が出ます。焼き上がりの美味しさなども特に変わり映えはありません。次に問題となっている引っ付きやすさですが、確かに市販の物よりは引っ付きやすいかなと感じるくらいで、そこまで酷いとは思えません。レビューで書かれている方や写真を掲載されている方を見てみると、そもそも特別引っ付きやすい米などを炒めているので、それは当たり前かなと。油をきっちりひいて温度に注意すれば、物理的にこびりつくというのはあり得ません。ただし加工されているフライパンなどと比較すれば、当然引っ付きやすさは高いです。次に重さですが、かなり重量があります。鉄製の物より重量があるのでは。かなり厚く造られているため、かなりの重量です。清掃面では、普通のスポンジ製の物では全く汚れが落ちません。金タワシなどで磨かないと、どんどん白くくすんでいきます。かなり面倒くさいですね。なのでこのフライパンの価値としては、見た目のみですね。美味しさの性能や使い勝手はかなり低いです。なのに高評価つけてる方は全く意味がわかりません。ステマとしか思えませんね。.

他の人のレビューに、取っ手は木だったと書いてあったのですが、すべてステンレスでほっとしたのですが重すぎてとても料理できず、水を入れてみたらこれでは料理が出来ないと思い、他の方のレビューに使っていて取っ手が取れたのに交換してくれたと書いてあったので、カスタマーサービスに連絡をしたら、私のだけ外部会社からの出品だったらしく、交換は出来ないと言われてがっかり。仕方なく一人暮らしの息子にあげました。.

フライパンが思ったより軽くて、ぐっつかないので使いやすかったです.

普通のフライパンのコーティングが剥がれる感じが嫌でこれを買いました。正直使いこなすのは難しい。火加減を理解しないと焦げ付く。でも焦げ付いてもコーティングがはがれることはないから長く使えていいと思う。料理に慣れてないならどっちにしろ焦げるし、こっちのほうが良いやって思います。.

ステンレスフライパンに憧れて購入!だけど、使い方悪いのかすげーくっつく!.

長く使えるものを探していてこれを買ってみましたが、作りがしっかりしてるので気に入りました。使い勝手は他の方も書いてますが慣れが必要ですね。単に肉を焼くとか野菜を炒めるだけなら何の問題もないです。が、餃子などは未だなかなか上手くできません。ネットを探すといろいろコツが出ていますので、それらを参考にしながら試してみるのが楽しいです。絶対に失敗したくない人はテフロン加工の方がいいかもしれないですね。あと良い点は後片付けが楽ですね。少し水につけておけばスポンジで簡単に汚れが落ちます。白っぽくなった部分は説明書にあるとおりに塩と酢で綺麗に落ちます。追記少しの工夫で餃子も綺麗に焼けるようになりました。.

ガスコンロの直火で使っています。買ってから数か月使いました。家にある別のフライパンと比較すると、厚手の鉄のフライパンと似た使い勝手の印象です。しっかり熱してから油を引く、少し火を落として炒める。今までくっついたことはありません。使い終わって洗っても、ツルツルピカピカ、きれいです。鉄のように錆びないのも、気に入っています。もう一回り大きいのがあれば、欲しいです。持ち手の端に大きめの穴があって、引っ掛けておくのに、便利です.

このお値段で長く使えるのは嬉しい!私は鉄のフライパンとこのフライパン、2つを使い分けています。お肉を焼いたり、チャーハンやギョウザを作るときは鉄フライパン。パスタやソテー、汁気の多いものなどはこちらのステンレスフライパンを使用しています。ほうれん草などの野菜をゆでたりするのにもステンレスフライパンを使用しています。用途は違うかもしれませんが、もう1つ便利なこと・・・酸素系漂白剤をいれて、汚れたフキンを煮洗いしたりもしています。あとは五徳×酸素系漂白剤で10分ほど煮てその後冷めるまで放置。冷めたら軽く擦るだけで油汚れ・焦げ付きもきれいさっぱり。ついでに焦げ付いてたステンレスフライパンもピッカピカ。もうコーティングフライパンは使う気になれません。.

食材の焦げ付き、貼りつきにビビりながら、説明書通りに使ったところ、目玉焼きもホットケーキも数回微修正しただけでツルンと上手く使えるようになりました。説明書には「油を引いて中火で余熱し煙が出たら弱火にする」とありますが、それにプラスして、一旦濡れ布巾に乗せて粗熱を取る工程を挟めば、より貼りつきを回避できます。ただ、底面のみ三層で側面はステンレス一層なので、側面への貼りつき・焦げ付きが若干残ります。まあ、水に浸せばすぐに落ちる程度の汚れです。今回、使い方のコツがわかったので、次は本命である全面多層のピタクラフトかジオシリーズを検討中です。.

購入を検討されている方はステンレスフライパンの扱い方を検索し、よく理解した上で注文する法が良いでしょう。特に、テフロン加工・マーブルコート等のノンステック加工の商品とは正反対の特徴を持っているので同じ感覚で使うことは出来ません。良く調べ、適正に使用すれば失敗は有りません。(自分の無知と技術の無さから来る失敗を材質や商品に押し付けてはイケない)細目にテフロンを買い替えるよりも同じ値段で長く使えるステンレスを選び、その使用感にとても満足しています。.

ステンレス製のフライパンは初めてで、最初は焦げ付いてしまって上手く使えませんでしたが、使い方を調べて正しく使ってみたら焦げ付くことなく上手く行きました。オムレツはふわふわに作れますし、スパゲッティ等にも重宝しています。洗う時も気を使わずガシガシ洗えるので最近はこれしか使っていません。.

今までフライパンは樹脂コートの焦げ付かないフライパンで、「ダメになったら買い替える派」、だったのですが、30年ぶりに改めて、ちゃんとした鉄やステンレスのフライパンを使い続けることにしました。メインは強火で使える鉄のフライパンですが、それと比較してこのステンレスフライパンの優位性は、肉や野菜を焼いて焦げ目をつけてからソースを加えて煮物に移行する料理に適してますね。肉じゃが、鶏大根、他にもいろいろありますが、鉄のフライパンでは常に表面に油膜を作って保護しますので、古い油が浮いたりして余り煮物には使いたくないのですが、ステンレスフライパンは表面に油膜を残しませんので安心して使用できます。うちでは強火で油を使ってガンガン焼くのは鉄で、中火でじっくりはステンレスと使い分けることにしました。このフライパンは三層構造で底も厚く、取ってまで含めたデザインも美しく、コスパも最高だと思います。やや残念なのはステンレスの板厚が1. 2mmしかなく、周辺部分がやや焦げ付きやすい点です。それと使用前は取っ手とフライパンの接合部分の強度が足りずに、調理時にあおる動作をすると少したわんでましたが、使用後は加熱されて強度が増したのか気にならなくなりました。.

ベスト アイリスオーヤマ フライパン 24cm ガス火/IH対応 高保温性 さびにくい ステンレス セラミック SF-24NC レビュー