アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) アイリスオーヤマ センサーライト Led ソーラー式 Ssl-1ss ブラック – 価格相応の働きです。

コストの割にはしっかりしていて、感度の調整もやりやすいです。ライトは雨どいにつけてバルコニーに太陽電池を装着していますが、問題なく動作しています。駐車場の門のところを照らすために購入しましたが、明るさも私にはちょうど良く、気に入っています。.

早速、取り付けましたが、夜のセンサーは全く反応なし、主導によるONは転倒するので、太陽電池の充電はされているよう。アイリス製品は、時々、安かろう、悪かろうがあるので、今後は慎重に選ばなと・・・.

愛車のガレージにて活躍中です。取り付けが簡単、明るいですよ。.

屋外設置から一ヶ月で点灯せず。調査したところ、内部に水が溜まっていた。製品上部からの雨水の浸入と思われる。ベランダの下やカーポート内側への取り付けをオススメします。.

2台目の購入です。品質もいいと思います。アイリスオーヤマは有名メーカーなのでで信頼してます。.

 価格相応の働きをしてくれていると感じています。 クランプも付属しているのでフェンスなどに固定することもでき非常にとり回しがよいです。 尚、付属の充電電池では少々明るさに不安が残ったため別途eneloop(単3*4本)を購入し変更しております。 eneloopに変更した状態では、高さ2mほど場所から直径1. 2m程の範囲を照らすことができます。 水平方向だと3〜4m先まではしっかりと照らせています。 ライトが1個である以外はssl1-tsと外観上さしたる違いは見受けられず、照らす範囲、使用頻度などによって使い分けるのがベストかもしれません。 但し、ライトの設定はoff/on/autoの3択となっており照射時間の変更はできません。また半球型のセンサーの範囲の調整はセンサーにカバーをかぶせて範囲を調整するタイプとなっており、スイッチ一つで距離が変更可能になるといったタイプではありません。 また、太陽電池式であるため電力も無尽蔵とは行かず、長時間作業等の使用には向きません。 余談ですが、センサーのカバーをつけずにautoモードで玄関灯として使用していたところ通行人に反応し肝心なときには電池切れでつかないといった状況がありましたので、使用の際には必ずセンサーの範囲を調整することをお勧めします。.

利点と欠点

メリット

  • 価格相応の働きです。
  • Amazon カスタマー
  • 毎日、がんばってくれてます。

デメリット

特徴 アイリスオーヤマ センサーライト Led ソーラー式 Ssl-1ss ブラック

  • 製造国:中国
  • サイズ:本体:66×143×140mm、ソーラーパネルサイズ:85×64×133mm
  • 仕様:センサー検知エリア:水平最大約130度 センサー検知距離:正面最大約8m 光源:LED/1.0W 電源:単3形充電式 ニッケル水素乾電池×4個(付属) 点灯時間:10秒固定
  • 仕様2:検知方式:赤外線受動式 明暗センサー:フォトセンサー スイッチ:ON/OFF/AUTO 耐水性能:IP44(防沫型) 直接雨のかかる屋外での使用可能
  • 仕様3:1日平均点灯回数(点灯時間約10秒にした場合)/春夏秋:平均90回(満充電時600回)、冬:平均60回(満充電時600回)
  • 付属品:取付けネジ×4本、コンクリート用スリーブ×4本、センサー検知エリア調節カバー×2個、クランプセット×2セット、単3形充電式ニッケル水素乾電池×4個、取扱説明書、保証書(1年)

ベスト アイリスオーヤマ センサーライト Led ソーラー式 Ssl-1ss ブラック レビュー