ここ 極 SONS 鉄 フライパン モーニング 23cm COCOpan C105-002 – そのまま食卓へ!

鉄なのにさびずらく、お手入れも簡単で、鉄のフライパンの良さがそのまま感じられるお品です。鉄なのに、簡単に取っ手が外せます。そのままお皿のように食卓に出せて、あたたかいまま、お料理が頂けてしかも、とても、お洒落です。.

調理をしたフライパンをそのまま皿にして出せば、洗い物も減るなど後片付け楽ですよね、というわけで、フライパンの柄を取り外し可能にして、フライパン部分も縁を低くしてお皿のように使えるようにした、という製品です。フライパンとしての使い勝手ですが、23センチというサイズは日常使いができるサイズからすると若干小さく、一人分の目玉焼きをするにはちょうどよいサイズです。本製品は皿としての機能性を考慮したためか、パンの縁を低くしているため、食材も選ぶように思います。目玉焼き、ベーコン・ソーセージや少量の野菜を炒める程度であればよいでしょうが、例えば一人前の野菜炒めをつくるといった同じ一人前でも容量が大きな食材を扱うには適していません。また縁が低いため、同サイズの通常のフライパンに比べても調理に注意を要します。まぁ、一人前の朝食やお弁当の食材を焼く・炒めるといった目的に徹するのであれば、本製品でも十分対応できると思います。総合的にはフライパンとお皿を兼用することにどこまで価値を見出すかということになるかと思います。まぁ朝食などはなかば同じことの繰り返しのルーティンだとすると、ルーティンの中に組み込んでしまえばいいのかもしれませんが製品としては非常に質感がよく、また鉄製ということで、安物のフライパンにない高級感もあります。.

使ってませんが、良さそうな感じ。お高いのでケースがあれば喜びでした。.

まず注意してほしいのは、これは鉄の皿のみであり、持ち手は付属していません。もしこれがシリーズの初購入だった場合、他の『持ち手セット』のフライパンを用意しなければなりません。つまり最低限『フライパン』として機能させるのであれば、合計2種類は買わないといけなくなります。持ち手の単品販売はamazonでされていません(2016年10月現在)。確かにフライパンそのものは重量感のある鉄のシンプルな質感や形状が好感の持てる商品ではあります。テフロン加工なんてありません、油をケチれば即焦げ付きます。いかにもプロ仕様といった機能性に特化されたデザインは全種類揃えたくなるほど。ですがamazonは不特定多数の老若男女が利用するサービスです。フライパンとして売る以上、持ち手ぐらい当然付いていると考える方も大勢いるでしょう。決して安くないシリーズなので、販売方法にもう少し配慮がほしいと思います。そこだけは杜撰であり、減点せざるを得ない。.

鉄のフライパンですので、ずっしり重いです。取っ手がないのと、薄型なので収納はコンパクト。調理すると、しっかりと熱が食材に伝わり、ベーコンエッグはカリッととても良い仕上がりになります。考えられたサイズ感で、朝食を作るのに丁度良いです。お手入れはしっかり行う必要が有りますが、長く使っていきたい製品です。.

面白そうな商品なので何かに使えないかと模索していたところ、ぼくの大好物の瓦そばに使えることに気づきましたこれだとまさに瓦といった雰囲気なので瓦そばと非常に相性が良いです23cmというサイズ感もまた絶妙で一人前でちょうど良いし、熱々パリパリのまま頂けるし、洗い物も減るし、最高じゃないすか(‘Д`)サイコウ.

利点と欠点

メリット

  • まだ

  • 初購入の方は注意

  • 瓦そばに使えるじゃないか!!!

デメリット

特徴 極 SONS 鉄 フライパン モーニング 23cm COCOpan C105-002

  • サイズ:直径23x底面16.5x高さ2.3cm 板厚0.2cm
  • 生産国:日本
  • 素材・材質:鉄
  • 表面仕上げ:特殊熱処理(窒化鉄)
  • 満水量:0.7L
  • IH:可

メーカーより

持ち手が取り外しでき、万能で使える「極SONS COCOpan」

リバーライトとのコラボレーションで誕生した「極SONS COCOpan」。本来錆びやすい鉄のフライパンですが、特殊熱処理(窒化鉄)を施す事で、鉄のフライパンの良さはそのまま、お手入れが簡単に。持ち手の取り外しが出来るフライパンで、かさ張らず、大きさ違いで入れ子にもなるので収納も便利。これ一つあれば、アウトドアでもインドアでも、鉄フライパンの美味しい料理が作れます。

鉄の良さを実感。育てていく感覚も嬉しいフライパン

プロの料理人も使う鉄のフライパン。美味しく調理出来る秘密は、たっぷりと熱を蓄えると同時に、適切な放熱特性で高温・短時間で調理ができるから。旨みを逃すことなく、ジューシーな仕上がりにしてくれます。そして、使えば使うほどに油が馴染み、使い勝手が良くなる自分だけのフライパンに育ってくれます。

錆を気にせず使えるのは窒化鉄だから

鉄製の調理器具をご家庭でも使いやすくしたいと考え、特殊な加工処理を施しています。それが「窒化」という熱処理です。窒化は自動車部品等にも施される加工で、窒素を充填させて600℃以上に熱した窯に鉄を入れ、表面に窒素をしみこませることで、さびにくく強い鉄にします。この加工により、通常の鉄板の約5倍の強度を持ち、簡単な手入れをすればさびを気にすることのない調理器具となりました。

持ち手がないとこんなに便利

鉄のフライパンでは珍しい持ち手が外せるフライパン。調理中、コンロの上で沢山の持ち手が邪魔に感じたり、持ち手がぶつかりヒヤッとした事はありませんか?COCOpanなら必要な時だけ持ち手が付けられるので、効率も良く便利です。持ち手が無いと、魚焼きグリルやオーブンにも入れられ、熱々の料理をそのままサーブも可能。また、収納やシンクで洗う時も省スペースなのも嬉しいポイント。持ち手は2種類、L字型はフライパン、炒め、プレミア、グリル、鉄鍋に、平型はモーニングにお使いいただけます。

クック&サーブで美味しい瞬間を食卓に

プロも使う鉄のフライパンは、野菜はシャキっと、お肉も表面はこんがり香ばしく、中はふっくら焼き上げます。毎日使うフライパンだからこそ、使いやすさもこだわりたい。COCOpanは、鉄のフライパンの弱点を解決。鉄の表面を窒化してあるため、これまでの鉄のフライパンよりも錆びにくく、焦げ付きにくくなっています。そして、使い始めの難関だった「空焼き」も不要。もしも焦げ付かせても、メンテナンスはとても簡単。使ったらすぐに、タワシなどでよく洗って、しっかり乾かす。使う前は十分に油を馴染ませるだけ。持ち手が無いので、魚焼きグリルやオーブンにも入れられ、調理後そのままお皿感覚でテーブルにサーブ。収納時もかさ張らずコンパクト。ガス火はもちろん、IHにも対応しています。炒め調理はもちろん、焼く、煮る、蒸すなど万能に使えます。

大胆なアウトドア料理にもピッタリ!燻製や軽量ダッチオーブンにも

鉄の良いところの一つは、丈夫で長持ちするところ。食材を美味しく調理する約180℃の温度より更に高い温度にも耐える素材です。アウトドアでの強い火力でも使える頼もしいCOCOpan。サイズも豊富で、用途や人数に合わせて重ねて運べるのも魅力。また、持ち手が無いので、調理したフライパンをそのままお皿として使える手軽さ。アイデア次第で軽量ダッチオーブンや、燻製を作ったりとレシピも広がり、外でのお食事もいっそう楽しい時間に。

C101-006 C102-004 C103-002 C106-002 C105-002 C108-001
種類 ベーシックフライパン 炒め鍋 プレミア グリル モーニング 鉄鍋
サイズ 16・18・20・22・24・26.・28cm 20・22・24・26・28cm 24・26・28cm S・M・L 21・23・26cm 20cm
特徴 焼く、炒めるなど、オールマイティに使える。アウトドアも普段の食卓もこれ一つ。16cmから28cmまで2cm刻みに7サイズのバリエーション。一人暮らしのワンディッシュから、家族のメインディッシュまで幅広く活躍。 炒飯や野菜炒めなど、シャキッと仕上げたいものに最適。炒めものの他、鍋や燻製など料理の幅が広がる用途。 底面は3.2mmとしっかりした板厚。耐熱性と放熱性に大変優れています。ステーキ、ローストビーフなどの肉料理には底厚のプレミアが最適。 形状は「玉子焼き」ですが、魚焼きグリルやトースターにも入れられるグリルパン。忙しい朝は、卵やソーセージを乗せ、トースターに入れれば、これ一つで朝食の準備も。 アウトドアのワンディッシュから、目玉焼きやベーコンを一度に焼いてそのままお皿のように食卓に出せるフライパン。クレープやパンケーキも焼きやすい形状。COCOpan鉄鍋の蓋にして、上に炭を乗せれば軽量のダッチオーブンにも。 一人分から家族の鍋料理、焼く、炒める、煮るなど万能なお鍋。COCOpanモーニングを蓋として使えば更に用途が広がります。

ベスト 極 SONS 鉄 フライパン モーニング 23cm COCOpan C105-002 レビュー