±0 プラスマイナスゼロ ±0 加湿器Ver – ハズレ!

少し安めの中古品を購入しましたが こちらは ハズレ でした。すぐにセンサー音がして止まってばかりで今は使っていません.

+-製品はいくつか持ってますが、デザインはすべて良いと思います。こちらの加湿器はインテリアとしては良いのですが実用性を考えると他のもっと安くていい製品があります。特に水を入れる上の部分なのですが、水を入れるのはいいのですが、本体に固定する再に逆さまにします。その際に、中々装着出来ず。水滴がどんどん落ちます。接合部分に水滴が溜まると今度は乾燥するまで動かなくなります。水の残量も分りずらいですし、加湿器としての一般的な値段を考えると購入は考えた方が良いと思います。インテリアのみと考えれる方ならお勧めです。.

±0の加湿器ですね。デザインがとても気に入っています。机の近くに置いて使っていますが見た目が磁器みたいで大好きです。あの曲線も最高です。購入した理由はデザインと加湿方法がスチーム式であったこと。加湿器の種類(加湿方法)はいろいろありますので、検索してみてください。さて、他の加湿器を使ったことがないのでよくわかりませんが、性能だけで見れば同じ値段でもっといいものがあるように思います。たとえば除菌イオン付のシャープのハイブリッド加湿器などは惹かれますね。でも、やっぱり高くても機能が少なくても・・・素敵はすてき♪あばたもえくぼ、±0の加湿器は、汚れないように、傷がつかないように注意して使う必要がありますが、愛情を持って接することが出来るならとてもお勧めです。使っているときのイメージですが、ファンを使用しないので、お湯が沸く音以外しません。ストーブの上に載せたやかんから、たちのぼる湯気のような雰囲気です。スチーム式の欠点はお湯を沸かし水分を気化させるので、置き場所、置き方、使い方によっては火傷に注意が必要です。±0の加湿器は転倒しにくい形状で、その点(転倒すること)は、安心だと思います。ただ、水を沸かすので水に含まれるミネラル分が本体にこびりついてしまいます。週に1回程度は手入れ(本体を拭いたり、ボイラー部分の汚れを取ったり)する必要があります。ちょっと面倒なので、先ほどの「愛情を持って・・・」というのはこの点があるからです。造形美に一目ぼれしたなら、買うべきでしょう!持っている機能に対する品質はとてもよいと思います。今年のカラーバリエーションはどうなっているのかわかりませんが、チーム±0の仲間入り是非してください。ついつい長くかいてしまいました(笑)ヒデ.

ヒデさんのレビューにフォローver. 3からはスチームファン式になりました。加熱蒸発に加えて、ファンによって拡散させる様になっていますので、ver. 2以前に比べて格段に広い部屋に対応可能になってます。.

利点と欠点

メリット

  • ハズレ!
  • 使いづらい
  • ファン付いてます

デメリット

特徴 ±0 加湿器Ver.3 ピンク XQK-Q030(P)

  • メーカー型番: XQK-Q030(P)
  • サイズ: H155.5xW305xD305mm
  • 本体質量: 約2kg
  • 素材: 本体:ポリプロピレン、タンク部:ポリカーボネート
  • 電源: AC100V 50/60Hz
  • 消費電力: 230W(標準モード)、115W(長時間モード)
  • 容量: 2.4L(タンク容量)
  • 生産国: 中国
  • 保証期間: 1年
  • 加湿方法/スチームファン式 加湿量/約300ml/h(標準モード時)、約130ml/h(長時間モード時)

ベスト ±0 加湿器Ver.3 ピンク XQK-Q030(P) 買い取り